わろてんか-岩さん(岡大介)の実在のモデル

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する長屋芸人・岩さん(がんさん)のあらすじと実在のモデルのネタバレです。

わろてんか-岩さん(岡大介)のあらすじとネタバレ

岩さん(岡大介)は、キース(大野拓朗)アサリ(前野朋哉)万丈目吉蔵(藤井隆)らと同じ芸人長屋に住む売れない芸人の1人で、固いクルミをも素手で割る怪力芸人である。

実家の米問屋「北村屋」を倒産させた北村藤吉(松坂桃李)が、寄席「風鳥亭」の経営を始めるというので、岩さん(岡大介)はキース(大野拓朗)ら長屋芸人とともに、寄席の開業準備を手伝い、寄席「風鳥亭」に出演するようになる。

しかし、北村藤吉(松坂桃李)は寄席「風鳥亭」の経営が軌道に乗ってくると、2件目の寄席を購入する手付け金にすると言って、長屋芸人に支払う給料を使い込んだり、巨額の契約金を払っててでも、一流の落語家・月の井団吾(波岡一喜)と専属契約を結ぼうとした。

これに怒ったキース(大野拓朗)ら長屋芸人は賃上げを求めて団体交渉を興したが、北村藤吉(松坂桃李)が相手にしなかったので、長屋芸人はストライキを起こした。

ところが、岩さん(岡大介)は、初孫が生まれても祝ってやる金もないため、スト破りをして、藤岡てん(葵わかな)に仕事をさせて欲しいと頼んだのである。

これが、キース(大野拓朗)ら長屋芸人に知られてしまい、岩さん(岡大介)は芸人仲間から裏切り者扱いされ、つるし上げられてしまう。

それを見た北村藤吉(松坂桃李)が激怒し、ストライキを起こしたキース(大野拓朗)ら長屋芸人を「何が裏切り者や。月の井団吾(波岡一喜)に負けられんという気持ちで芸を磨け」と
叱責した。

これによって、キース(大野拓朗)ら長屋芸人は目を覚まし、岩さん(岡大介)と仲直りをして、芸の特訓を開始し、それぞれが新しい芸を取得すると、ストライキの終了を宣言して寄席「風鳥亭」に戻ったのであった。

岩さん(岡大介)の実在のモデル

岩さん(岡大介)ら長屋芸人が起こしたストライキにはモデルがあり、史実でも芸人がストライキを興しています。

ストライキのモデルについては「わろてんか-キースの団体交渉とストライキの実話のネタバレ」で紹介しています。

さて、ここでは岩さん(岡大介)の実在のモデルとなった芸人を紹介する予定だったのですが、現在までのエピソードから、実在のモデルを特定でいなかったので、岩さん(岡大介)は朝ドラ「わろてんか」のオリジナルキャラクターだと考えられます。

なお、その他の登場人物のモデルについては、「わろてんか-登場人物の実在モデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク