浜田公子の立志伝

浜田公子(はまだ・きみこ)は昭和18年(1943年)に兵庫県神戸市で、観世流能楽師シテ方だった父の長女として生まれた。

浜田公子は小学校から大好きな絵を学び、高校卒業後に田中千代服装学院に入学し、翌年の昭和37年(1962年)に亀高文子の洋画教室「赤艸社(せきそうしゃ)女子絵画研究所」に入門した。

昭和43年(1968年)に関西国展へ出展し、昭和44年(1969年)に国展に入選して以降、毎年、入選の常連となる。

父親が急逝して困っていた所に、赤艸社女子絵画研究所の先輩で、子供服ブランド「ファミリア」の創業メンバーである田村枝津子(田村江つ子)にデザインの仕事を紹介してもらい、(1971年)からファミリアでデザインの仕事に携わる。

昭和53年(1978年)に初の個展を開催。平成3年(1991年)からは隔年に個展を開き、関西方面で活躍し、平成15年(2003年)度に「亀高文子記念―赤艸社賞」に選ばれる。国画会の会員、神戸芸術文化会議会員など。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク