べっぴんさん-坂東静子(三倉茉奈)の実在のモデル

NHKの朝ドラ「べっぴんさん」に登場する坂東静子(三倉茉奈)の実在のモデルについて紹介します。

べっぴんさんの坂東静子(三倉茉奈)

朝ドラ「べっぴんさん」に登場する坂東静子(三倉茉奈)は、坂東五十八(生瀬勝久)の兄・坂東長太郎(本田博太郎)の息子・坂東肇の妻である。

夫は出征中で、義母の坂東節子(山村紅葉)とともに坂東家を支える。

戦時中、坂東すみれ(芳根京子)は神戸大空襲で自宅を焼失したため、父・坂東五十八(生瀬勝久)の実家である近江の坂東家へ疎開した。

父・坂東五十八(生瀬勝久)と実家の近江・坂東家とは因縁があるが、板東すみれ(芳根京子)は、近江・坂東家の坂東長太郎(本田博太郎)に温かく迎えられる。

しかし、坂東静子(三倉茉奈)は、お嬢様育ちの板東すみれ(芳根京子)を嫉んでおり、辛く当たり、虐める。

坂東静子(三倉茉奈)の実在のモデル

坂東静子(三倉茉奈)は、朝ドラでは定番となっている主人公を虐める役所で、実在のモデルは居ません。

板東すみれ(芳根京子)のモデルとなる坂野惇子(佐々木惇子)は、神戸大空襲で自宅を失った後、岡山県勝山町に疎開していた姉・佐々木智恵子(三浦智恵子)を頼り、岡山県勝山町へと疎開しています。

なお、朝ドラ「べっぴんさん」の登場人物の実在のモデル一覧は「べっぴんさん-登場人物・キャスト・モデルまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク