カムカムエヴリバディのモデル平川唯一の立志伝

NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のモデルとなる平川唯一(ひらかわ・ただいち)の立志伝です。

平川唯一の立志伝

平川唯一は明治35年(1902年)2月13日に岡山県上房郡津川村(岡山県高梁市津川町)で、農家の次男として生まれた。

平川唯一は津川尋常高等小学校を卒業して実家の手伝いをしていたが、16歳の時に労働移民としてアメリカで働いていた父親を追いかけて渡米した。

17歳の時にアメリカ人の家庭で住み込みのスクールボーイとなり、スーウェド小学校に入学した。

その後、ブロードウェイ・ハイスクールを経て、ワシントン大学へ入学し、昭和6年に首席で演劇科を卒業した。、

卒業後は副牧師となり、昭和10年にアメリカで日本人・滝田ヨネと結婚。長男が生まれた事を切っ掛けに、昭和11年に帰国し、NHK国際放送のチーフアナウンサーとなった。

終戦時には、玉音放送を文語調に英訳し、諸外国に向けて朗読放送。GTQのマッカーサーの放送要員も務めた。

平川唯一は英語教育の素人だったが、昭和21年2月からNHK第一放送で英語会話講座を担当し、自身が作詞したテーマ曲「カム・カム・エブリバディ」を大流行させ、「カムカム英会話」「カムカムおじさん」と呼ばれた。

また、戦後の復興を願って明るくてユーモアに富む英会話の講義を行い、英会話ブームを起こした。

NHKの英会話講座が終わると、ラジオ東京やニッポン放送で英会話講座を続ける一方で、自宅で英会話教室「カムカムクラブ」を開いて英会話の普及に努めた。

昭和32年に太平洋テレビに入り、国際部長を経て副社長に就任。昭和51年には勲五等双光旭日章を受章した。平成5年(1993年)8月25日に死去した。93歳だった。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク