べっぴんさん-麻田茂男(市村正親)のモデルは元田蓮

市村正親が朝ドラ「べっぴんさん」で演じる麻田茂男(あさだ・しげお)の実在のモデルを紹介します。

べっぴんさんの麻田茂男(市村正親)

麻田茂男(市村正親)は、兵庫県神戸市にある靴店「あさや」の店主である。

麻田茂男(市村正親)は、神戸でも有数の腕の良い靴職人で、顧客からの信頼も厚く、坂東五十八(生瀬勝久)の坂東家にも出入りしていた。

麻田茂男(市村正親)は普段は温厚で人当たりの良いおじさんだが、いざ仕事になると真剣そのもので、一切の妥協を許さない。

麻田茂男(市村正親)の靴作りに取り組む姿勢は、坂東すみれ(芳根京子)の物作りに対する考え方に大きな影響を与えており、坂東すみれ(芳根京子)の物作りの師匠と言える存在となる。

また、戦後、麻田茂男(市村正親)は、坂東すみれ(芳根京子)の手芸品を認め、靴店「あさや」のショーケースを貸すことを提案し、坂東すみれ(芳根京子)が子供服店を開く切っ掛けを作った。

麻田茂男(市村正親)のモデルは元田蓮

モデルの元田蓮は、神戸・三宮センター街にある靴屋「モトヤ靴店」の店主である。

元田蓮は、腕の良い靴職人で、佐々木八十八の佐々木家にも出入りしており、坂野惇子(佐々木惇子)のためにもハイヒールを作った。

戦後、生活の苦しい坂野惇子がハイヒールを売りに来たが、そのハイヒールは元田蓮が坂野惇子のために作ったハンドメイドのハイヒールだったので、元田蓮は拒否した。

困った坂野惇子は、話題を変えるため、長女・坂野光子の写真を見せた。

すると、元田蓮は、坂野惇子が持っていた手製の写真入れや手製のカバンに感心し、このような手芸品を作って売ってはどうか、ショーケースを貸しますよ、と提案した。

これが切っ掛けで、坂野惇子は田村江つ子(榎並江つ子)田村光子と相談し、モトヤ靴店のショーケース2台を借り、ベビーショップ・モトヤ(ファミリア)を創業した。

しかし、坂野惇子らはバザーでしか物を売ったこと無い商売のド素人だったので、売り上げが全て利益だと錯覚しており、元田蓮が呆れて、商売の基本を優しく教えた。

その後、坂野惇子は夫・坂野通夫らの勧めで株式会社を設立して本格的に商売することを決め、ファミリアを設立。ファミリア設立の切っ掛けを作った元田蓮は、みんなの推薦を受け、ファミリアの初代社長を務めた。

なお、朝ドラ「べっぴんさん」の登場人物の実在のモデル一覧は「べっぴんさん-登場人物・キャスト・モデルまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク