べっぴんさん-岩佐栄輔(松下優也)の実在のモデル

HNKの朝ドラ「べっぴんさん」に登場する岩佐栄輔(いわさ・えいすけ/松下優也)の実在のモデルについて。

べっぴんさん-岩佐栄輔(いわさ・えいすけ)

岩佐栄輔(松下優也)は、野上潔(高良健吾)が戦後、復員した列車の中で出会った人物である。岩佐栄輔は、戦争で家も家族も失ったため、大阪の闇市で物資の横流しをしていた潔を頼った。

岩佐栄輔(松下優也)は、野上潔(高良健吾)のバラック小屋で白飯を食わせて持っていたとき、野上潔(高良健吾)を訪ねてきた坂東すみれ(芳根京子)と出会い、坂東すみれ(芳根京子)に好意を持つようになる。

そして、野上潔(高良健吾)は、大阪・梅田の闇市で物資を横流しする野上潔(高良健吾)と坂東ゆり(蓮佛美沙子)に加わり、野上潔(高良健吾)の右腕として活躍する。

一方、坂東すみれ(芳根京子)は、戦争に出た夫・田中紀夫(永山絢斗)からの連絡は未だに来ず、坂東さくらを抱え、不安な生活を過ごしていた。

岩佐栄輔(松下優也)は、坂東すみれ(芳根京子)にも通い、坂東さくらも岩佐栄輔に懐いていた。

ある日、岩佐栄輔(松下優也)は坂東さくらにオモチャをとと蹴るため、坂東すみれ(芳根京子)の自宅を訪れた。

岩佐栄輔はオモチャを渡して帰ろうとしたが、坂東さくらが岩佐栄輔にしがみついて離れない。

岩佐栄輔は、坂東すみれ(芳根京子)のお手伝い・佐藤喜代(宮田圭子)から、泊って言って欲しいと頼まれ、坂東家に泊る事にした。

すると、坂東さくらは、岩佐栄輔(松下優也)の膝にのり、岩佐栄輔(松下優也)を「パパ」と呼んだ。

久しぶりに家庭を味わった岩佐栄輔は、坂東すみれ(芳根京子)に惹かれていき、坂東すみれ(芳根京子)を支えたいと思うようになった。

しかし、野上潔(高良健吾)は岩佐栄輔(松下優也)の気持ちに気付き、「我々は坂東家に仕える身であり、当主は田中紀夫(永山絢斗)だ」と釘を刺すと、岩佐栄輔(松下優也)は野上潔(高良健吾)を「番頭根性が染みついている」と批判した。

その後、田中紀夫(永山絢斗)も無事に復員するが、田中紀夫(永山絢斗)は、岩佐栄輔(松下優也)が坂東さくらを負んぶし、坂東さくらが岩佐栄輔の事を「パパ」と呼んでいる現場を目撃し、思わず殴りかかるのであった。

岩佐栄輔の実在のモデル

野上潔(高良健吾)のモデルが尾上清なので、岩佐栄輔(松下優也)のモデルは尾上清の関係者となる。

尾上清は戦後、江商(兼松)の衣料部長として働く一方で、会社「有信実業」を設立して、隠匿物資を闇市に横流ししていた。

そして、後にメンズファッションブランド「VAN」を創業する石津謙介は戦後、尾上清の世話を受け、尾上清が設立した会社「有信実業」で働いていた。

確かに、尾上清と一緒に働いていたという点では、石津謙介は岩佐栄輔(松下優也)のポジションに相当する。

しかし、尾上清と闇市で働いていたという理由だけで、岩佐栄輔(松下優也)のモデルを石津謙介と紹介して良い物かどうか迷う。

坂東すみれ(芳根京子)のモデルとなる坂野惇子(佐々木惇子)は、姉・三浦智恵子(佐々木智恵子)を頼って岡山県勝山町の三浦家へと疎開しており、岡山県勝山町で終戦を迎えた。

そして、坂野惇子は夫・坂野通夫が無事に復員したため、神戸へと戻っており、ドラマ「べっぴんさん」は実話と大きく異なっている。

また、現時点では、岩佐栄輔(松下優也)のメーンとなるエピソードは「坂東すみれ(芳根京子)に好意を寄せる」という部分である。

しかし、「坂東すみれ(芳根京子)に好意を寄せる」というエピソードに相当する実在の人物が存在しないため、岩佐栄輔(松下優也)は架空の人物と考えた方が良さそうな気がする。

なお、朝ドラ「べっぴんさん」の登場人物の実在のモデル一覧は「べっぴんさん-登場人物・キャスト・モデルまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク