わろてんか-秦野リリコ(広瀬アリス)の実在のモデル

吉本興行の創業者・吉本せい(林せい)をモデルにしたNHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する秦野リリコ(はたの・りりこ)と実在のモデルの紹介です。

わろてんか-秦野リリコのあらすじとネタバレ

秦野リリコ(広瀬アリス)は、小さい頃から旅回り一座に居り、家業を継ぐのが嫌で逃げ出して旅回り一座に転がり込んできた老舗米問屋「北村屋」の長男・北村藤吉(松坂桃李)と出会う。

秦野リリコ(広瀬アリス)は、北村藤吉(松坂桃李)を兄として慕うように成り、やがて北村藤吉(松坂桃李)に恋するようになる。

しかし、恋のライバルとして藤岡てん(葵わかな)が現れる。北村藤吉(松坂桃李)は藤岡てん(葵わかな)と結婚するというのだ。

秦野リリコ(広瀬アリス)は乙女心に火が付いたら止められず、北村藤吉(松坂桃李)と藤岡てん(葵わかな)の仲を引き裂くために暗躍するが、北村藤吉(松坂桃李)は藤岡てん(葵わかな)と結婚してしまうのだった。

その後、秦野リリコ(広瀬アリス)は東京へ行き、東京で女義太夫のスター(アイドル)となるが、全てを捨てて大阪に舞い戻る。

そして、伊能栞(高橋一生)に頼まれて、秦野リリコ(広瀬アリス)は女優として活動写真(映画)に出演するのだった。

しかし、秦野リリコ(広瀬アリス)は、北村藤吉(松坂桃李)から「いつか高座に戻ってこい」と言われていたこともあり、北村藤吉(松坂桃李)の死後、その約束を果たすために女優を引退して漫才師となることを決めた。

すると、伊能栞(高橋一生)は秦野リリコ(広瀬アリス)に、漫才の相方として川上四郎(松尾諭)を紹介した。

川上四郎(松尾諭)は、無声映画で伴奏をしていたが、無声映画からトーキ映画(有声映画)に切り替わったため、失業していた。

しかし、川上四郎(松尾諭)は顔が不細工だったので、秦野リリコ(広瀬アリス)がコンビを拒否すると、川上四郎(松尾諭)も怒ってコンビを拒否した。

しかし、藤岡てん(葵わかな)は2人にコンビを組ませたいというので、亀井庄助(内場勝則)が「北村藤吉(松坂桃李)が泣いてるぞ」と言って、秦野リリコ(広瀬アリス)にコンビを承諾させた。川上四郎(松尾諭)も契約金を積まれて渋々、コンビを承諾した。

こうして、2人は「ミスリリコ・アンドシロー」を結成するが、川上四郎(松尾諭)は滑舌が悪いうえに、棒読みで漫才が全く面白く、新聞で酷評されてしまう。

悩んだ藤岡てん(葵わかな)が「しゃべらない漫才」を思いつき、「しゃべらない漫才」をさせると、「ミスリリコ・アンドシロー」の漫才は受けるようになり、次第に人気になっていくのだった。

こうした紆余曲折のなかで、秦野リリコ(広瀬アリス)と川上四郎(松尾諭)は、お互いに惹かれ合うようになっており、交際を開始する。

ところが、秦野リリコ(広瀬アリス)は、川上四郎(松尾諭)が女性と密会しているところを目撃し、不倫疑惑が浮上する。

秦野リリコ(広瀬アリス)は激怒したが、話を聞いてみると、その女性は伴奏時代の仲間で、川上四郎(松尾諭)は上海の楽団に誘われたのだという。

秦野リリコ(広瀬アリス)は「私捨てて上海に行く気?」と泣くと、川上四郎(松尾諭)は誘いを断ったと言い、音楽家への未練を断ち切るため、楽譜を焼いた。

しかし、川上四郎(松尾諭)の本心を知った秦野リリコ(広瀬アリス)は、芸人の夢よりも、女としての幸せを選ぶと言い、川上四郎(松尾諭)に上海へ行くことを勧め、漫才師を辞めて川上四郎(松尾諭)と一緒に上海へと渡ったのだった。

その後、時局の影響で、上海の楽団が解散したため、秦野リリコ(広瀬アリス)は上海の食堂で働いていた。

そこへ、武井風太(濱田岳)が演芸慰問団「わろてんか隊」を率いてやってくる。

秦野リリコ(広瀬アリス)は上海で武井風太(濱田岳)と再会すると、漫才コンビ「ミスリリコ・アンドシロー」を復活させ、演芸慰問団「わろてんか隊」に加わるのだった。

秦野リリコ(広瀬アリス)の実在のモデル

秦野リリコ(広瀬アリス)のモデルは、漫才のミスワカナです。

ミスワカナは、安来節から漫才に転向した漫才師で、吉本興業の林正之助に招かれて吉本興業に所属するのですが、もの凄く自由奔放な性格で、2度も吉本興業を飛び出して、林正之助を激怒させます。

しかし、戻ってくる度に漫才が良くなっており、林正之助に招かれて、3度も吉本興業に所属します。

そして、ミスワカナは戦地慰問「わらわし隊」に参加してブレイク。その美貌でアイドルとしての人気を集める一方で、「泣ける漫才」で観客の涙を誘い、全盛期の「エンタツ・アチャコ」を越える人気を得て、吉本興業のトップスターへと駆け上がりました。

これを快く思わないのが、横山エンタツです。野心家の横山エンタツは、自分の方がギャラの取り分が多くなるように、人気絶頂期の「エンタツ・アチャコ」を解散させて、杉浦エノスケとコンビを組んでいました。

このようななか、演劇界の「松竹」が演芸界に進出するため、松竹系の「新興キネマ」に演芸部を作り、水面下で、吉本興業の漫才師を引き抜きにかかります。

そこで、横山エンタツは、自分も花菱アチャコと一緒に松竹の新興キネマに移るつもりだと言い、ミスワカナに新興キネマへの移籍を勧めました。

こうして、ミスワカナは3度の出奔で吉本興業を飛び出し、松竹の新興キネマ演芸部へと移籍したのですが、横山エンタツは初めから移籍する気など無く、目障りなミスワカナを吉本興業から追い出すことに成功したのです。

さて、松竹は吉本興業から漫才師数組を引き抜いて演芸界に進出したのですが、吉本興業に迎撃されて松竹の新興キネマ演芸部は消滅してしまいます。

ミスワカナは吉本興業に戻りたいと言ったのですが、流石に林正之助も「いっぺん、出て行った者が戻るのは、他の芸人に都合が悪い」と言い、吉本興業に戻ることを認めませんでした。

しかし、松竹を迎撃した吉本興業も、吉本興業も第二次世界大戦の大阪大空襲で全てを失い、戦後は演芸を捨てて、キャバレーと映画館の経営で戦後の復興を果たしていきます。

一方、ミスワカナは戦後も漫才師として活動を続けるのですが、昭和21年(1946年)10月14日に阪急西宮北口駅のホームで心臓発作を起こして死去してしまいます。死因はヒロポン中毒とも言われてします。享年36でした。

なお、愛と悲しみの漫才師と呼ばれるミスワカナの生涯を詳しく知りたい方は「ミスワカナ・玉松一郎の立志伝」をご覧ください。

また、朝ドラ「わろてんか」の登場人物のモデル一覧は「わろてんか-登場人物の実在モデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク