まんぷく-天村食品と天村祐二(ダイアン津田篤宏)のモデル

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する食品会社の社長・天村祐二(あまむら・ゆうじ/ダイアン津田篤宏)のモデルの紹介です。

まんぷく-天村祐二(あまむら・ゆうじ)

朝ドラ「まんぷく」に登場する天村祐二(ダイアン津田篤宏)は、天村食品の社長で、粗悪なインスタントラーメンを製造していた。

立花萬平(長谷川博己)は、粗悪なインタンとラーメンを排除するため、格安で特許を開放することに決め、各業者にライセンス契約を持ちかけた。

しかし、天村祐二(ダイアン津田篤宏)は立花萬平(長谷川博己)の傘下に入るつもりはないと言い、ライセンス契約を拒否した。

天村食品と天村祐二のモデル

朝ドラ「まんぷく」に登場する天村食品と天村祐二(ダイアン津田篤宏)にモデルは存在するのですが、複数社になるので1社に特定することは出来ません。

日清食品の安藤百福(呉百福)は、特許紛争を繰り広げていた大和通商の陳栄泰と和解すると、業界を1本化するため、業界団体の設立に向けて動き出した。

しかし、即席ラーメン業者は、特許の取り扱いについて疑心暗鬼になり、地方ごとに団体を作って、安藤百福(呉百福)に抵抗し、話し合いは難航した。

このため、安藤百福(呉百福)は、業界一本化と特許問題を切り離すことを余儀なくされ、特許を管理する「日本ラーメン特許(国際特許管理)」を設立して特許問題を切り離した。

こうして、安藤百福(呉百福)は、昭和39年(1964年)6月16日に主要メーカー56社が参加する業界団体「日本ラーメン工業協会」を設立して、その理事長に就任したのだった。

このように、多くの即席ラーメン業者が安藤百福(呉百福)に抵抗したので、天村食品と天村祐二(ダイアン津田篤宏)のモデルは特定できない。

カップヌードルの実話が知りたい方は「まんぷくヌードのモデルは実話のカップヌードル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク