わろてんか-秦野リリコ(広瀬アリス)の実在のモデル

吉本興行の創業者・吉本せい(林せい)をモデルにしたNHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する秦野リリコ(はたの・りりこ)と実在のモデルの紹介です。

わろてんか-秦野リリコのあらすじとネタバレ

秦野リリコ(広瀬アリス)は、小さい頃から旅回り一座に居り、家業を継ぐのが嫌で逃げ出して旅回り一座に転がり込んできた老舗米問屋「北村屋」の長男・北村藤吉(松坂桃李)と出会う。

秦野リリコ(広瀬アリス)は、北村藤吉(松坂桃李)を兄として慕うように成り、やがて北村藤吉(松坂桃李)に恋するようになる。

しかし、恋のライバルとして藤岡てん(葵わかな)が現れる。北村藤吉(松坂桃李)は藤岡てん(葵わかな)と結婚するというのだ。

秦野リリコ(広瀬アリス)は乙女心に火が付いたら止められず、北村藤吉(松坂桃李)と藤岡てん(葵わかな)の仲を引き裂くために暗躍する。

しかし、秦野リリコ(広瀬アリス)は、ある事情を抱えており、東京へ行き、東京で女義太夫のスター(アイドル)となる。

ところが、秦野リリコ(広瀬アリス)は全てを捨てて大阪へと舞い戻り、再び北村藤吉(松坂桃李)の前に現れるのであった。

このとき、北村藤吉(松坂桃李)は寄席「風鳥亭」の経営を開始していたが、寄席に出演させる芸人に困っており、アイドルなって大阪に戻ってきた秦野リリコ(広瀬アリス)に出演を依頼しようと思うのだが…。

その後、伊能栞(高橋一生)が伊能活動写真を設立して活動写真(無声映画)を制作するようになっており、秦野リリコ(広瀬アリス)は伊能栞(高橋一生)から頼まれて活動写真に主演することになる。

しかし、伊能栞(高橋一生)は秦野リリコ(広瀬アリス)のワガママに翻弄されるのであった。

秦野リリコ(広瀬アリス)の実在のモデル

秦野リリコ(広瀬アリス)のモデルは、漫才のミスワカナです。

ミスワカナは、安来節から漫才に転向した漫才師で、吉本興業の林正之助に招かれて吉本興業に所属するのですが、もの凄く自由奔放な性格で、2度も吉本興業を飛び出して、林正之助を激怒させます。

しかし、戻ってくる度に漫才が良くなっており、林正之助に招かれて、3度も吉本興業に所属します。

そして、ミスワカナは戦地慰問「わらわし隊」に参加してブレイク。その美貌でアイドルとしての人気を集める一方で、「泣ける漫才」で観客の涙を誘い、全盛期の「エンタツ・アチャコ」を越える人気を得て、吉本興業のトップスターへと駆け上がりました。

これを快く思わないのが、横山エンタツです。野心家の横山エンタツは、自分の方がギャラの取り分が多くなるように、人気絶頂期の「エンタツ・アチャコ」を解散させて、杉浦エノスケとコンビを組んでいました。

このようななか、演劇界の「松竹」が演芸界に進出するため、松竹系の「新興キネマ」に演芸部を作り、水面下で、吉本興業の漫才師を引き抜きにかかります。

そこで、横山エンタツは、自分も花菱アチャコと一緒に松竹の新興キネマに移るつもりだと言い、ミスワカナに新興キネマへの移籍を勧めました。

こうして、ミスワカナは3度の出奔で吉本興業を飛び出し、松竹の新興キネマ演芸部へと移籍したのですが、横山エンタツは初めから移籍する気など無く、目障りなミスワカナを吉本興業から追い出すことに成功したのです。

さて、松竹は吉本興業から漫才師数組を引き抜いて演芸界に進出したのですが、吉本興業に迎撃されて松竹の新興キネマ演芸部は消滅してしまいます。

ミスワカナは吉本興業に戻りたいと言ったのですが、流石に林正之助も「いっぺん、出て行った者が戻るのは、他の芸人に都合が悪い」と言い、吉本興業に戻ることを認めませんでした。

しかし、松竹を迎撃した吉本興業も、吉本興業も第二次世界大戦の大阪大空襲で全てを失い、戦後は演芸を捨てて、キャバレーと映画館の経営で戦後の復興を果たしていきます。

一方、ミスワカナは戦後も漫才師として活動を続けるのですが、昭和21年(1946年)10月14日に阪急西宮北口駅のホームで心臓発作を起こして死去してしまいます。死因はヒロポン中毒とも言われてします。享年36でした。

なお、愛と悲しみの漫才師と呼ばれるミスワカナの生涯を詳しく知りたい方は「ミスワカナ・玉松一郎の立志伝」をご覧ください。

また、朝ドラ「わろてんか」の登場人物のモデル一覧は「わろてんか-登場人物の実在モデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク