坂野惇子(佐々木惇子)の立志伝

皇室御用達のベビー用品ブランド「アミリア」の創業者である坂野惇子(ばんのあつこ)の生涯を描く立志伝「べっぴんさん-坂野惇子」の登場人物編「坂野惇子の立志伝」です。

坂野惇子の概要

坂野惇子(佐々木惇子)の画像坂野惇子(佐々木惇子)は、佐々木営業部(レナウン)の創業者・佐々木八十八の三女に産まれ、裕福な生活を送っていたが、戦争により状況が一変。戦後、生活のために子供服ブランド「ファミリア」を創業。日本製品が粗悪品の代名詞だった時代に良質な子供服を作り続け、皇室御用達ブランドとなった。

坂野惇子の情報
生年月日大正7年(1918年)4月11日
死没平成17年(2005年)9月24日
没年齢享年88
生まれ兵庫県神戸市住吉
佐々木八十八
雲川倆子
坂野通夫
坂野光子

べっぴんさん-坂野惇子の生涯

坂野惇子(旧姓・佐々木惇子)は、大正7年(1918年)4月11日に、兵庫県神戸市住吉で佐々木八十八(ささき・やそはち)の3女(末娘)として生まれた。

「惇子」という名前は、漢詩の得意な父・佐々木八十八が「暖かい知性を大切に育んで欲しい」という願いを込め、漢詩から文字をとって名付けた。

さて、佐々木家は、近江源氏の流れを汲む鎌倉時代の武将・佐々木高綱(源頼朝の側近)を祖とする名家で、11代にわたり、商を営む豪商である。

父・佐々木八十八は、私塾で漢字や英語を学んび、輸入販売を志して、大阪の輸入雑貨店「大由」で働き、27歳の時に独立して輸入雑貨・繊維卸売業「佐々木営業部」(東証一部上場「レナウン」)を創業して成功した。

しかし、大阪は開発されて騒がしくなっており、父・佐々木八十八は騒がしい大阪に住むことは好まず、明治38年(1905年)に阪神電鉄の大阪-神戸間が開通したのを機に、魚崎(兵庫県神戸市住吉)に別荘を構えて移り住んだ。

三女の坂野惇子(佐々木惇子)は、この魚崎(兵庫県神戸市住吉)の別荘で生まれた。

父・佐々木八十八は家族に縁が薄く、父と異父兄を早くに亡くし、自身の長女・次男も早くに亡くしていたので、病気や健康については異常なまでに神経質だった。末娘の坂野惇子(佐々木惇子)はその被害を最も被った。

父・佐々木八十八の健康や病気に対する神経質さは異常で、子供らの体温を毎日、計るうえ、食べ物は自宅で調理したものしか口にしてはならず、キャラメルもアルコールで消毒してから渡されるという程であった。

また、父・佐々木八十八は自宅より北にある私立の甲南小学校へ入学させたかったが、冬は北風に向かって登校しなければならないため、冬の北風を恐れて甲南小学校へ入学させるのを断念し、坂野惇子(佐々木惇子)を自宅近くの魚崎小学校へ入学させた。

さらに、通学や遠足にも、いつも佐々木家からお伴が付き添ったうえ、風の日や雨の日は、父・佐々木八十八が心配して無理矢理、学校を休ませるほど神経質であった。

このため、魚崎小学校に通っていた坂野惇子(佐々木惇子)は、「別荘の子」と呼ばれており、これが嫌で、13歳上の姉・佐々木智恵子が選んだ服や佐々木営業部(レナウン)の派手な服を着せられるのを嫌い、無理につぎはぎをした靴下をはくと言って抵抗した。

やがて、兄が華族の娘と結婚し、義理の姉ができる。この義姉(兄嫁)は、庶民的で、坂野惇子(佐々木惇子)は兄嫁に初めてパン屋でクリームパンを買って貰い、生まれて初めてクリームパンを食べた。

両親に黙って初めて食べたクリームパンの味は格別であったという。

そして、義姉が来たおかげで、佐々木家の神経質だった食事は少し和らいだが、それでも佐々木八十八は健康には依然として神経質だった。

田村枝津子(田村江つ子)との出会い

その後、坂野惇子(佐々木惇子)は昭和6年(1931年)に甲南高等女学校(現在の甲南女子大学)へ入学し、1年生の時に田村枝津子(田村江つ子)と出会う。

田村枝津子(田村江つ子)はファミリア創業メンバーの1人であり、これ以降、2人は生涯の友となる。

坂野通夫との出会い

昭和10年(1935年)2月、甲南女学校4年生の佐々木惇子(坂野惇子)は、兵庫県の神鍋スキー場へスキーに行った。

その帰りのバス(トラック)の中で、佐々木惇子(坂野惇子)のリュックサックの紐が解けていたらしく、それに気づいた甲南高校1年生の坂野通夫が紐を結んでくれた。

これが、佐々木惇子と坂野通夫の出会いで、このリュックサックの紐が赤い糸となり、2人は交際を開始する。

その後、坂野惇子(佐々木惇子)は、甲南女学校を卒業すると、東京好きの父・佐々木八十八と、東京の子爵・三浦義次に嫁いだ姉・佐々木智恵子(三浦智恵子)に誘われて上京し、東京の三浦家に居候しながら、東京女学館高等科の聴講生となり、2年間を東京で過ごした。

一方、坂野通夫も甲南高校を卒業後は京都帝国大学へと進んだ。

坂野惇子の生涯-結婚

戦時下では、卒業・就職・結婚がワンセットになっていたので、坂野通夫は京都帝国大学の卒業を控えた昭和14年(1939年)に、佐々木惇子(坂野惇子)と正式に婚約した。

父・佐々木八十八は、徴兵までの僅かな時間に青春を過ごせるよう、2人を自由にさせてくれたので、佐々木惇子と坂野通夫は、夏は軽井沢の別荘へ行ったり、冬はスキーに行ったりして婚約期間を楽しんだ。

婚約の翌年、昭和15年(1940年)4月に坂野通夫は京都帝国大学を卒業し、大阪商船(商船三井)へ就職する。

そして、翌月の昭和15年(1940年)5月12日に坂野惇子と坂野通夫は結婚し、神戸の外国人村(兵庫県神戸市東灘区岡本)に居を構えた。

坂野通夫は甲南高校中等部時代に助膜を患って1年、留年しており、徴兵検査のレントゲン撮影で肺に影が出たため、乙種となって徴兵を免れ、ひとまず、幸せな新婚生活を開始した。

村井ミヨ子との出会い

昭和16年(1941年)ごろ、夫婦で犬を散歩させていた坂野惇子・坂野通夫が、兵庫県神戸市東灘区岡本にある洋裁学校に通っていた村井ミヨ子に「犬はいりませんか?」と声を掛ける。

ことが切っ掛けで、坂野惇子は村井ミヨ子と知り合い、以降、村井ミヨ子は生涯の友となる。

坂野光子の出産

日本は、昭和16年(1941年)12月8日に真珠湾攻撃を行い、あんたんとした時代に突入していた。

こうした暗い時代に、坂野夫婦に希望の光が差し込んだ。昭和17年(1942年)10月13日に長女・坂野光子(てるこ)が誕生したのである。

長女・坂野光子を出産した坂野惇子は、イギリス人のオーツ夫人の紹介で外国人専門のベビーナース大ヶ瀬久子に来てもらい、3ヶ月間にわたり、西洋式の育児法を学んだ。

ベビーナースは、昭和12年頃から「うつ伏せ育児法」を導入しており、大ヶ瀬久子らの西洋式育児法はかなり発達していた。

父・佐々木八十八は西洋式育児に半信半疑だったが、佐々木家の主治医が大ヶ瀬久子の育児法に感心すると、すっかりと、ベビーナース大ヶ瀬久子に平伏してしまった。

坂野通夫の出征と疎開

夫・坂野通夫は、中学時代に肺膜炎を煩っており、徴兵検査で影が出たため、乙種として徴兵を免れており、幸せな新婚生活を送っていたが、戦況の悪化を受けて召集され、昭和18年(1943年)10月に海軍の嘱託となり、インドネシアの首都・ジャカルタへと派遣された。

残された坂野惇子は戦況の悪化もあり、父・佐々木八十八が所有する軽井沢の別荘に荷物を運んで、昭和19年(1944年)に軽井沢の別荘に疎開した。

しかし、軽井沢の別荘は避暑用の簡易なサマーハウスだったため、幼い娘・坂野光子と一緒に冬を越すを不安に思い、昭和19年(1944年)10月に神戸へと戻る。

このとき、荷物制限が厳しくなっており、坂野惇子は手荷物か持って帰れず、ほとんどの荷物を軽井沢の別荘に残してきた。この残してきた荷物が戦後、貴重な財産となり、ファミリアを開業するきっかけとなる。

坂野惇子と神戸大空襲と終戦

さて、神戸に戻った坂野惇子は、終戦間近に行われた昭和20年(1945年)6月5日の神戸大空襲によって岡本の自宅を被災してしまう。

このとき、一足先に東京の姉・佐々木智恵子(三浦智恵子)が空襲で被災し、岡山県勝山町の勝山藩旧藩邸に疎開していた。

姉・佐々木智恵子が嫁いだ子爵・三浦義次は、勝山藩主・三浦基次の長男であり、岡山県勝山町は三浦家の実家であった。

そこで、坂野惇子は姉・佐々木智恵子(三浦智恵子)を頼って岡山県勝山町へと疎開し、岡山県勝山町で終戦を迎えた。

そのようななか、日本政府が極度のインフレを解消するため、「新円切換」「預金封鎖」「財産税」を実施していた。

このため、坂野惇子は、土地や株式など約50万円に財産税がかけられたうえ、三菱信託銀行に預けてある預金10万円も預金封鎖で引き出せなくなってしまう。

そこで、坂野惇子は財産税について相談するため、京都に住む父・佐々木八十八の元を訪れた。

このとき、幼馴染みの尾上清が江商(総合商社「兼松」)の衣料部長に就任する挨拶で佐々木八十八の元を訪れており、坂野惇子は尾上清から「今までとは違うのですよ。もう昔のお嬢さんではいけない。自分の手で仕事をし、自分の手で生きていく。一労働者になりなさい。働く気になったら、出ていらっしゃい。生地でも売る仕事をつくってあげましょう」と言われてしまう。

坂野惇子は尾上清の言葉に驚いたが、父・佐々木八十八も同じ意見で、働くことを進めた。

意外な言葉に困惑しながらも、坂野惇子は帰りの汽車の中で、父・佐々木八十八の元に身を寄せて働くことを決意し、幼い長女・坂野光子を抱えながら、消息の分からない夫・坂野通夫が無事に帰国することを願った。

それから間もなくして、音信不通となっていた夫・坂野通夫から「すみれの花が咲く頃、帰れそうだ」という葉書が届いた。

坂野惇子の生涯-戦後

坂野通夫を乗せた大阪商船の「すみれ丸」は、昭和21年(1946年)4月に広島県の大竹港へ帰国し、その後、神戸港へと入り、坂野惇子は芦屋にある兄・長兄・坂野信夫の家で、2年半ぶりに夫・坂野通夫と再会した。

そして、翌月の昭和21年(1946年)5月に、疎開先の岡山県勝山を引き払い、兵庫県尼崎市塚口にある兄の借家へと移り住んだ。

このころ、預金の引き出し額が1ヶ月500円に制限されていたが、500円では食料を買うのが精一杯だった。

坂野通夫は「子供の栄養が第一」として食料を優先させたので、坂野惇子は生活用品も買いそろえられず、鍋の蓋を皿にして食事をするような貧しい生活を送った。

しかし、厳しい性格の坂野通夫は「我々は乞食では無い」と言い、坂野惇子に、兄弟や親類にも支援を求めることを禁じたのであった。

そのようななか、ある日の昼時に坂野通夫の姉・貴志文子(坂野文子)が遊びに来た。

貴志文子(坂野文子)は、空襲で被災していなかったので、こんな貧しい生活をしているとは思ってもみなかったので、坂野惇子らの食事風景を見て驚き、慌てて近くの兄の家から食器を持ってきてくれた。

その後、坂野通夫の兄・坂野信夫が神戸の本宅の土蔵を整理しに来たときに、土蔵にあった高価な家具や生活用品が気前よく坂野惇子の家に運び込まれたので、坂野惇子の家は急に家具だけは高級住宅のようになった。

しかし、預金の引き出し制限の影響で、生活が苦しい状況は変わらず、坂野惇子は生活の足しにするため、洋裁の仕事を開始するが、お嬢様育ちだったため、代金を請求することが出来なかった。

近所の人は、現金を要求しない坂野惇子に気をつかってか、いつもお礼は現物だった。

ベビーショップ・モトヤの創業

昭和21年(1946年)秋、父・佐々木八十八が軽井沢の別荘を手放すことになった。坂野惇子が戦時中に一時疎開していた別荘である。

別荘には汽車の荷物制限で持ち帰れなかった荷物がそのままになっていたので、坂野惇子と坂野通夫は何とかお金を工面して、荷物を引き取りに行く。

こうした荷物の中には、坂野惇子が戦前から貯めていた外国製の生地や毛糸のほか、1度も履いていなかったハイヒールなどがあった。

別荘で手芸の材料を手に入れた坂野惇子は、親友・村井ミヨ子の頼みもあって、昭和22年(1947年)の春頃から、週1回、自宅で手芸のお稽古教室を開催するようになる。

しかし、依然として生活の苦しい坂野惇子は、身の回りの物を売って食料を買う「売り食い」を続けていた。

昭和23年(1948年)春、坂野惇子は、別荘から持ち帰った未使用のハイヒールを売却するために靴店「モトヤ靴店」を訪れ、店主・元田蓮に「他の人に売って欲しいの」と頼む。

しかし、ハイヒールを見た店主・元田蓮は「苦しいでしょうが、これだけは、お売りにならないでください」と懇願した。

店主・元田蓮は腕の良い靴職人で、戦前から惇子の実家・佐々木家に出入りしており、このハイヒールは、店主・元田蓮が坂野惇子の嫁入り道具の1つとして作った靴だのだ。

困った坂野惇子が話題を変えるために、娘・坂野光子の写真を見せたところ、坂野惇子が作った写真入れやハンドバックが店主・元田蓮の目に止った。

そして、これに感心した店主・元田蓮は「店の一角を提供するので、こういう手製のものを作って売ってはどうですか」と提案した。

思いもよらない提案に喜んだ坂野惇子は、親友の田村枝津子(田村江つ子)に相談した。

すると、田村枝津子(田村江つ子)は義理の姉(夫の姉)・田村光子に相談しようと言った。

こうして3人で話し合いが行われ、手芸店を開店する話がまとまると、それぞれの夫に相談した。

すると、坂野惇子の夫・坂野通夫も、田村枝津子(田村江つ子)の夫・田村寛次郎も、田村光子の夫・田村陽(飯田陽)も妻が仕事を持つ事に賛成し、夫同士が集まって手芸店を開店するための具体的な相談を始めた。

当初は単なる手芸店を開く予定だったが、父・佐々木八十八と夫・坂野通夫の助言により、これまでに学んだ西洋式の育児法を生かし、どこにも売っていないような特別な商品(べっぴんさん)を作るベビーショップを開くことになった。

こうして、ベビーショップ・モトヤのオープンが決まると、坂野惇子の自宅と田村光子の自宅に別れて商品作りを始めた。

やがて、商品がある程度完成すると、坂野惇子らは昭和23年(1948年)12月4日に靴店「モトヤ靴店」の店内で「ベビーショップ・モトヤ」をオープンした。ショーケース2台だけの小さな小さな店であった。

べっぴんさん-利益は毛玉2つ分

メイド・イン・ジャパンが高品質の代名詞となっていくのは昭和50年代以降のことである。戦後の国産品は粗悪品の代名詞で、衣類であれば、綿100%なら何でも売れたという時代であった。

そのような時代に、坂野惇子らが作るベビー用品は、外国製の良質な生地や毛糸を使っていたうえ、手間暇を掛けて良質な商品を作っていたので、商品は飛ぶように売れ、坂野惇子らは馬車馬の如く働いた。

ところが、ベビーショップ・モトヤの1ヶ月の利益はわずかに「毛玉2つ分」であった。

実は、坂野惇子らは、お嬢様育ちだったため、原価を知ってしまうと、原価よりも高い値段を付けることに罪悪感を抱いてしまい、高い値段が付けられなかったのである。

坂野惇子らは、バザーでしか物を売ったことのないため、その日の売り上げが全て利益だと思っていたので、馬車馬の如く働いたのに、利益がわずかに「毛玉2つ分」ということを知り、ショックを受ける。

さて、これに驚いたのが、坂野惇子らにショーケースを貸しているモトヤ靴店の店主・元田蓮であった。

この状況を知った店主・元田蓮は、坂野惇子らに商売の基本をかみ砕いて教え、坂野惇子らは商売の厳しさを知った。

一方、夫・坂野通夫らも呆れて、仕事帰りにベビーショップ・モトヤに立ち寄り、帳簿の付け方などを指導するようになる。

坂野惇子の生涯-ベビーショップ・モトヤの独立

モトヤ靴店の店主・元田蓮は、ベビーショップ・モトヤに来る上品な女性客にも靴を買って貰おうと思い、奥の作業場を1つ潰して接客室へと改装した。

ところが、坂野惇子らが「良い部屋が出来た」と言い、店主・元田蓮が作った接客室を事務所代わりに使い、接客室を占領してしまったのである。

これでは本業に支障が出る。流石に困ったモトヤ靴店の店主・元田蓮は、商店街の空き店舗で独立するように勧めたが、坂野惇子は「動くのは嫌。接待に嫌」と言い、ガンとして動かなかった。

店主・元田蓮は佐々木家に恩義を感じていたので、それ以上は何も言えなかった。

それからしばらくすると、モトヤ靴店の西側に隣接する万年筆店が空き店舗になった。

万年筆店は店主・元田蓮が所有する物件で、小さいながらも独立した店舗だったが、屋根続きで、裏口もモトヤ靴店と共有だった。

そこで、店主・元田蓮は、何とか坂野惇子を説得し、ベビーショップ・モトヤを万年筆店へと追い出すことに成功した。

こうして、坂野惇子は渋々ながら万年筆店へと移り、ベビーショップ・モトヤは昭和24年(1949年)12月に、万年筆店跡で独立店舗となったのである。

ファミリアの設立

坂野惇子らが万年筆店へ移って独立店舗となった直後、モトヤ靴店の南側に隣接するレナウン・サービス・ステーション(兵庫県神戸市生田区三宮町2丁目328番地)が撤退することが伝わってくる。

レナウン・サービス・ステーションは、佐々木営業部(レナウン)の衣類小売店である。

レナウン・サービス・ステーションは元々は大阪にあったのだが、大阪で戦後初のファッションショーを成功させ、ビルが手狭になったので、大金を投じて神戸にレナウン・サービス・ステーションを建設し、神戸へと移転してきた。

ところが、綿が配給制だったので、繊維卸の佐々木営業部(レナウン)が小売りに進出することに対し、小売店から批判が集まり、神戸のレナウン・サービス・ステーションは開店早々に撤退を余儀なくされてしまったのである。

夫・坂野通夫は、これを機にベビーショップ・モトヤを会社組織にして、レナウン・サービス・ステーションで本格的な商売をすることを、坂野惇子に勧めた。

佐々木営業部(レナウン)の社長・尾上清は、坂野惇子に働くことを進めた張本人なので、異論は無い。しかも、尾上清はファミリアに出資し、ファミリアの株主になってくれた。

レナウン・サービス・ステーションの家主は、モトヤ靴店の店主・元田蓮で、店主・元田蓮も「貴女たちなら、貸しても良い」と言ってくれた。さらに、ファミリアの初代社長を引き受けてくれた。

こうして、坂野惇子は、レナウン・サービス・ステーションの建物と店内の商品を引き継いで株式会社ファミリアを設立し、昭和25年(1950年)4月12日に、レナウン・サービス・ステーションの跡でベビーショップ・ファミリアを創業した。

既に第1次預金封鎖は解除されており、多額の預金を持っている坂野惇子は働く必要など無かったのだが、それでもファミリアの設立を決めたのは、「新しい育児法を普及させよう」という使命感と、良い服を作る喜びにも働く事の意義を見出していたからだ。

しかし、女性が衣服を作って商売するのは、貧しからだという考えがあり、商人は軽蔑され、見下される時代だったこともあり、坂野惇子も、ずいぶんと軽蔑され、長女・坂野光子にも辛い思いをさせたのだという。

ファミリアが阪急百貨店へ進出

ファミリアは設立して間もなく、阪急百貨店の社長・清水雅の目に止り、阪急百貨店から取引を申し込まれる。

阪急百貨店の宣伝次長・土岐国彦は「特別に阪急特選のマークを差し上げますので、早速にマークを付け替えて納品してください。価格も好条件で買い取りましょう」と破格の好条件をだしたが、坂野惇子は「ファミリアの名前で売らせて頂けないのなら遠慮します」と言って拒否してしまう。

仲介役を頼まれていた坂野通夫は困り果てたが、阪急百貨店の部長・鳥居正一郎が助け船を出し、「阪急ファミリアグループ」という名前を提案してくれた。

これにより、坂野通夫は、なんとか坂野惇子と田村光子に納得してもらい、ファミリアは阪急百貨店に商品を販売することが決まった。

ところが、阪急ファミリアグループのオープン直前に、坂野惇子が取引を中止すると言い出し、「どうしてもというのなら、神戸と同じように、私たちの手で売らせて欲しい」と言いだした。

坂野惇子が阪急ファミリアグループのオープン直前に、売り場を視察しにいくと、阪急百貨店は商品の入れ替え時期で、店員が作業していた。

このとき、店員が売れ残ったフェルト帽が型崩れするのも気にせず、いくつかまとめて束にして、無造作に段ボールに入れていた。

これを見た坂野惇子は、自分たちが作った商品が雑に扱われるのを懸念して、阪急百貨店に販売しないと言い出し、「どうしてもというのなら、神戸と同じように、私たちの手で売らせて欲しい」と言いだしたのである。

これを聞いた阪急百貨店の部長・鳥居正一郎は、呆れて、「それなら、委託しかないですよ」と言って、委託販売について説明した。

委託販売は現在の「ショップ・イン・ショップ」という形式で、現在は委託販売が主流になっているが、当時は委託販売で契約する問屋などおらず、委託販売を希望する問屋など、阪急百貨店からすれば異例中の異例だった。

しかし、委託販売は金銭的に条件が悪かったが、坂野惇子は自分たちが作った商品を雑に扱われるのを嫌がり、自分たちの手で商品を販売することが出来る委託販売を選んだ。

こうして、阪急百貨店に商品を販売する契約が、阪急百貨店に直営店を出店する契約へと変更になり、ファミリアは昭和26年(1951年)4月に阪急百貨店にショーケース2台の直営店「阪急ファミリアグループ」を出店したのである。

阪急百貨店の社長・清水雅に感謝する

ファミリアは商品が良いだけでなく、接客も一流だったので、ファミリアの商品は飛ぶように売れていき、直ぐにショーケース半分が空になっていた。

それを見た阪急百貨店の担当者は、ファミリアに「みっともないので、早く商品を補充するように」と命じた。

ファミリアは阪急百貨店の担当者の販売予測に基づいて生産していたので、坂野惇子は阪急百貨店の販売予想が外れた事を棚に上げ、ファミリアに商品の補充を命じる担当者に激怒し、「それならショーケースを1台お返しします」と答えた。

問屋がショーケースを奪い、ショーケースにプレミアが付いていた時代に、坂野惇子はショーケースを返すと言いだしたのだ。

これが阪急百貨店の社長・清水雅の耳に届き、翌日、坂野惇子は社長・清水雅に呼び出された。

阪急百貨店の社長・清水雅はファミリアを発掘してくれ、ファミリアを認めてくれた大恩人だが、坂野惇子は清水雅に会った事はなく、叱られて当然だと思いながら、阪急百貨店の社長室に足を踏み入れた。

しかし、清水雅は「あなた方の仕事の仕方は立派です。きっと成功しますよ。このさい、ショーケースを減らすなどと言わずに、2台から5台へ増やすように、売る工夫をしてくもらえませんか?あなた方のグループは今に阪急百貨店を代表するようになりますよ」と言って応援してくれた。

この言葉に感激した坂野惇子は、帰ってみんなに清水雅の言葉を伝えると、みんなも清水雅の言葉に感激し、一致団結して清水雅の期待に応えるべく、商品作りに力を入れた。

「ファミちゃん」と「リアちゃん」の誕生

昭和26年(1951年)ごろ、坂野惇子は喫茶店でメニューを書いていた田村泰と出会い、田村泰にファミリアのファミリアのポストカードのデザインを依頼した。

小熊が好きだった坂野惇子は、これが縁で、田村泰に小熊のデザインを依頼し、ファミリアのシンボルとなる「ファミちゃん」と「リアちゃん」が誕生した。

坂野通夫の入社

ファミリアを設立して間もなく、ファミリアの監査役・田村陽(飯田陽)と取締役・川村睦夫が相次いで辞任した。

さらに、ファミリアの利益が余りにも少ないので調べてみると、不正経理が発覚した。坂野惇子は信用していた経理に裏切られていたのである。

こうした事態を受け、ファミリアの社長を務めるモトヤ靴店の店主・元田蓮が、「皆に推されて名目上の社長になっているが、私には本業のシューズショップという仕事があるので、なにもできないのが心苦しい。このさい、実際にファミリアに打ち込める人が社長になるべきではなかろうか」と言って辞任の意向を漏らした。

このため、後任の社長について話し合いが行われる。ファミリア全体を把握する坂野惇子が社長に適任だったが、坂野惇子は専務でさえ重荷に感じていたので、「会社のトップである社長は男性であるべき」と言い、頑として拒否した。

田村寛次郎田村陽(飯田陽)は、田村家の繊維問屋「田村駒」の要職にあり、田村駒が倒産の危機にあったため、最年少の坂野通夫にファミリアの社長を懇願した。

こうして、夫・坂野通夫は田村家から懇願される形で、ファミリアの社長を引き受け、昭和27年(1952年)10月に佐々木営業部(レナウン)を退社して、株式会社ファミリアの取締役に就任した。

しかし、坂野通夫は、ファミリア全体を把握してから社長に就任するべきと考えており、直ぐには社長に就任しなかったので、ファミリはしばらく社長不在の期間が続くことになる。

ファミリアはこまれで在庫なども目分量の感覚で管理するアナログ経営だったが、夫・坂野通夫によってファミリアにレナウン商法が持ち込まれ、在庫は帳簿で管理するなど、本格的な経営が始まる。

子供ショーと日本陶器

昭和27年(1952年)3月、阪急百貨店が第1回「はんきゅう・こどもショー」を開催する。

このころ、一般人が西洋の育児品を目にする機会が無かったので、坂野通夫は、西洋の育児品を展示する事を提案した。

ファミリアは、アメリカ領事館の好意でPX(米軍向け販売店)から西洋の育児用品一式を借りる事ができ、これを「はんきゅう・こどもショー」に展示し、「はんきゅう・こどもショー」を大成功させた。

翌年の昭和28年(1953年)3月に、阪急百貨店で第3回「子供ショー」が開催されることになった。

坂野惇子と田村光子は、子供ショーに展示する教育玩具を探すため、愛知県名古屋市を訪れ、明治37年創業の日本陶器(ノリタケカンパニーリミテド)と出会う。

坂野惇子と田村光子は、日本陶器(ノリタケカンパニーリミテド)の「少しでも曲がっていれば、商品を破棄する」という方針に感銘し、デザインは後回しにして、その場で2万個を発注し、神戸へ戻った。

これに激怒したのが坂野通夫である。ファミリアの規模から考えれば2万個は桁違いの数字だったので、坂野通夫は叱り飛ばしたが、坂野惇子は、いかに子供用の食器が大事かを話した。

結局、坂野通夫は、坂野惇子の「食器は売れ残っても腐らない」という言葉に押され、渋々ながら2万個の発注を承諾する。

その後、日本陶器の食器はファミリアのロングセラー商品となり、ファミリは子供用食器の普及に貢献した。

高島屋の子供服展で東京進出

ベビーブームで生まれた子供が成長しており、全国的に子供服展が開催されるようになっていた。

そこで、昭和29年(1954年)、高島屋はファミリアに、東京高島屋で子供服展を開催して欲しいと、要請する。

ファミリア創業者メンバー田村光子の夫・田村陽(飯田陽)は、高島屋を創業した飯田新七の五男で、高島屋の社長・飯田慶三と親戚関係にあった。

高島屋の社長・飯田慶三は、ファミリアに子供服展の開催を要請するとともに、親戚・田村陽(飯田陽)経由でも子供服展開催を要請したうえ、ファミリアの製造部門「岡本研究所」を見学するほど、熱を入れていた。

ファミリアは阪急百貨店のおかげで成長したため、坂野通夫は高島屋からの要請を断ろうと考えていたが、阪急百貨店の社長・清水雅が暖かい言葉で応援してくれたので、東京高島屋で子供服展を開催することにした。

急な話でほとんど準備期間は無かったが、ファミリアは昭和29年(1954年)4月に東京・高島屋東京支店で子供服展を開催して子供服展を成功させ、東京進出を果たす。

高島屋はファミリアに出店契約を申し込んだが、高島屋の社員は商品を乱暴に扱っていたので、坂野惇子は自分たちの商品が乱暴に扱われることを懸念し、高島屋の申し出を断り、わずかに売れ残った商品も全て持って帰った。

伊勢丹の山中鏆と子供服展

その後、伊勢丹の山中鏆がファミリアに子供服展の開催を要請する。

坂野惇子は、高島屋の子供服展の準備期間が短かったことを悔やんでいたので、十分な準備期間を条件に伊勢丹で子供服展の開催を引き受けた。

伊勢丹は坂野惇子に計画書を送ったが、坂野惇子は伊勢丹の計画書に納得せず、レポート用紙40枚ほどの計画書を送り返し、伊勢丹を驚かせた。

坂野惇子は専門的に販売を学んだ事は無いが、お客様のことを常に考えていたので、自然とアメリカ式の販売理論を身につけていたのだ。

こうして、ファミリアは昭和29年(1954年)10月に伊勢丹東京本店で子供服展を開催し、子供服展を成功させる。

一方、坂野惇子の計画書に驚いた伊勢丹の山中鏆は、ファミリアから学ぶことは多いと考え、部下の鈴木祥三をファミリアに付け、ファミリアのレポートを提出させた。

この時にファミリアから学んだことが、伊勢丹の販売テキストの基礎となり、伊勢丹は「ファッションの伊勢丹」と呼ばれるほど成長することになる。

阪急百貨店の東京進出

米軍に接収されていた東芝の数寄屋橋ビル(銀座のマツダビル)は、昭和31年(1956年)5月にGHQの接収が解除されることになった。

東芝の社長・石橋秦三は、銀座の一等地を会社の事務所に使っては銀座の発展にならないと考え、阪急百貨店の社長・清水雅に銀座進出を要請した。

これを受けて阪急百貨店は東芝の数寄屋橋ビル(マツダビル)に数寄屋橋阪急を出店することになるが、東芝の事情もあり、地下3階から地上1階までしか借りられなかった。

地上1階だけでは「百貨店」は出来ない。そこで、清水雅は地上1階をベビー用品専門の百貨店にすることを決め、ファミリアに出店を要請した。

ファミリアの東京出店

昭和31年(1956年)7月の経済白書は、結末で「もはや戦後ではない」と結び、日本は名実ともに新たな時代を迎えた。

この2ヶ月前の昭和31年(1956年)5月、取締役に留まっていた坂野通夫がファミリアの社長に就任する。

その直後、ファミリアは、阪急百貨店の社長・清水雅から、数寄屋橋阪急への出店を要請される。1階フロアの大半をファミリア任せたいということだった。

光栄な話であったが、ファミリアは生産が追いついていなかったので、1階の大半という話は丁重に断り、東側の1角を受け持ち、昭和31年(1956年)5月29日、数寄屋橋阪急に東京店を出店した。

しかし、客足は悪かった。坂野惇子は、東京高島屋と伊勢丹で開催した子供服展が大盛況だっただけにショックを受けた。

夫・坂野通夫は、落ち込む坂野惇子を「前回2回の催し物がよかったと言っても、あれは催し物で、今回はダイレクトメールも出していないし、常設の売り場なのだから、お客様は急いで来てくださらなくて当たり前だよ。良い商品であれば、お母さんはきっと選んでくださるよ」と言って励ました。

やがて、坂野通夫の言葉通り、次第次第にファミリア東京店の売り上げは伸びていき、東京でもファミリアは成功していった。

ファミリアが皇室御用達ブランドに

昭和34年(1959年)4月10日に民間人の正田美智子(美智子皇后)が皇太子明仁親王(平成の今上天皇)と結婚し、結婚パレードがテレビで放送される。これが切っ掛けで、高価だったテレビが普及し始める。

そして、昭和34年(1959年)8月、皇后・美智子さま(平成の今上天皇の皇后)が第1子・浩宮徳仁親王をご懐妊した。

ご懐妊を受けて、百貨店各社は出産用品を納品することになり、高島屋はファミリアの商品を納品した。

これが切っ掛けで、ファミリアは高島屋経由で皇室から注文を賜わっていたが、やがて、ファミリアが直接、皇室から注文を賜わるようになり、皇室御用達ブラントとなった。

ファミリアのスヌーピーのぬいぐるみ秘話

昭和35年(昭和35年)、明治屋を経由してベビー用品を輸入していた坂野通夫が、8万ドルの外貨割当を取得する事に成功し、ファミリアは直輸入を開始する。

昭和37年(1962年)4月、大阪で国際見本市が開催され、ファミリアも国際見本市に出展した。

このとき、国際見本市に出展するために来日していたハッチャー婦人と知り合い、仲良くなった。このとき、子供の居ないハッチャー婦人が惇子の長女・坂野光子をいたく気に入た。

これが縁で、長女・坂野光子昭和38年(1963年)5月、アメリカ・ボストンにあるハッチャー夫婦の自宅にホームステイし、アメリカ留学をした。

昭和39年(昭和39年)、長女・坂野光子がアメリカ留学から帰国。長女・坂野光子は留学中に、アメリカが流行していた漫画「ピーナッツ」に登場するスヌーピーのファンになっており、帰国後、スヌーピーを刺繍したテーブルクロスなどを自作する。

坂野惇子・坂野通夫は長女・坂野光子の影響でスヌーピーに興味を持ち、販売権などを申請し、昭和45年(1970年)からスヌーピーのぬいぐるみを販売。昭和48年には年間11万個を越える人気商品となる。

ファミリアの拡充

ファミリアは各百貨店の要請に応じてファミリア・コーナーを設置するようになっていた。ファミリア・コーナーの成績は良く、百貨店からの注文は増すばかりだった。

しかし、ファミリアは良質な商品を手間暇掛けて生産していたため、常に商品不足という状態であり、ファミリア・コーナーの納期を先延ばしするので苦労していた、

そのようななか、松方真が日本の既成婦人服にアメリカ式の「5号・7号・9号…」というサイズ展開を導入し、昭和38年に既製服サイズの統一規格を制定して、日本の既製服業界に革命をもたらした。

この翌年、坂野惇子は、東京のホテルで偶然、松方真とと会う。話をしていると、松方真はレナウンを辞めて暇が出来たということだったので、ファミリアも見て欲しいと頼んだ。

こうして、ファミリアは昭和39年(1964年)に松方真を招き、松方真はファミリアにアメリカ式の生産方法を導入しようとしたが、アメリカ式の生産方法はファミリアの生産方法と相反する部分があり、ファミリアの生産部門の責任者・田村光子が「画一的で潤いの無い商品になってしまう」と言い、アメリカ式を良しとしなかった。

こうして、松方真は、当初1ヶ月の予定だったが、ファミリアの生産部門の責任者・田村光子の要請により、1年間在籍し、ファミリアの良さを生かしつつ量産化する生産ラインの開発した。

その結果、服は1年間、着られれば良いというニーズに応えた「プロパーゾーン部門」と、標準的な「オリジナル部門」が誕生した。

こうして、量産化に成功したファミリアは昭和41年から、各百貨店に出展していたファミリアコーナーを直営店に切替えていき、業績を拡大していくのであった。

しかし、依然として従来の生産方法を望む声も強く、昭和46年に「ブテック部門」を設置し、優秀な縫い手15人を置いて、昔ながらファミリア製法を復活させた。

また、ファミリアは昭和46年に神戸の三菱信託銀行ビル7階を借りて本社を移転し、昭和49年(1974年)11月には三菱信託銀行ビル8階の全フロアを借り増して、ファミリアの生産部門「岡本研究所」の主要メンバーを呼び寄せ、企画・生産管理の一元体制を整えた。

さらに、昭和52年11月に旧・三菱銀行神戸支店を借り受けた。旧・三菱銀行神戸支店は後に「ファミリアホール」なった。

華麗なる一族・岡崎財閥の岡崎晴彦

坂野惇子・坂野通夫の長女・坂野光子が、昭和42年(1967年)3月4日、「華麗なる一族」と呼ばれる岡崎財閥の岡崎晴彦と結婚する。

岡崎晴彦は神戸銀行の頭取・岡崎忠の長男で、アメリカのアーモスト大学を卒業後、三和銀行を経て、父・岡崎忠が会長を務める東京計器制作所で働いており、昭和46年(1971年)に提携しているアメリカのスペリーランド社が岡崎晴彦の出向を要請してきた。

しかし、岡崎晴彦は子供が生まれて間もなかったため、父・岡崎忠が、幼い子供を連れてアメリカへ渡ることに難色を示した。

すると、岡崎晴彦はスペリーランド社の出向を断るのであれば、これを機に東京計器制作所を辞めて、興味を持っていたファミリアで働くことを希望したのである。

坂野惇子・坂野通夫は身内を入社させない方針を公言していたので、岡崎晴彦の考えを冗談だと思い、相手にしなかったが、岡崎晴彦は阪急百貨店の社長・清水雅とレナウンの社長・尾上清に根回しをしていた。

坂野通夫は、恩師にあたる清水雅と尾上清から「有能な人材を身内だからという理由で入社させないのは背任行為だ」と言われてしまい、昭和46年(1971年)7月に岡崎晴彦を入社させた。

また、2ヶ月前の昭和46年(1971年)5月に、ダイハツ工業で働いていた田村友彦(田村光子の次男)が、母・田村光子の説得を受け、ファミリアに入社している。

エリザベス女王から握手を賜わる

坂野通夫はイギリス大使館の招聘でイギリスを訪れ、ファミリアはイギリスの子供服の輸入を開始しており、三越でも輸入した商品を販売していた。

このため、昭和44年(1969年)9月、三越本店が「英国フェア」が開催すると、ファミリアは三越の要請を受けて英国フェアに輸入した商品を展示した。

このとき、マーガレット女王が来日しており、三越のファミリア出展コーナーと、数寄屋橋阪急のファミリア東京店を訪れ、坂野惇子は両店でマーガレット女王から握手を賜わった。

さらに、昭和50年(1976年)5月にエリザベス女王が来日したさい、坂野惇子・坂野通夫はエリザベス女王から握手を賜わり、ありがたい言葉を頂いた。

銀座ファミリアの設立

昭和51年(1976年)、銀座6丁目にあるジョセフ・マグニン・ジャパン銀座店が、新宿本店と統合するため、銀座店を閉鎖することになった。

ジョセフ・マグニン・ジャパンから店舗統合の相談を受けていたレナウンの理事長・尾上清は、ファミリアの坂野惇子に、閉鎖する銀座店への出店を持ちかけた。

断るために上京した坂野惇子が現場を観て「婦人服を売るには広すぎるけれど、子供用品の百貨店ならちょうど良い広さ」と言うと、尾上清は坂野惇子のアイデアを絶賛し、再三にわたり、熱心に出店を勧めた。

しかし、坂野惇子は尾上清の誘いを断ろうと思った。

実は、坂野惇子も、かつては銀座への出店を狙っていたが、ベビー用品は単価が低いため、地価の高騰から採算が取れないと判断し、銀座への出店を断念していた。

それに、坂野惇子は、このとき、59歳になっており、そろそろ、第2の人生について考え始めていたのである。

しかし、阪急百貨店の会長・清水雅から「尾上清が悪い話を持って来るはないのだから、もう一度、よく考えてみたらどうだろう。貴女たちなら、きっと成功すると思うよ」という助言を受け、坂野惇子は尾上清と話し合うことにした。

この話し合いにって、株式会社・銀座ファミリアという別会社を設立する事が決定。取締役店長に娘婿の岡崎晴彦を抜擢し、岡崎晴彦をサポートする形で、坂野惇子が代表取締役、坂野通夫が監査役、尾上清が相談役、下岡祥浩が取締役に就任した。

こうして、昭和51年(昭和51年)9月23日に、子供用品の百貨店「銀座ファミリア」がオープンしたのである。

キリスト教の洗礼と坂野通夫の死去

ファミリアは銀座に進出に次いで、昭和54年(1979年)にハワイのホノルルに現地法人「ファミリアUSA」を設立し、世界進出を果たす。

昭和60年(1985年)3月、創立35周年を節目に社長の坂野通夫が会長へと退き、長女・坂野光子の夫・岡崎晴彦がファミリアの社長に就任する。

平成4年(1992年)4月15日、坂野惇子が心筋梗塞で兵庫医科大学病院へ入院。すると、夫・坂野通夫も、相次いで兄弟が他界していたことから不安になり、兵庫医科大学病院に検査入院する。

坂野惇子は一時、危篤状態であったが、奇跡的に回復したため、神の奇跡に感謝してキリスト教の洗礼を受けた。

(注釈:坂野惇子は、細川ガラシャ・高山右近・黒田勘兵衛らと同じカトリックです。)

すると、坂野通夫も神の奇跡に感謝して、自主的にキリスト教の洗礼を受けた。

坂野惇子は次第に回復し、平成4年(1992年)5月12日に52回目の結婚記念日を祝った。

そして、元気を取り戻した坂野惇子は、5月21日に許可を得て外出し、夫・坂野通夫と共にドライブやゴルフを楽しみ、夜はステーキを食べて有意義な1日を楽しんだ。

とろが、坂野通夫は無理を為ていたのか、翌日の5月22日、坂野通夫は自室で休み、初めて坂野惇子の病室に顔を出さなかった。

そして、翌日の5月23日に夫・坂野通夫が腸閉塞を起こし、その後は一進一退という状況が続き、平成4年(1992年)6月2日午後5時52分に急性呼吸不全により死去した。

坂野惇子の生涯-最終回

坂野惇子は平成4年(1992年)に坂野通夫の後を継いで代表取締役会長に就任するが、長引く不況、子供の減少、低価衣類の普及、子供服チェーン西松屋の東証1部上場など、ファミリアは多難の時代を迎えた。

さらに、平成7年1月17日には阪神大震災に見舞われたうえ、平成7年10月26日に創業メンバー田村光子が死去してしまう。

平成10年、坂野惇子は夫を亡くしたショックは大きく、弱気になっていた面もあり、80歳になったのを機に名誉会長に就任し、ファミリアを次世代に託し、第一線を退いた。

そして、平成17年(2005年)9月24日、坂野惇子は神戸市中央区の病院で死去する。死因は心不全で、享年88だった。奇しくも、父・佐々木八十八の名前と同じ年に死去した。

葬儀はミサで9月27日午前11時から兵庫県西宮市霞町のカトリック夙川教会で行われた。喪主は孫の坂野雅(まさし)が務めた。

坂野惇子は、赤ちゃんに優しい肌着やおむつを考案。また、TシャツにキャラクターをプリントしてTシャツをアウターとすることを考案したほか、子供用食器の普及させた。

坂野惇子は、ファミリアを創業以来、赤ちゃんやママの為を思い、良質なベビー用品を作り続けたほか、近代的な西洋式の育児法の普及や啓発活動にも尽力し、日本の育児に大きく貢献した。

華麗なる一族-ファミリアは永遠に・・・

坂野惇子・坂野通夫の子供は、長女・坂野光子だけで、長女・坂野光子の夫・岡崎晴彦が昭和60年(1985年)3月にファミリアの社長に就任した。

坂野光子(岡崎光子)と岡崎晴彦の間に3人の子供が生まれており、岡崎晴彦の死後、長男・岡崎忠彦が平成23年(2011年)4月にファミリアの社長に就任した。

坂野惇子・坂野通夫の夫婦、子供が長女・坂野光子だけだったので、坂野姓を継ぐ者が居なかったが、どうしても坂野姓を残したいと考えていた。

すると、坂野光子(岡崎光子)の次男・岡崎雅が、願いを聞き入れてくれ、平成3年に養子となって坂野姓を引き継いでくれた。

なお、坂野惇子の関係者について、「べっぴんさん-坂野惇子の立志伝-関係者のまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク