べっぴんさん-河合二郎(林遣都)のモデル

子供服ブランド「ファミリア」の創業者・坂野惇子をモデルとするNHKの朝ドラ「べっぴんさん」に登場する河合二郎(かわい・じろう/林遣都)の実在のモデルについて。

「べっぴんさん」の河合二郎(林遣都)

河合二郎(林遣都)はジャズ喫茶「ヨーソロー」のドラマーで、音楽で成功する事を夢見ていた。

坂東さくら(井頭愛海)は河合二郎(林遣都)に片思いをしていたが、河合二郎(林遣都)はジャズ喫茶「ヨーソロー」のアルバイト店員・山本五月(久保田紗友)と同棲して妊娠させていた。

しかし、山本五月(久保田紗友)は妊娠を隠したまま書き置きを残し、河合二郎(林遣都)の前から消えた。

河合二郎(林遣都)は、山本五月(久保田紗友)の事を探したが、行方は分からなかった。

このころ、東京のレコード会社からスカウトが来ており、河合二郎(林遣都)は、山本五月(久保田紗友)の妊娠についても知らなかったので、音楽の夢を実現するため、スカウトに接触し、東京行きの話を進めていた。

家出していた坂東さくら(井頭愛海)は、山本五月(久保田紗友)の妊娠も居場所も知っていたが、2人を破局させるため、河合二郎(林遣都)に東京行きを勧め、一緒に東京へ行こうとした。

しかし、坂東さくら(井頭愛海)の事が好きな優等生・村田健太郎(古川雄輝)が板東すみれ(芳根京子)に密告し、坂東さくら(井頭愛海)の作戦は失敗した。

その結果、河合二郎(林遣都)は山本五月(久保田紗友)の妊娠を知り、山本五月(久保田紗友)を迎えに行こうとした。

しかし、坂東さくら(井頭愛海)と東京から来たスカウトが、河合二郎(林遣都)の邪魔をして行かせようとしなかった。

すると、へキアリスの社長・坂東紀夫(永山絢斗)が「私が責任を持って連絡させる」と言って、坂東さくら(井頭愛海)と東京から来たスカウトを押さえ、河合二郎(林遣都)を行かせた。

その後、河合二郎(林遣都)は音楽の夢と山本五月(久保田紗友)の妊娠で迷うが、東京で成功して山本五月(久保田紗友)と子供を迎えに来ることに決め、音楽の夢を追うため東京行きを決断した。

ところが、弟の知らせにより、河合二郎(林遣都)は、父親が失踪した事を知る。飲んだくれのダメオヤジだったが、母親は父親が失踪して以降、母親は落ち込んで泣いてばかりだった。

それを知った河合二郎(林遣都)は、どんなにクズな人間でも居なくなれば、家族は寂しく思う事を知り、「音楽はどこでも出来る」と言って東京行きを撤回し、神戸に残って山本五月(久保田紗友)と結婚する事にした。

それを知ったジャズ喫茶「ヨーソロー」のママ大村すず(江波杏子)は、引退を決意し、「ヨーソロー」はヨットの用語で「そのまま進め」という意味である事を教え、河合二郎(林遣都)と山本五月(久保田紗友)にジャズ喫茶「ヨーソロー」を譲ったのであった。

河合二郎(林遣都)のモデル

河合二郎(林遣都)のモデルに相当するような人物は見つかりませんでした。おそらく、朝ドラ「べっぴんさん」のオリジナルキャラクターでしょう。

なお、その他の登場人物のモデルは「べっぴんさん-登場人物・キャスト・モデルまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク