ブギの女王-笠置シヅ子の立志伝

「スイングの女王」「ブギの女王」として戦後の歌謡界で活躍した歌手・笠置シヅ子(かさぎ・しづこ)の芸能界立志伝です。

笠置シヅ子の立志伝

笠置シヅ子(亀井静子)は、大正3年(1914年)8月25日に香川県大川郡相生村(香川県東かがわ市)で、三谷陳平の娘として生まれた。

三谷家は砂糖業を営む豪農だった。父・三谷陳平は三谷家の嫡男で、郵便局で働いていた。

笠置シヅ子(亀井静子)の祖父は漢学者で、その教え子には、香川県大川郡相生村出身の東京大学の総長・南原繁が居り、後に南原繁が笠置シヅ子(亀井静子)の後援会長を務めることになる。

笠置シヅ子(亀井静子)の母親は、谷口鳴尾と言って、三谷家で和裁を習いながら、家事見習いとして三谷家で同居していた女性である。

母・谷口鳴尾は、女中ではなく由緒ある家の女性で、三谷家の親戚筋だったらしい。

母・谷口鳴尾は、笠置シヅ子(亀井静子)を妊娠しても三谷家から結婚は許されなかったため、実家へと帰り、シングルマザーとなった。

実家に戻った、母・谷口鳴尾は乳の出が悪かったので、大阪から出産のために里帰りしていた「亀井うめ」に沿い乳を頼んでおり、これが縁で「亀井うめ」が笠置シヅ子(亀井静子)を養女として引き取った。

養母「亀井うめ」が笠置シヅ子(亀井静子)を連れて大阪へ帰ると、夫の亀井音吉は「双子かいな」と驚いたという。

名前と芸名の変化

こうして生まれた笠置シヅ子(亀井静子)は、最初「亀井ミツエ」という名前で亀井家の籍に入ったが、ある出来事があって、小学校へ入るときに「亀井志津子」と改名し、10歳の時に「亀井静子」へと改名した。

その後、舞台デビューの時に芸名として「三笠静子」を名乗るが、崇仁親王が「三笠宮」を賜わった時に、「三笠」を名乗るのは恐れ多いとして、芸名「笠置シズ子」へと改名した。

そして、戦後、歌手を引退して女優に転じた時に、芸名を「笠置シズ子」から「笠置シヅ子」へと改名した。

なお、吉本興業の吉本穎右(吉本泰典)と結婚の約束はしていたが、結婚する前に吉本穎右(吉本泰典)が死去したため、「吉本」姓は名乗っていない。

笠置シヅ子(亀井静子)の大阪時代

養子に入った亀井家は、米・薪炭・酒などを販売しており、養父・亀井音吉も養母・「亀井うめ」も芸事が好きだったことから、笠置シヅ子(亀井静子)は養母・「亀井うめ」の勧めで5歳の時に日本舞踊を習い始めた。

笠置シヅ子(亀井静子)は下福島尋常小学校へ入学したが、亀井家が風呂屋に転業したこにともない、大阪内で引っ越しと転校を繰り返し、最終的には昭和2年に恩加島尋常小学校を卒業した。

銭湯の脱衣場で歌や踊りを披露していた笠置シヅ子(亀井静子)は、14歳で恩加島尋常小学校を卒業すると、直ちに宝塚少女歌劇を受験するが、身体検査で身長が足りなかったため、不合格となる。

笠置シヅ子(亀井静子)はショックを受けて帰宅したが、近所のおばさんが「道頓堀でも宝塚みたいのをやってまっせ」と教えてくれた。

このころ、阪急グループ総帥・小林一三が創設した宝塚少女歌劇がヒットしたことを受け、日本各地で宝塚少女歌劇を真似た団体が誕生しており、松竹も「松竹楽劇部」を発足していたのである。

それを聞いた笠置シヅ子(亀井静子)は、松竹楽劇部に押しかけ、「わては宝塚でハネられたのが残念だんね。こうなったら意地でも道頓堀で一人前になって、なんぼ身体がちっちょうても芸にかわりはないとこ見せてやろう思いまんね。どんなことでも辛棒しますさかい、先生、どうかお願い申します」と頼んだ。

これを奥で聞いていた音楽部長・松本四郎は、「ようしゃべるおなごや。そんなしゃべるのやったら、身体もそう悪いことないやろ。よっしゃ、明日から来てみなはれ」と告げた。

こうして、笠置シヅ子(亀井静子)は、松竹楽劇部生徒養成所へ入り、その年に「三笠静子」の芸名で初舞台「日本八景おどり」を踏んだのだった。

笠置シヅ子の出生の秘密

昭和6年(1931年)、笠置シヅ子(亀井静子)は18歳になっていたが、未だに養子だとは知らされておらず、親戚の法事として香川県大川郡相生村(香川県東かがわ市)の三谷家を訪れた。

笠置シヅ子(亀井静子)の実父・三谷陳平は、笠置シヅ子(亀井静子)が生まれて直ぐ死んでおり、この法事というのは実父・三谷陳平の17回忌だった。

ここで、笠置シヅ子(亀井静子)は自分が養子だと知り、遺影の三谷陳平が実父だと知る。

笠置シヅ子(亀井静子)は18歳の乙女だったので、実母の存在を知って苦悩したが、意を決して実母・谷口鳴尾の自宅を訪れた。

しかし、実母・谷口鳴尾は男児と座り、母親だと名乗ろうとしなかったので、笠置シヅ子(亀井静子)も子供だと名乗らずに家を出ると、泣き崩れた。それ以来、実母・谷口鳴尾とは会ってない。

作曲家・服部良一との出会い

笠置シヅ子(亀井静子/19歳)は、昭和8年(1933年)秋の舞台「女鳴神」で好演が認められてトップスター10選に選ばれた。この年、松竹楽劇部が「大阪松竹少女歌劇団(SSK)」へと改称する。

昭和10年(1935年)12月に崇仁親王が「三笠宮」を賜わったことから、松竹は「三笠」を名乗るのは恐れ多いとして、「三笠静子」から「笠置シズ子」へと改名した。そして、後に「笠置シヅ子」へと改名する。

昭和12年(1937年)に大阪松竹少女歌劇団(SSK)が東京で「国際大阪踊り」を公演したさい、笠置シヅ子(亀井静子)は東京松竹の目に止り、松竹楽劇団の旗揚げにスカウトされ、昭和13年(1938年)の松竹楽劇団(SGD)の旗揚げに参加する。

松竹楽劇団(SGD)には、副指揮者として作曲家・服部良一が在籍していた。服部良一は、前年の昭和12年に淡谷のり子の「別れのブルース」で大ヒットを飛ばし、新進気鋭の作曲家として注目を集めていた時期である。

一方、笠置シヅ子(亀井静子)は松竹楽劇団(SGD)でジャズシンガーとしての才能を開花させ、たちまち「スイングの女王」と呼ばれるようになった。

そして、昭和14年(1939年)、笠置シヅ子(亀井静子)は26歳の時に、作曲家・服部良一に認められてレコード会社「コロムビア」の専属歌手となり、「ラッパと娘」で歌手デビューを果たす。

このとき、笠置シヅ子(亀井静子)は、作曲家・服部良一から地声で歌うように命じられ、地声で歌うスタイルが確立し、歌手・映画・舞台で活躍していくのであった。

東宝移籍事件

松竹の創業者・白井松次郎は、昭和2年(1927年)に流行していた万歳(後の漫才)に目を付け、大阪の演芸界を独占していた吉本興業から万歳師を引き抜こうとした。

しかし、天下の白井松次郎が、吉本興業の若造・林正之助の迫力に負けて、念書を出し出すという失態を犯した。

一方、小林一三が宝塚少女歌劇を成功させると、松竹も真似て松竹楽劇部(大阪松竹少女歌劇団)を発足しするなど、対立が続いた。

その後、吉本興業が小林一三の東宝と組んで映画界に進出すると、松竹は「新興演芸部」を立ち上げ、大金をばらまき、吉本興業の芸人を引き抜きにかかった。

こうして、興行界では「吉本・東宝連合」対「松竹」という争いが続いた。

このようななか、笠置シヅ子(亀井静子)は昭和14年(1939年)、26歳のとき、松竹楽劇団から東宝へ移っていた増田貞信に東宝移籍を誘われた。

笠置シヅ子(亀井静子)は、増田貞信に恋心を抱いていたとも言われ、養母「亀井うめ」の治療費も必要だったことから、東宝移籍の契約書にサインした。

これに激怒した松竹は、笠置シヅ子(亀井静子)を叱責し、別荘に連れて行き、監禁同様の措置を執った。

最終的に作曲家・服部良一の奔走により、東宝移籍問題は解決し、笠置シヅ子(亀井静子)は東宝へは移籍せず、松竹楽劇団に残った。

吉本穎右(吉本泰典)との出会い

笠置シヅ子(亀井静子)は松竹楽劇団に残ったが、戦況の悪化から、娯楽性の強い松竹楽劇団は風当たりが厳しくなり、ジャズも敵国の歌として批判されて逆風が強くなってきた。

笠置シヅ子(亀井静子)はジャズを歌って「スイングの女王」と呼ばれたうえ、衣装なども目立っていたことから、昭和15年(1940年)に警察から敵性を指摘されてしまう。

このため、笠置シヅ子(亀井静子)は歌っているときもマイクの四尺四方から出る事を禁じられ、直立不動で歌うことを余儀なくされたうえ、丸の内界隈の劇場へ出演する事を禁じられてしまった。

その後、さらに戦況の悪化は進み、昭和16年(1941年)1月に松竹楽劇団が解散したため、笠置シヅ子(亀井静子・28歳)は独立して、「笠置シズ子とその楽団」を結成した。

しかし、笠置シヅ子(亀井静子)は、「敵性歌手」に指定されたため、慰問興行にはほとんど参加できず、地方巡業や国内の工場慰問を行っていた。

そのようななか、昭和18年(1943年)6月28日、名古屋の太陽館に出演するために名古屋を訪れた笠置シヅ子(亀井静子)は、御園座で公演していた辰巳柳太郎の楽屋へ挨拶に行った。

このとき、笠置シヅ子(亀井静子)は辰巳柳太郎の楽屋で、「眉目秀麗な青年」を見かけた。

「眉目秀麗な青年」とは「イケメン」という意味で、笠置シヅ子(亀井静子)は相当なイケメン好きだったため、一目惚れしてしまう。

この時は言葉は交わさなかったが、その後、笠置シヅ子(亀井静子)が太陽座に出演しているときに、吉本興業の名古屋主任が「笠置シズ子の大ファン」と言って先ほどの「眉目秀麗な青年」を連れてきた。

ここで、「眉目秀麗な青年」は吉本穎右(吉本泰典)と名乗り、2人は初めて言葉を交わした。

このとき、笠置シヅ子(亀井静子)は30歳、吉本穎右(吉本泰典)は21歳だった。

吉本穎右(吉本泰典)は、吉本興業(吉本興行部)の創業者・吉本せい(林せい)の次男で、このとき、早稲田大学の学生だった。

しかも、既に父・吉本泰三(吉本吉兵衛)と兄(長男)・吉本泰之助が死去しており、吉本穎右(吉本泰典)が吉本家の家督を相続していた。

さて、こうして出会った吉本穎右(吉本泰典)は、明日、大阪の実家へ帰るというので、笠置シヅ子(亀井静子)も神戸に行く事になっていたので、一緒の汽車に乗ろうと誘った。

こうして、笠置シヅ子(亀井静子)と吉本穎右(吉本泰典)の交際が始まったのであった。

吉本穎右(吉本泰典)と同居

昭和19年(1944年)に吉本穎右(吉本泰典)は結核に感染してしまうが、その年の暮れには笠置シヅ子(亀井静子)と結ばれて結婚の約束をした。

この年(昭和19年)、マネージャーが楽団を勝手に売却したため、「笠置シズ子とその楽団」は解散を余儀なくされる。

昭和20年(1945年)5月20日、笠置シヅ子(亀井静子)は京都で公演していたとき、東京の自宅が東京大空襲に遭い、自宅を焼失。吉本穎右(吉本泰典)も東京大空襲で東京・市ヶ谷の吉本邸を焼失した。

そこで、笠置シヅ子(亀井静子)と吉本穎右(吉本泰典)の2人は、吉本興業の東京支配人・林弘高の世話で、林家のとなりにあるフランス人の家で仮住まいを開始する。

こうして、笠置シヅ子(亀井静子)と吉本穎右(吉本泰典)は、昭和20年末までフランス人の家で同居し束の間の幸せを楽しんだ。

ただ、同居と言っても、笠置シヅ子(亀井静子)は、巡業に出なければならず、玉音放送が流れた昭和20年(1945年)8月15日は富山県を巡業しており、富山県で敗戦を迎えた。

戦後の復興と笠置シヅ子の妊娠

戦後の歌謡界の復興は早く、玉音放送から2ヶ月後の昭和20年(1945年)10月には映画「そよかぜ」が公開され、映画の挿入歌となった並木路子の「リンゴの唄」が大ヒットを遂げる。

笠置シヅ子(亀井静子)も、昭和20年11月に東京・有楽町の日本劇場で戦後第1回公演「ハイライト」に出演して、戦後の活動を開始した。

このようななか、昭和20年12月には音楽広報活動で上海へ赴いていた作詞家・服部良一が上海から復員した。

一方、恋人の吉本穎右(吉本泰典)も、早稲田大学を中退し、吉本興業の東京支店(東京吉本)で働くことになった。

これを受けて、笠置シヅ子(亀井静子)は仮住まいしていたフランス人の家を出て吉本穎右(吉本泰典)との同居を解消し、作詞家・服部良一の自宅の2階に居候した。

居候と言っても、作詞家・服部良一は昭和10年に富澤万里子と結婚しており、既に5人の子供が居た。

その後、笠置シヅ子(亀井静子)は美容院で笠置シヅ子のファンだという女性・荘村正栄と出会って仲良くなり、荘村正栄に、家に困っている事を相談した。

すると、夫の復員を待ちながら1人暮しをしていた荘村正栄が自宅に招いてくれたので、服部良一の自宅を出て、昭和21年4月から荘村正栄の家に居候する。

ところで、笠置シヅ子(亀井静子)が信頼していたコロムビアのプロデューサー山内義富が、戦後は吉本興業に入っていた。

そこで、早稲田大学を中退して吉本興業の東京支店で働くようになった吉本穎右(吉本泰典)は、山内義富を笠置シヅ子(亀井静子)のマネージャーにした。

この年(昭和21年)の10月に笠置シヅ子(亀井静子)は、妊娠に気付いた。

亀井エイ子の出産

昭和22年(1947年)1月、笠置シヅ子(亀井静子)は荘村正栄の家を出て世田谷の1軒屋に引っ越し、マネージャー山内義富の一家と同居を開始する。

一方、吉本穎右(吉本泰典)は結核が悪化したことから、昭和22年(1947年)1月、甲子園にある吉本家の別邸へと移った。

笠置シヅ子(亀井静子)は既に妊娠5ヶ月で、昭和22年(1947年)1月19日には大きなお腹で舞台「ジャズカルメン」の主演して、関係者を冷や冷やさせた。

そして、笠置シヅ子(亀井静子)は吉本穎右(吉本泰典)と結婚する約束をしていたので、舞台「ジャズカルメン」を最後に芸能界から引退した。

その後、笠置シヅ子(亀井静子)は出産のため、東京・目黒の桜井病院に入院した。

そして、入院中の昭和22年(1947年)5月19日にマネージャー山内義富と病院長から、吉本穎右(吉本泰典)が死去したと教えられた。死因は奔馬性結核だった。

昭和22年5月23日には吉本興業の前田栄一が来て「男の子なら『穎造』、女の子なら『エイ子』と名付けるのが、ご遺言です」と言い、笠置シヅ子(亀井静子)に吉本穎右(吉本泰典)の遺言を伝え、吉本穎右(吉本泰典)が子供のために残した3万円が入った預金通帳を渡した。

笠置シヅ子(亀井静子)は吉本穎右(吉本泰典)を失った絶望のなか、不安を紛らわすために吉本穎右(吉本泰典)の浴衣を握りしめながら、昭和22年(1947年)6月1日に長女・亀井エイ子を出産した。

生まれてきたのが女の子だったので、笠置シヅ子(亀井静子)は吉本穎右(吉本泰典)の遺言に従い、「亀井エイ子」と名付けた。

生まれて直ぐに養子に出された笠置シヅ子(亀井静子)は、実父・三谷陳平を知らないことから、長女・亀井エイ子にも父親を見せてやれなかったことを、神も仏も無いのかと嘆いた。

吉本せいは結婚に反対

吉本穎右(吉本泰典)の母親は、吉本興業(吉本興行部)の創業者・吉本せい(林せい)である。

吉本せい(林せい)は生涯で8人の子供を儲けたが、いずれも夭折している。大正5年(1916年)12月1日に待望の長男・吉本泰之助が生まれたが、長男・吉本泰之助はわずか2歳で夭折してしまった。

その後、吉本せい(林せい)は、大阪の演芸界を制覇して吉本王国を築き上げ、大正12年(1923年)10月26日に待望の跡取りとなる次男・吉本穎右(吉本泰典)が生まれた。

ところが、その翌年の大正13年(1924年)2月13日に夫・吉本泰三(吉本吉兵衛)が脳溢血で死去してしまう。享年39だった。

夫の死後、吉本せい(林せい)は、幼い次男・吉本泰典(吉本穎右)に吉本の家督を相続させ、吉本せい(林せい)自身は親権を行使するという形で、吉本興業を大きくしてきた。

こうした経緯から吉本せい(林せい)は、次男・吉本泰典(吉本穎右)を溺愛しており、ジャズ歌手として活躍していた笠置シヅ子(亀井静子)との結婚を大反対したという。

結婚を許さなかった理由は、「笠置シヅ子(亀井静子)の方が9歳も年上」「吉本せい(林せい)は興行主であり、芸人は商品だから」「吉本せい(林せい)は芸能界の裏も表も知り尽くしていたから」など諸説があるが、真相は分からない。

しかし、笠置シヅ子(亀井静子)が妊娠すると、結婚に猛反対していた吉本せい(林せい)も態度を軟化させ、問題は解決の方向に向かっていたらしい。ただ、この辺も真相は分からない。

こうして、吉本穎右(吉本泰典)に先立たれた笠置シヅ子(亀井静子)は生まれたばかりの子供・亀井エイ子を抱いてステージに復帰し、「東京ブギウギ」で「ブギの女王」として、スターへの道を駆け上るのであった。

東京ブギウギの誕生-笠置シヅ子(亀井静子)の立志伝」へ続く。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク