まんぷく-今井鈴(松坂慶子)のモデルは安藤須磨

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する今井鈴(松坂慶子)の実在のモデルは安藤須磨です。

まんぷく-今井鈴(松坂慶子)のあらすじ

今井鈴(松坂慶子)は、今井福子(安藤サクラ)の母親で、武士の末裔としての誇りと威厳を持ち、夫に先立たれて暮らしは貧しかったが、品格を大事にしながら、三姉妹を育て上げた。

しかし、その一方で、今井鈴(松坂慶子)は心配性な性格だったため、ことあるごとに三姉妹に口出しをしており、三姉妹から「お母さんは何か心配してなきゃ生きていけないんじゃない?」と言われる始末だった。

戦争を切っ掛けに、三女・今井福子(安藤サクラ)と立花萬平(長谷川博己)夫婦と一緒に暮らすことになるが、心配性から浮き沈みの激しい実業家・立花萬平(長谷川博己)の仕事に不満を漏らすのだった。

今井鈴(松坂慶子)の実在のモデル

朝ドラ「まんぷく」に登場する今井鈴(松坂慶子)の実在のモデルは、安藤須磨です。安藤須磨は安藤仁子の母で、安藤百福(呉百福)の義母に当たり、戦後は仁子夫婦と同居します。

さて、戦後、在日台湾人は第三国人として扱われていたが、華僑登録することにより、中国人(戦勝国民)となり、様々な特権を得た。

大阪の在日台湾人・安藤百福(呉百福)も華僑登録することにより、戦勝国民としての特権を手に入れて、莫大な保険金を手に入れて「日本一の大金持ち」と称されるようになり、大阪華僑の雄となった。

有り余る資産を手にした安藤百福(呉百福)は、利益など必要ないので、戦争帰りの若者などが問題を起こしていた若者を集めて、製塩や漁業などのボランティア事業を展開した。

安藤須磨や安藤仁子は、こうして集まった若者の母親がわりとなって面倒を見た。

しかし、税務署が在日台湾人への課税を強化したため、大阪で目立っていた安藤百福(呉百福)はMPに逮捕されて有罪判決を受け、巣鴨プリズン(巣鴨拘置所)に収容された。

逮捕された安藤百福(呉百福)が裁判を起こすと、反正運動の盛り上がりを恐れたのか、税務署は裁判を取り下げれば、釈放すると持ちかけた。

安藤百福(呉百福)は面会に来た妻・安藤仁子から「裁判を取り下げて欲しい」と頼まれても、応じずに戦っていたが、2年後に面会から変える家族の背中姿を見て、考えを改め、裁判を取り下げて釈放された。

釈放後、安藤百福(呉百福)は、人から頼まれて華僑向け信用組合「大阪華銀」の理事長に就任したが、信用組合「大阪華銀」が倒産し、その責任を問われて全財産を失ってしまう。

そして、無一文になった安藤百福(呉百福)は、かろうじて確保した借家の庭に小屋を作り、即席麺「チキンラーメン」の開発に取りかかった。

このとき、安藤百福(呉百福)が飼っていた鶏をさばいていると、鶏が暴れだし、次男の安藤宏基に血がかかった。

それ以降、次男・安藤宏基は大好きな鶏肉もチキンライスも食べなくなってしまったが、ある日、安藤須磨がチキンスープを作ると、次男・安藤宏基はチキンスープを飲んだので、安藤百福(呉百福)は開発中の即席麺の味を「チキン味」にするこに決めた。

安藤須磨と安藤仁子がスープ作りを担当し、安藤百福(呉百福)は天ぷらをヒントにして、麺を揚げて乾燥させる製法を思いつき、昭和33年に即席麺「チキンラーメン」の開発に成功すると、家族総出で「チキンラーメン」の生産に取りかかった。

安藤百福(呉百福)は考案した製法を「瞬間油熱乾燥法」として特許申請するのだが、この特許「瞬間油熱乾燥法」は安藤須磨の名義で出願されている。このため、安藤須磨が即席ラーメンの開発者とする資料もある。

そして、安藤須磨は昭和33年12月から44年1月まで日清食品に在籍しているのだが、朝ドラ「まんぷく」に登場する今井鈴(松坂慶子)のあらすじを読む限りでは、今井鈴(松坂慶子)はオリジナルキャラクターに近いと思う。

なお、朝ドラ「まんぷく」の登場人物の実在のモデル一覧は「まんぷく-キヤストと実在のモデル一覧」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク