インスタントラーメンの発明者は台湾人だった

日本初(世界初)のインスタントラーメン(即席麺)は、日清食品の安藤百福(呉百福)が発明した「チキンラーメン」だとされているが、実は「チキンラーメン」よりも前に即席麺が販売されていた実話を紹介したい。

インスタントラーメンの定義

「インスタント」という言葉が使用されるようになったのは、チキンラーメンの発売から2年後の昭和35年(1960年)に、森永製菓が日本初の国産インスタントコーヒーを発売したのが切っ掛けである。

国産インスタントコーヒーが誕生する前は、インスタントラーメンは「即席麺」「即席ラーメン」と呼ばれていた。

日清食品のチキンラーメンが発売された昭和33年には、インスタントラーメンの明確な定義は存在しておらず、インスタントラーメンは「糊化(α化)した麺を油で揚げて乾燥させたもの」で、当時は「即席麺」と言われたように、「湯を注いで2分で食べられる」という「即席性」が重視されていたようである。

このため、「麺を油で揚げていないもの」や「即席性の無いラーメン」は「半即席麺」などとして、インスタントラーメン(即席麺)とは区別された。

インスタントラーメンの前史

日本で初めて麺の開発に取り組んだのは、佐賀県の真崎照郷だとされる。真崎照郷は明治16年に製麺機を開発した。当時の製麺は手作業だったが、真崎照郷の発明により、製麺の機械化が始まった。

そして、戦時中に麺の開発が行われており、インスタントラーメンは技術的な発明ではなく、既存の技術を組み合わせた物に過ぎないというのが実情である。

戦後、製麺が盛んになるのは、配給制だった小麦が昭和27年(1952年)6月に自由化されて以降のことである。

まず、「都一製麺」の田村良雄が、昭和27年(1952年)10月に特許「屈曲乾麺の製法」を出願し、屈曲乾麺の生産を開始しする。

さらに、「都一製麺」の田村良雄が、昭和29年2月に特許「屈曲麺類製造装置」を出願した。

この「屈曲乾麺の製法」「屈曲麺類製造装置」という2つの特許は、インスタントラーメンの基礎をなす特許だが、「都一製麺」はインスタントラーメン(即席麺)を製造していない。

そして、昭和30年(1955年)には、京都府の松浦喜市郎が「携帯用即席味付麺類製造法」という特許を出願している。

「携帯用即席味付麺類製造法」は、即席性に言及した味付麺の製造法だが、油を使って麺を乾燥させていないので、インスタントラーメンとまでは言えない。

また、昭和30年に松田産業(おやつカンパニー)が「味付中華麺」を発売するが、「味付中華麺」は味の付いた乾麺なので、インスタントラーメンには入らない。

なお、松田産業(おやつカンパニー)は、「味付中華麺」の割れた破片を食堂で食べたり、近隣住人に配っていると好評だったので、破片を商品化して「ベビースターラーメン」が誕生した。

この破片問題は日清食品のチキンラーメンでも起こっており、日清食品はチキンラーメンの破片の再利用方法を研究しているときに、インスタントラーメンで焼きそばを作るというアイデアが生まれ、「日清焼そば」を開発した。

インスタントラーメンを発明したのは台湾人

中国の清の時代に「伊府麺(イーフーメン)」という麺を油で揚げた料理がある。伊府麺がインスタントラーメンの原型と言われるが、伊府麺は、あくまでも調理法の1つであり、インスタントラーメンではない。

この伊府麺が台湾に渡り、「鶏糸麺(ケーシーメン)」という料理になった。鶏糸麺は素麺を油で揚げた料理である。

さて、在日台湾人は、故郷の台湾から鶏糸麺を取り寄せて食べていたが、昭和27年(1952年)6月に小麦の販売が自由化されると、神戸に住む在日台湾人が日本で鶏糸麺を作って食べるようになった。

この時点で、麺を油で揚げるときに、綿を金網に入れて成形するという工夫もされており、この鶏糸麺がインスタントラーメンの原型だという。

日本で作られるようになった鶏糸麺は在日台湾人の間で食べられており、特許など取得していなかった。

そこで、東京にある大和通商の陳栄泰が鶏糸麺を、「ヤマトの鶏糸麺」として、昭和33年の春(1月・4月・6月説がある)に東京の百貨店などで販売を開始した。

ほぼ同時期に、大阪府阿倍野区で中華料理店を経営する東明商行の張国文が、インスタントラーメン「長寿麺」を発売した。

その数ヶ月後の昭和33年(1958年)8月25日に日清食品の安藤百福(呉百福)がインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売した。

こうして、昭和33年に大和通商の陳栄泰、東明商行の張国文、日清食品の安藤百福(呉百福)という3人の華僑(在日台湾人)によって日本初のインスタントラーメンが発売されたのである。

インスタントラーメンを発明したのが在日台湾人という理由は、台湾の「鶏糸麺(ケーシーメン)」を元にインスタントラーメンが開発されたからだとされる。

泥沼の特許紛争に発展

当時はインスタントラーメンという食品では特許が取れず、製造方法で特許を取得しなければならなかった(その代わり、製造方法が少し違えば、特許が取れた)。

そこで、大和通商の陳栄泰は、昭和33年(1958年)11月27日に「素麺を馬蹄形状の鶏糸麺に加工する方法」という鶏糸麺の製造特許を申請した。

次いで、東明商行の張国文が昭和33年12月18日に「味付乾麺の製法」というインスタントラーメンの特許を申請した。

これに遅れて、日清食品の安藤百福(呉百福)が昭和34年(1959年)1月22日に「即席ラーメン製造法」という特許を義母・安藤須磨の名義で申請した。

このように、3人の中で最初に特許を出願したのは、大和通商の陳栄泰が最初だが、東明商行の張国文は2年前の昭和31年(1956年)の第1次南極観測隊にインスタントラーメンを提供していた。

しかし、先に発売を開始した大和通商の陳栄泰も、東明商行の張国文も商業的には成功しておらず、最初に商業的に成功してインスタントラーメンを流行らせたのは日清食品の安藤百福(呉百福)だった。

そこで、陳栄泰・張国文・安藤百福(呉百福)の在日台湾人3人が、インスタントラーメンの元祖を主張して、泥沼の特許紛争を起こすのである。

インスタントラーメンの発明者は安藤百福?

日清食品の安藤百福(呉百福)がチキンラーメンを発売したことを切っ掛けに、需要は爆発的に増大しており、続々とインスタントラーメン製造業者が増えていた。

そこで、最初に特許を申請した大和通商の陳栄泰が、インスタントラーメン製造業者各社に特許侵害を警告し、1袋につき2円の特許使用料を請求した。日清食品に対して請求した特許使用料は6800万円だったという。

これを切っ掛けに、インスタントラーメン界で泥沼の特許紛争が勃発するのだが、この特許紛争は複雑なので、結果を要約して紹介する。

まず、日清食品の安藤百福(呉百福)が、「即席ラーメンは華僑(在日台湾人)が日本で建てた金字塔(ピラミッド)だ。粗悪品が出回るのを整理するため、特許を一本化する必要がある」と言って、対立していた東明商行の張国文を説得し、張国文から特許「味付乾麺の製法」を買い取り、「即席ラーメン製造法」と「味付乾麺の製法」の2つの特許を確定させた。

大和通商の陳栄泰は日清食品の安藤百福(呉百福)に徹底的に抵抗していたが、安藤百福(呉百福)との特許訴訟で負けたこともあり、食糧庁の和解勧告を受けて、昭和38年9月12日に和解した。

この間に「即席中華麺製造法」という特許を取得したエースコックの村岡慶二は、最後まで日清食品に抵抗したが、昭和39年1月に日清食品と和解した。

こうして泥沼の特許紛争を制した日清食品の安藤百福(呉百福)は、業界一本化に向けて動き出したが、特許の取り扱いに疑心暗鬼になっていた製造業者が地域ごとに団結して、日清食品の安藤百福(呉百福)に抵抗した。

そこで、日清食品の安藤百福(呉百福)は、「日本ラーメン特許(国際特許管理)」を設立し、特許を開放して「日本ラーメン特許(国際特許管理)」が特許を一元管理することで、業界一本化と特許問題を切り離し、昭和39年6月16日に主要メーカー56社が参加する業界団体「日本ラーメン工業協会」を設立して業界一本化を実現したのである。

このとき、日清食品の安藤百福(呉百福)が「日本ラーメン工業協会」の会長に就任したので、名実ともに安藤百福(呉百福)がインスタントラーメン業界のトップになり、インスタントラーメンの発明者を名乗ったのである。

日清食品のチキンラーメンよりも前に、陳栄泰の「ヤマトの鶏糸麺」、張国文の「長寿麺」が発売されていたことは史実だが、インスタントラーメン製造業者は特許さえ使えて、これまで通りにインスタントラーメンが作れるのであれば、誰が発明者でもかまわないとして、安藤百福(呉百福)の主張を黙認した。

「長寿麺」を発売した東明商行の張国文は、チキンラーメンの発売より2年前の昭和31年(1956年)の第1次南極観測隊にインスタントラーメンを提供しており、張国文が世界初のインスタントラーメンを作ったとも言えるのだが、安藤百福(呉百福)に2300万円(平成17年の価値で約3億円)で特許を売却したこともあり、何も言わなかったようだ。

こうして、インスタントラーメンの発明者は、日清食品の安藤百福(呉百福)ということで定着したという。

安藤百福のパクリ説

インスタントラーメンの発明者は誰かというと話になると、必ず、日清食品の安藤百福(呉百福)のパクリ説が出てくるので、簡単に安藤百福(呉百福)のパクリ説を紹介しておく。

大和通商の陳栄泰は、昭和33年の春に東京の百貨店で即席麺「ヤマトの鶏糸麺」の発売を開始した。

一方、安藤百福(呉百福)は、大阪の華僑向け信用組合「大阪華銀」の理事長を務めていたが、大阪華銀を倒産させた責任を負って全財産を失っていた。

そして、安藤百福(呉百福)は、昭和33年夏に大阪・難波で、知り合いの在日台湾人の許炎亭と出会った。

許炎亭は、東京の陳栄泰が経営する大和通商の役員をしており、安藤百福(呉百福)に「ヤマトの鶏糸麺」のことを教えると、安藤百福(呉百福)は「ヤマトの鶏糸麺」に興味を示した。

そこで、許炎亭は安藤百福(呉百福)を陳栄泰に紹介し、許炎亭と安藤百福(呉百福)は「ヤマトの鶏糸麺」を販売する関西代理店「三倉物産」した。許炎亭が社長で、安藤百福(呉百福)は株主だった。

そして、許炎亭が「ヤマトの鶏糸麺」を「チキンラーメン」と名付けて関西で販売を開始したが、全く売れなかった。

そこで、安藤百福(呉百福)が日清食品を設立して、宣伝を開始したことろ、「チキンラーメン」が売れるようになった。

しかも、日清食品の安藤百福(呉百福)は、大和通商の陳栄泰の特許を盗んで、義母・安藤須磨の名義で「即席ラーメン製造法」という特許を取得したのだという。

これが、まことしやかに語り継がれる安藤百福(呉百福)のパクリ説である。

しかし、大和通商の陳栄泰が取得した「素麺を馬蹄形状の鶏糸麺に加工する方法」という特許は、60番から80番程度の素麺を蒸気に当てて軟化させ、馬蹄形状に成形して乾燥させるか、乾燥させずに金網に入れて50度内外の油で揚げる、という鶏糸麺の製法特許である。

大和通商の陳栄泰が取得した特許「素麺を馬蹄形状の鶏糸麺に加工する方法」を読む限りでは、「ヤマトの鶏糸麺」は味付麺ではなく、素麺を油で揚げたものであり、日清食品のチキンラーメンの製法とは違いがある。

また、大和通商の陳栄泰は、安藤百福(呉百福)の特許に対して特許無効を申請したが、陳栄泰の特許は「50度内外の油で揚げる」という油の温度の低さが問題となり、安藤百福(呉百福)との特許訴訟で負けているのだ。

忘れた頃に、安藤百福(呉百福)のパクリ説や、インスタントラーメンを開発したのは安藤百福(呉百福)ではなかったという話が取り上げられるが、日清食品は既に解決した話として相手にしていない。

なお、発明にパクリ説や「本当の発明者は別に居た」という話は付きもので、珍しいことでは無い。例えば電話の発明は有名だ。

電話の発明者はグラハム・ベルではなかった?

一般的に電話の発明者はグラハム・ベルとされているが、実際に電話の技術を発明したのはイライシャ・グレイで、ベルはグレイの発明を見て電話を開発した。

しかも、ベルとグレイは同じ日(1876年2月14日)に電話の特許を出願したのだが、ベルの方が2時間早く特許を出願したため、電話の特許はベルのものとなった。

しかし、ベルよりも先に電話を発明していた人物が居た。それは発明王のトーマス・エジソンである。

発明王のトーマス・エジソンはベルよりも1足先に電話を完成させており、1ヶ月前の1986年1月14日に特許を出願していたのだが、書類の不備で受理されなかったため、ベルに特許を取得されてしまったのだ。

その後、トーマス・エジソンは炭素を使用した「カーボンマイク」を開発して電話の音質を向上させたて特許を取得し、グラハム・ベルと泥沼の特許訴訟を起こしたのである。

ところが、グラハム・ベルよりも16年前の1860年にドイツのフィリップ・ライスが「テレフォン(電話)」を発明しており、電話の発明者はフィリップ・ライスだという説もあるのだ。

このように本当の発明者は別にいたというのは良くある話で、次ぎは世界初のカップラーメンにまつわる秘話を紹介した。

カップラーメンの発明者の日清食品の安藤百福ではない?」へ続く。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク