朝ドラ「エール」のあらすじ

2020年3月に放送を開始するNHKの朝ドラ「エール」のあらすじです。

朝ドラ「エール」のあらすじ

明治42年、福島の老舗呉服屋「喜多一(きたいち)」に待望の長男・古山裕一(窪田正孝)が誕生した。

古山裕一は呉服屋「喜多一」の跡取り息子として育てられたが、いつもボンヤリとしていて、老舗呉服屋の跡取りとしては頼りないと思われていた。

しかし、小学校で音楽を習うようになると、音楽に目覚め、作曲で才能を発揮していくのだった。

やがて、成長した古山裕一は、海外コンクールに応募すると、いきなり上位入賞を果たし、新聞でも報じられた。

歌手を目指していた関内音(二階堂ふみ)は、その新聞を見て驚き、古山裕一に手紙を送った。

こうして、2人は出会い、やがて結婚し、上京。古山裕一は作曲家として、苦労しながらも数々のヒット曲を世に送り出すのだった。

やがて、戦争が始まると、古山裕一は戦時歌謡を作曲するようになるのだが、自分が作った歌を歌いながら戦死していく若者達に心を痛めるのだった。

このため、戦争が終わると、古山裕一は音楽の力で傷ついた人々を元気付けようと思い、作曲活動を開始し、新しい時代にふさわしい、新しい音楽を作っていくのだった。

なお、朝ドラ「エール」のキャストやモデルは「朝ドラ『エール』のキャストとモデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク