わろてんか-団真(北村有起哉)の実在のモデル

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する落語家・団真(だんしん)の実在のモデルを紹介します。

わろてんか-団真(北村有起哉)のあらすじとネタバレ

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する落語家・団真(北村有起哉)は、落語家井の風雲児と呼ばれる月の井団吾(波岡一喜)の兄弟子である。

団真(北村有起哉)は、先代「月の井団吾」の一番弟子で、弟弟子「月の井団吾(波岡一喜)」とも兄弟のように仲が良かった。

しかし、師匠である先代「月の井団吾」は、一番弟子の団真(北村有起哉)ではなく、弟弟子の「月の井団吾(波岡一喜)」を後継者に選んだ事から、団真(北村有起哉)は自信を喪失する。

団真(北村有起哉)は、先代「月の井団吾」の娘・お夕(中村ゆり)に手を出して禁断の恋に落ちており、これを切っ掛けに、お夕(中村ゆり)と駆け落ちしたため、師匠「月の井団吾」から破門された。

その後、団真(北村有起哉)は、弟弟子「月の井団吾(波岡一喜)」の名前をかたり、地方巡業をしていたが、芸人のストライキにより、出演芸人に困っていた「風鳥亭」の藤岡てん(葵わかな)に頼まれ、「風鳥亭」に出演して落語を語る。

しかし、団真(北村有起哉)は、「月の井団吾(波岡一喜)」を語って付け払いにして、食い逃げをしていたため、客から「偽団吾」と馬鹿にされ、落語の途中で高座を降りてしまう。

そして、自分の芸に苦悩する団真(北村有起哉)は、「団吾(波岡一喜)の所へでも行け」と言い、妻・お夕(中村ゆり)を追い出してしまう。

家を追い出された妻・お夕(中村ゆり)は、月の井団吾(波岡一喜)の別宅に住まわせて貰っていたが、夫・団真(北村有起哉)の芸は一流だと言い張り、夫・団真(北村有起哉)の再起を心から願っていた。

それを知った藤岡てん(葵わかな)は、奔走し、団真(北村有起哉)を再び「風鳥亭」に出演させることに。

そこで、団真(北村有起哉)は、先代「月の井団吾」の十八番だった落語「崇徳院」を見事に語り、自信を取り戻すのであった。

落語家・団真(北村有起哉)の実在のモデル

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する落語家・団真(北村有起哉)は、おそらく、「わろてんか」のオリジナルキャラクターです。

弟弟子「月の井団吾(波岡一喜)」のモデルが、初代・桂春団治(皮田藤吉)なので、初代・桂春団治の関係者にも、吉本興業の関係する落語家にも、団真(北村有起哉)に該当するような落語家は居ないませんでした。

ちなみに、ある芸人が徴兵されて戦地へいくことになったので、師匠に妻のことを頼んでおいたら、師匠に妻を寝取られたという実話が残っています。

なお、朝ドラ「わろてんか」の登場人物のモデル一覧は「わろてんか-登場人物の実在モデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク