わろてんか-伊能フィルムと新世紀キネマが合併する実話

朝ドラ「わろてんか」に登場する伊能フィルムと新世紀キネマが合併する実話のネタバレです。

伊能フィルムと新世紀キネマが合併

朝ドラ「わろてんか」では、新世紀キネマの社長・工藤隆一郎(栗原英雄)が伊能フィルムに業務提携を持ちかけるが、伊能栞(高橋一生)は乗り気ではなく、業務提携の話を先送りした。

そこで、工藤隆一郎(栗原英雄)は、伊能フィルムの重役・山下をそそのかして、伊能フィルムから伊能栞(高橋一生)を追放させ、伊能フィルムと業務提携をした。

その後、新世紀キネマは伊能フィルムと合併して、国策映画の製作を開始するようである。

伊能フィルムと新世紀キネマが合併の実話

朝ドラ「わろてんか」に登場する伊能栞(高橋一生)のモデルは小林一三で、伊能フィルムのモデルは小林一三の東宝である。そして、新世紀キネマのモデルは松竹系の映画会社「新興キネマ」である。

東宝と松竹は、ことあるごとに対立するが、映画業界は戦争という大きな流れに飲み込まれていくことになる。

そして、戦時中の企業整備令よって、映画会社は東宝と松竹の2社に集約されることになったが、新興キネマが上手に立ち回って日活を吸収して「大映」となり、最終的に東宝・松竹・大映の3社に統合された。

こうして映画界は「映画戦時体制」時代を迎えており、史実の東宝と新興キネマは合併していない。もちろん、東宝と松竹も合併していない。

ただ、こうした映画戦時体制の中で、東宝と松竹で相談役の交換が行われ、昭和16年9月20日に松竹の大谷竹次郎が東宝の相談役に就任し、東宝の渋沢秀雄が松竹の相談役に就任している。

なお、朝ドラ「わろてんか」の各種エピソードの実話は「わろてんか-実話のネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク