わろてんか-伊能栞(高橋一生)の実在のモデルは小林一三

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する伊能栞(いのう・しおり/高橋一生)の実在のモデルをネタバレします。

わろてんか-伊能栞(高橋一生)のあらすじとネタバレ

NHKの朝ドラ「伊能栞(いのう・しおり/高橋一生)は、大阪にある「伊能薬品」の社長の次男だが、正妻の子ではなく、愛人(妾)との間に出来た子であり、東京で生まれ育ち、神戸の貿易会社を任されていた。

薬問屋「藤岡屋」の藤岡儀兵衛(遠藤憲一)が業務提携を求めて、「伊能薬品」に縁談を持ちこみ、伊能能栞(高橋一生)と藤岡てん(葵わかな)が見合いすることになった。

しかし、見合いの前に藤岡てん(葵わかな)は伊能能栞(高橋一生)と出会い、伊能能栞(高橋一生)は藤岡てん(葵わかな)が北村藤吉(松坂桃李)に恋をしている事を知る。

そのようななか、薬問屋「藤岡屋」の倉庫が火事に遭い、輸入した西洋薬が全焼してしまう。

藤岡儀兵衛(遠藤憲一)は、銀行からの融資を得るため、薬問屋「藤岡屋」の倒産の危機を隠して、伊能能栞(高橋一生)との結婚を急ぐが、薬問屋「藤岡屋」のピンチが「伊能薬品」に知られてしまい、縁談を断られてしまう。

さらに、薬問屋「藤岡屋」の倒産の危機を知った債権者が押し寄せ、対応に当たった藤岡新一(千葉雄大)が激務に耐えきれずに倒れ、そのまま死去してしまう。

藤岡てん(葵わかな)は縁談を断れていたが、薬問屋「藤岡屋」を救うため、伊能能栞(高橋一生)に結婚を申し込む。

このとき、藤岡てん(葵わかな)は、藤岡新一(千葉雄大)が最後まで研究していた「輸入に頼らず、日本で薬を製造する方法」の論文を伊能能栞(高橋一生)に送っていた。

その論文を読んだ伊能能栞(高橋一生)は、結婚は自由恋愛主義なので別問題とたうえで、一緒に藤岡新一(千葉雄大)の事業に賭けてみたいと言い、薬問屋「藤岡屋」に出資を申し出ました。

こうして、薬問屋「藤岡屋」は倒産の危機を免れたのであった。

さて、伊能能栞(高橋一生)は日本の文化や芸能に強い関心を持っており、製薬会社の方は人に任せて、映画会社「伊能活動写真」を設立し、映画の制作を始めるうになる。

一方、藤岡てん(葵わかな)は北村藤吉(松坂桃李)と結婚して、寄席「風鳥亭」の経営を開始していた。

伊能能栞(高橋一生)はジャンルこそ違えど、同じ興行の世界で頑張る者同士として、北村藤吉(松坂桃李)と意見をぶつけ合い意気投合した。困っている北村藤吉(松坂桃李)に、大物落語家・喜楽亭文鳥(笹野高史)を紹介したこともあった。

そのようななか、伊能栞(高橋一生)の父が「伊能薬品」の社長を長男・伊能光司郎に譲ったことを機に、伊能家でお家騒動が勃発する。

伊能栞(高橋一生)は次男だが、愛人(妾)が産んだ子で、あくまでも跡継ぎの保険であり、長男・伊能光司郎が「伊能薬品」を継いだので、もう用済みだった。

伊能栞(高橋一生)は、任されていた製薬会社を兄・伊能光司郎に奪われてしまうが、映画会社「伊能活動写真」だけは何とか守り抜いた。

そして、伊能能栞(高橋一生)は北村藤吉(松坂桃李)から刺激を受け、女義太夫の秦野リリコ(広瀬アリス)を起用して映画を制作し、映画界に革命を起こそうとするが、自由奔放の秦野リリコ(広瀬アリス)に翻弄されるのであった。

伊能栞(高橋一生)の実在のモデル

朝ドラ「わろてんか」に登場する伊能栞(高橋一生)の実在のモデルは、私が思いついただけで、3人ほど候補が居ます。

ただ、伊能栞(高橋一生)が映画会社「伊能活動写真」を興して、映画界に参入するという点を考えれば、神戸で宝塚少女歌劇団を創立し、映画の「東宝(東京宝塚)」を設立した阪急グループの小林一三だと考えられます。

しかしながら、小林一三と吉本興業の創業者・吉本せい(林せい)がお見合いをした様な史実は無く、恋愛面での接点はありません。

このため、小林一三の立志伝を紹介しても朝ドラ「わろてんか」の参考にならないと思うので、朝ドラ「わろてんか」への理解が深まるように、実話の「松竹」「東宝(阪急グループ)」「吉本興業」の関係を解説しておきます。

「松竹」「東宝」「吉本興業」の関係

まず、京都の大谷竹次郎は、明治28年(1895年)に京都の阪井座を買収して寄席の経営に乗り出すと、瞬く間に京都の演劇界を制覇して、大阪へと進出し、大阪・道頓堀の5座を手中に収め、明治35年(1902年)に兄・白井松次郎と共に「松竹」を設立した。

松竹は道頓堀5座を根城にして、大阪から東京へと勢力を拡大していくことになる。

一方、家業の荒物問屋「箸吉」を廃業した吉本せい(林せい)吉本泰三(吉本吉兵衛)の夫婦は、明治45年(1912年)4月1日に天満天神裏にある三流の寄席「第二文芸館」の経営権を取得して寄席の経営に乗り出し、大正2年(1913年)に「吉本興行部(吉本興業)」を設立した。

吉本興業は、浪速落語反対派の岡田政太郎と提携し、「低価格戦略」「寄席のフランチャイズ化」「芸人をお金で縛る」という戦略で勢力を拡大し、大正11年(1922年)に大阪の演芸界を統一して、吉本王国を築いた。

他方、小林一三は山梨県の出身で、三井銀行で働いていた時に、島徳蔵や岩下清周が設立する証券会社の支配人として招かれたが、不況の影響で証券会社の設立が立ち消えとなり、失業してしまう。

その後、小林一三は箕面有馬電気鉄道(阪急電鉄)の経営に加わって実質的経営者となり、大正3年(1914年)4月に、宝塚新温泉の再利用として「宝塚少女歌劇団」を創立してエンターテイメント産業に進出した。

すると、宝塚少女歌劇団の大成功を受け、全国に少女歌劇ブームが到来する。松竹の白井松次郎も「宝塚少女歌劇団」をマネして「松竹楽劇部」を設立する。小林一三は松竹に激怒したという。

戦後に「ブギの女王」として活躍する笠置シヅ子は、「宝塚少女歌劇団」が不合格だったため、「松竹楽劇部」に頼み込んで入団している。

また、吉本興業も、少女歌劇ブームを受け、大正15年に「花月乙女演舞団」を結成している。

その後、小林一三が宝塚を東京に進出させ、「東京宝塚」を設立。この東京宝塚が「東宝」になり、「東宝VS松竹」という対立に続いていく。

ところで、吉本興業は大阪の演芸界を統一して吉本王国を築いたが、あくまでも演芸界であり、「演劇界」の東宝や松竹やとは規模もジャンルも違うので、対立することは無かった。

しかし、昭和2年、吉本興業の林正之助が発掘した漫才が儲かると分かると、松竹の白井松次郎は吉本興業から漫才師を引き抜こうとした。

すると、吉本興業の林正之助は激怒して、松竹に乗り込み、白井松次郎を「刑務所にぶち込まれても吉本は守ります」と脅し、松竹に手を引かせ、吉本興業の危機を救った。

こうして、東京で「東宝VS松竹」、大阪で「吉本VS松竹」という対立構造の伏線が生まれた。

さて、東京では、東宝が日本劇場(日劇)を買収したのに対し、松竹は浅草国際劇場を新築して対抗。昭和12年に、松竹の林長二郎が東宝へと移籍したことを切っ掛けに、松竹と東宝は険悪な関係に発展する。

一方、大阪では、吉本興業が東宝(PLC)と組んで、「エンタツ・アチャコ」の主演映画を制作してヒットを飛ばしていた。

このようななか、時局の影響で、映画の上映時間が1日3時間に削減されたり、外国映画の輸入が制限されたりしたため、映画館では、その穴埋めとして、アトラクションや演芸が重要になってきた。

そこで、吉本興業の林正之助が、小林一三の要請により、東京宝塚劇場の取締役に就任し、吉本興業と東宝は関係を深めた。

演芸部門の持たない松竹は、吉本興業と東宝の動きに強い危機感を覚え、松竹系列の「新興キネマ」に演芸部門「新興演芸部(後の松竹芸能)」を設立して、演芸界に進出するため、巨額の資金を投じて吉本興業から芸人を引き抜きにかかったのである。

新興キネマは吉本興業の10倍の給料を提示しており、吉本興業の「ミスワカナ・玉松一郎」「平和ラッパ・日佐丸」「松葉家奴・松葉家喜久奴」などが松竹へ移った。

吉本興業の林正之助が気付いたときには、「ミスワカナ・玉松一郎」らが引き抜かれており、花菱アチャコまで松竹から大金を受け取っていた。

林正之助は花菱アチャコを説得して金を返させ、花菱アチャコの流出は食い止めたが、吉本興業は相当なダメージを受けてしまう。

また、これまで、吉本興業は、大阪の演芸界を独占していたので、芸人の給料を低く押えていたが、松竹の演芸界進出により、吉本興業による演芸界の独占が崩れたので、吉本興業は芸人の給料を上げることを余儀なくされた。

さて、吉本興業も芸人を引き抜かれて黙ってはおらず、フォルムの差し止めを求めて提訴するなどして、松竹に反撃を開始する。

吉本興業と松竹の争いは、世間を騒がせたが、最終的に大阪府警・京都府警が、時節柄、演芸界に良い影響を与えないとして、調停に乗りだし、吉本興業は芸人の移籍を認め、松竹は芸人の育成料を吉本興業に支払うということで、休戦に至った。

その後は純粋な興行での勝負となる。松竹の「新興演芸部」は「ミスワカナ・玉松一郎」など大看板を有して精力的に興行を展開したが、全体的な層は薄く、層の厚い吉本興業に迎撃されてしまった。

しかし、松竹の「新興演芸部」との争いに勝利した吉本興業も、戦争で全ての寄席を失ってしまうのであった。

なお、朝ドラ「わろてんか」の登場人物のモデルや実話のネタバレは「わろてんか-登場人物の実在モデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク