まんぷく-香田忠彦(要潤)の実在のモデル

日清食品の創業者・安藤百福をモデルとするNHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する香田忠彦(要潤)の実在のモデルについて。

まんぷく-香田忠彦(要潤)のあらすじ

香田忠彦(要潤)は、今井三姉妹の次女・香田克子(松下奈緒)の夫で、立花萬平(長谷川博己)今井福子(安藤サクラ)夫婦と家族ぐるみの付き合いをしている。

香田忠彦(要潤)は、画家だが、画家としてのポリシーから、商売用の絵は画かない。鳥好きがこうじて、自宅に鶏小屋を作り、たくさんの鳥を飼いながら、妻・香田克子(松下奈緒)と4人の子供と穏やかに暮らしていたが、太平洋戦争で徴兵されて戦地へと向かうことになる。

香田忠彦(要潤)の実在のモデル

私が知る限りでは、朝ドラ「まんぷく」に登場する香田忠彦(要潤)のモデルに相当する人物は存在しないので、朝ドラのオリジナルキャラだと考えられます。

なお、朝ドラ「まんぷく」の登場人物の実在のモデル一覧は「まんぷく-キヤストと実在のモデル一覧」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク