まんぷく-香田タカ(岸井ゆき)のモデルは東冨巨代

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場するの香田タカ(岸井ゆき)の実在のモデルを紹介します。

まんぷくの香田タカ(岸井ゆき)

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する香田タカ(岸井ゆき)は、今井三姉妹の三女・香田克子(松下奈緒)の長女で、父親は貧乏画家・香田忠彦(要潤)である。

ある日、香田家に泥棒が入り、香田克子(松下奈緒)は今井福子(安藤サクラ)らと共に泥棒を捕まえた。

泥棒は神部茂(瀬戸康史)と言い、帝国大学を卒業した秀才だが、戦争で母も家も失い、路頭に迷って泥棒に入ったのだという。

神部茂(瀬戸康史)は行くところが無いと言い、香田家に置いて欲しいと頼み込み、家庭教師として香田家で働くことになった。

その後、神部茂(瀬戸康史)は、立花萬平(長谷川博己)が始めた製塩事業の社員となり、香田タカ(岸井ゆき)も製塩事業を手伝い、大学を卒業すると、神部茂(瀬戸康史)と結婚した。

香田タカ(岸井ゆき)のモデル

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する香田タカ(岸井ゆきの)の実在のモデルは、東冨巨代(有元冨巨代/ふくよ)です。

東冨巨代(有元冨巨代)の母親・安藤澪子が安藤三姉妹の次女で、安藤澪子と画家・有元一雄が結婚して、2人の間に生まれた長女が東冨巨代(有元冨巨代)である。

東冨巨代(有元冨巨代)は、安藤仁子の姪にあたり、安藤仁子に可愛がられた。

父・有元一雄が売れない日本画家で貧乏だったため、東冨巨代(有元冨巨代)は戦時中、口減らしのために安藤仁子の疎開先に置き去りにされたりした。

東冨巨代(有元冨巨代)は高校卒業後、お手伝いとして、安藤家で花嫁修業をした。保母になりたかったのだが、祖母・安藤須磨(すま)に「職を持ったら縁談が遠のく」と反対された。

戦後、安藤仁子の夫・安藤百福がチキンラーメンを開発すると、東冨巨代(有元冨巨代)もチキンラーメンの試作品作りを手伝った。

結婚後は安藤家から遠のいていたが、安藤仁子の晩年に再びお手伝いとして安藤家で働き、安藤仁子の最期を看取った。

なお、朝ドラ「まんぷく」の登場人物と実在のモデルについては「朝ドラ「まんぷく」のキヤストと実在のモデル一覧」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク