べっぴんさ-坂東長太郎(本田博太郎)の実在のモデル

朝ドラ「べっぴんさん」に登場する坂東長太郎(本田博太郎)の実在のモデルについて。

べっぴんさんの坂東長太郎(本田博太郎)

朝ドラ「べっぴんさん」に登場する坂東長太郎(本田博太郎)は、近江・坂東家の長男で、坂東五十八(生瀬勝久)の兄に当たる。

坂東長太郎(本田博太郎)は父が亡き後、家業の商売を引き継いだが、商売が下手だったので上手くいかず、商売上手の坂東五十八(生瀬勝久)から得意先を譲ってもらう事になった。

坂東五十八(生瀬勝久)は実家のために得意先を兄・坂東長太郎(本田博太郎)に譲っており、兄弟間にわだかまりがある。

坂東長太郎(本田博太郎)の実在のモデル

弟・坂東五十八(生瀬勝久)のモデルとなる佐々木八十八には、異父兄・佐々木友次郎がいます。

このため、家系図(相関図)から考えると、坂東長太郎(本田博太郎)のモデルは、佐々木友次郎にあたります。

しかし、異父兄・佐々木友次郎は、佐々木八十八が佐々木営業部(レナウン)を創業する前に亡くなっており、朝ドラ「べっぴんさん」に登場する坂東長太郎(本田博太郎)のように戦時中まで生きていません。

こうした経緯から検証すると、異父兄・佐々木友次郎が坂東長太郎(本田博太郎)のモデルになっているとは言えないので、坂東長太郎(本田博太郎)は朝ドラ「べっぴんさん」の架空の人物と考えられます。

なお、朝ドラ「べっぴんさん」のキャストや実在のモデルについては「べっぴんさん-登場人物・キャスト・モデルまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク