ファミリアの立志伝

坂野惇子(佐々木惇子)が創業した皇室御用達の子供服ブランド「ファミリア」の立志伝です。

ファミリアの概要

子供服ブランド「ファミリア」は、坂野惇子(佐々木惇子)田村江つ子(田村枝津子)田村光子村井ミヨ子(中井ミヨ子)の4人が創業した子供服メーカーである。

ファミリアは、戦後の粗悪品が横行していた時代から良質なベビー用品を作り続け、阪急百貨店などに影響を与えたほか、西洋式の育児の普及にも努め、やがて、皇室御用達ブランドとなった。

ファミリアの歴史

ファミリア
昭和23年(1948年)12月モトヤ靴店のショーケース2台を借りて「ベビーショップ・モトヤ」として創業する。
昭和24年(1949年)12月モトヤ靴店の西隣の万年筆店跡へと移り、ベビーショップ・モトヤが独立店舗となる。
昭和25年(1950年)4月株式会社ファミリアを設立にともない、ベビーショップ・モトヤは解散。元田蓮がファミリアの社長に就任/td>
昭和26年(1951年)4月大阪の阪急百貨店に直営店「阪急ファミリアグループ」を開設
昭和27年(1952年)3月坂野通夫が取締役に就任
昭和30年(1955年)4月ファミリアが創立5周年記念行事を行う
昭和31年(1956年)5月坂野通夫が社長に就任。東京数寄屋橋阪急にファミリア直営店を出店し、東京進出を果たす。
昭和34年(1959年)9月皇后・美智子さまのご懐妊にさいし、お仕度を仰せつかる
昭和35年(1960年)4月ファミリアの創立10周年記念行事を行う
昭和37年(1962年)4月大阪で開催された国際見本市に出品する
昭和38年(1963年)8月ベビーグローと業務提携
昭和40年(1965年)4月ファミリア設立15周年行事を行う。皇后・美智子さまの第二子ご懐妊にさいし、お仕度を仰せつかる。
昭和41年(1966年)3月三笠宮妃殿下・甯子内親王・容子内親王・憲仁親王殿下がファミリアの製造部門「岡本研究所」を見学
昭和43年(1968年)7月皇后・美智子さまの第3子をご懐妊にさいし、お仕度を仰せつかる
昭和44年(1969年)1月関連会社「日本ベビーグロー株式会社」を設立する
昭和44年(1969年)8月常陸宮妃殿下・秩父宮妃殿下・三笠宮妃殿下が数寄屋橋阪急のファミリアへ立ち寄る
昭和44年(1969年)9月三越本店の「英国フェア」に出店。マーガレット王女殿下が来日し、三越と数寄屋橋阪急のファミリアを訪問する。直輸入「英国子供服ショー」を赤坂プリンスホテルで開催する。
昭和45年(1970年)4月スヌーピー商品の販売を開始
昭和45年(1970年)5月大阪と東京で創立20周年記念パーティーを開催する。日本万国博「世界のこども服ショー」に参加
昭和46年(1971年)4月本社業務を三菱信託銀行ビル内へ移転
昭和46年(1971年)7月岡崎晴彦がファミリアに入社。関連会社「日本ベビーグロー」の取締役に就任。
昭和48年(1973年)2月ファミリア友の会の関西地区発足
昭和48年(1973年)12月関連会社「株式会社ファミリア・ソーイング」を設立
昭和49年(1974年)2月ファミリア友の会を全直営店で実施
昭和50年(1975年)4月ファミリアの創立25周年
昭和50年(1975年)5月エリザベス女王が来日。イギリス子供用品の輸入貢献会社として坂野通夫・坂野惇子・岡崎晴彦・岡崎光子(坂野光子)がエリザベス女王から握手を賜わる。
昭和50年(1975年)6月ファミリアに労働組合が結成される
昭和51年(1976年)6月関連会社「銀座ファミリア」を設立する。ピーターラビットのライセンス契約を結び商品化を開始。
昭和51年(1976年)9月銀座ファミリアをオープン
昭和52年(1977年)10月ハワイのカピオラニ通りにパピヨン店をオ-プン
昭和54年(1979年)4月紀宮様が銀座ファミリアを訪問。三笠宮両殿下がファミリアの本社を視察
昭和54年(1979年)7月ベルギーのデュジャルダン社と業務提携
昭和54年(1979年)9月別会社「株式会社・横浜ファミリア」を設立
昭和54年(1979年)12月横浜ファミリアをオープン
昭和55年(1980年)4月設立30周年を迎える
昭和60年(1985年)2月(株)銀座ファミリアと(株)横浜ファミリアを統合し、(株)銀座ファミリアとする
昭和60年(1985年)4月設立35周年記念行事を行う
昭和60年(1985年)10月ファミリア他数社との共同出資で株式会社マークスを設立
昭和61年(1986年)3月ファミリアインターナショナルを設立
昭和62年(1987年)11月香港にファミリア・インターナショナル・ファッションCo.ltdを設立。アメリカのサンフランシスコにサンフランシスコ店をオープン。
平成2年(1990年)3月神戸市須磨区に西神商品センターが完成
平成4年(1992年)6月坂野通夫が死去
平成6年(1994年)1月新本社ビルが完成
平成6年(1994年)3月中国広東省に中国工場を設立
平成7年(1995年)4月新東京支社ビルが完成
平成7年(1995年)7月ファミリア多目的ホール「ファミリアホール」が完成
平成7年(1995年)10月創業メンバーで名誉顧問の田村光子が死去
平成8年(1996年)9月「SPOT」(コロちゃん)の独占販売権を取得
平成10年(1998年)3月坂野惇子がファミリアの名誉顧問に就任
平成11年(1999年)2月(株)ファミリアが(株)銀座ファミリアを吸収合併する
平成12年(2000年)4月創立50周年記念事業を行う
平成20年(2008年)1月岡崎晴彦が死去
平成22年(2010年)4月創立60周年
平成23年(2011年)4月岡崎忠彦が社長に就任する
平成27年(2015年)4月創立65周年。ファミリアの保育園「familiar PRESCHOOL」を開園

なお、ファミリアの関係者や個別エピソードなどについは「べっぴんさんのモデル・坂野惇子の立志伝」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク