わろてんか-藤岡しず(鈴木保奈美)の実在のモデル

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する藤岡しず(鈴木保奈美)の実在のモデルについて紹介します。

藤岡しず(鈴木保奈美)のあらすじとネタバレ

藤岡しず(鈴木保奈美)は、藤岡てん(葵わかな)の母親で、おっとりとした性格ながらも、料理は得意で、薬問屋「藤岡屋」の御寮さんとして、台所を取り仕切っている。

薬問屋「藤岡屋」は藤岡しず(鈴木保奈美)の家系で、夫・藤岡儀兵衛(遠藤憲一)は入り婿なので、何かと肩身の狭い思いをするが、藤岡しず(鈴木保奈美)はそんな夫・藤岡儀兵衛(遠藤憲一)を優しく気づかう優しい妻である。

藤岡しず(鈴木保奈美)の実在のモデル

藤岡しず(鈴木保奈美)の実在のモデルは、吉本せい(林せい)の母「林ちよ」である。

吉本せい(林せい)の父・林豊次郎は、吉本せい(林せい)のことを溺愛し、吉本せい(林せい)が小学校を卒業すると、奉公に出さすに、ずっと家業の米穀商を手伝わせた。

しかし、母「林ちよ」は大阪船場の風習を重んじて、父・林豊次郎に反対し、吉本せい(林せい)を行儀見習いとして奉公へ出した。

普通は、親戚や知り合いの紹介で奉公先を決めるのだが、吉本せい(林せい)は自分で奉公先を見つけてきて、両親に事後承諾させる形で奉公に出ている。

その後、吉本せい(林せい)が奉公が開けて戻ってくると、父・林豊次郎は吉本せい(林せい)に米の販売を任せた。

すると、吉本せい(林せい)は奉公先から盗んできた商法を活かして、売上げを右肩上がりので伸ばしたので、父・林豊次郎は大いに喜んで、吉本せい(林せい)に婿養子を取って林の米屋を継がせようと考えた。

そのようななか、林家に老舗の荒物問屋「箸吉」から縁談が舞い込んできた。

荒物問屋「箸吉」の跡取り息子・吉本泰三(吉本吉兵衛)の嫁に、吉本せい(林せい)を欲しいと言うのである。

父・林豊次郎は吉本せい(林せい)に婿養子を取って林の米屋を継がせようと考えていたので、この縁談を断ろうとしたが、母「林ちよ」が父・林豊次郎に反対して、荒物問屋「箸吉」の縁談を受けた。

そして、両家の親同士の話し合いにより、吉本せい(林せい)と吉本泰三(吉本吉兵衛)の結婚がまとまったのである。

母「林ちよ」は、2人を結婚させた重要な人物なのだが、あまり詳しいエピソードは残っていないので、朝ドラ「わろてんか」に登場する藤岡しず(鈴木保奈美)は、オリジナルキャラクターと言っても善いレベルだと考えられる。

なお、朝ドラ「わろてんか」の登場人物のモデル一覧については、「わろてんか-登場人物の実在モデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク