わろてんか-北村藤吉のモデルは吉本泰三(吉本吉兵衛)

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する北村藤吉(きたむらとうきち)の実在もモデルを紹介します。

北村藤吉の実在のモデル

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する北村藤吉の実在もモデルは、吉本興業の創業者・吉本泰三(吉本吉次郎/吉本吉兵衛)です。

吉本泰三(吉本吉兵衛)は、明治19年(1886年)4月5日に、大阪で5代続く老舗の荒物問屋「箸吉」の次男として生まれた。次男だが、長男が夭折していたので、跡取り息子として育った。

吉本泰三(吉本吉兵衛)は跡取りとして荒物問屋「箸吉」を手伝っており、融資の相談で、金融業を営んでいた林家を訪れたとき、林家の3女・吉本せい(林せい)を始めて見かけた。

これが縁で、明治40年(1907年)12月に林せい(吉本せい)と結婚。林せい(吉本せい)が妊娠したことから、明治43年(1910年)4月8日と正式に結婚(入籍)し、翌年の明治44年(1911年)に家督を相続した。

荒物問屋「箸吉」は名のある老舗だったが、林せい(吉本せい)と結婚した頃には、日露戦争後の不況の影響を受け、不良債権を抱えて荒物問屋「箸吉」は傾き始めていた。

しかし、老舗のボンボンとして育った吉本泰三(吉本吉兵衛)は、妻の林せい(吉本せい)に仕事や借金取りの対応を任せて裏口から逃げ出し、旦那芸として覚えた剣舞に熱中していた。

姉妹には、吉本泰三(吉本吉兵衛)は「女賊島津お政本人出演のざんげ芝居」という一座の太夫元(興行主)となり、地方巡業に出て、自らも幕の合間に舞台に立って趣味の剣舞を披露するという有様で、地方巡業に出る度に借金を膨らませた。

そして、吉本泰三(吉本吉兵衛)が旅巡業に出ている間に、荒物問屋「箸吉」は大阪市電の計画地に引っかかり、立ち退きを命じられて廃業した。

吉本泰三(吉本吉兵衛)が旅巡業から戻ると、荒物問屋「箸吉」が倒産しており、無職となってしまうが、それでも芸人遊びを続けていた。

そのようななか、吉本泰三(吉本吉兵衛)は、妻の林せい(吉本せい)に何の相談も無く、経営不振に陥った天満宮(天満天神)裏にある三流の寄席「第二文芸館」の権利を購入する約束を取り付けてきた。

そして、吉本泰三(吉本吉兵衛)は、お金の用意は妻・林せい(吉本せい)に任せて、三流の寄席「第二文芸館」の権利を取得すると、「安くて面白ければ何でもいい」という方針の芸能事務所「反対派(岡田興行部)」と契約し、明治45年(1912年)4月1日に「文芸館」という名前で寄席の営業を開始した。

さらに、翌年の大正2年(1913年)1月に「吉本興行部(後の吉本興業)」を設立し、大正3年(1914年)には複数の寄席を買収し、三流の寄席ながら、チェーン展開を始めた。

吉本興行部(吉本興業)の経営からヤクザの対応まで妻・林せい(吉本せい)に任せており、吉本泰三(吉本吉兵衛)の具体的な活躍は不明だが、落語が衰退していく隙を突き、吉本興行部(吉本興業)と「反対派」の連合は勢力を拡大していった。

吉本泰三(吉本吉兵衛)は大正7年(1918年)に落語の「桂派」の拠点「金沢亭(蓬莱館)」を買収することに成功し、明治時代に大阪演芸界の頂点に立っていた「桂派」を追い落とした。

さらに、大正9年(1920年)12月に「反対派(岡田興行部)」の興行主・岡田政太郎が急死すると、吉本泰三(吉本吉兵衛)は「吉本花月連」を発足し、「岡田反対派」を飲み込んだ。

翌年の大正10年(1921年)には、「三友派」の大看板だった初代・桂春団治(皮田藤吉)の借金を肩代わりすることで、吉本興行部(吉本興業)は初代・桂春団治(皮田藤吉)と専属契約を結び、大正11年(1922年)8月に落語の「三友派」を降伏させた。

こうして、吉本泰三(吉本吉兵衛)は、明治45年(1912年)4月1日に三流の寄席「文芸館」の営業を開始してから、わずか10年で「桂派」「三友派」「反対派」を下し、大阪演芸界の頂点に立った。

そして、最盛期の大正11年(1922年)には、大阪18館・神戸2館・京都5館・東京1館・神奈川1館・名古屋1館の計28館の寄席を手に入れ、吉本王国を築き、東京の寄席「神田花月」を足がかりに東京征服を目論んでいた。

さらに、大正12年(1923年)10月26日に待望の跡取りとなる次男・吉本穎右(吉本泰典)が生まれ、吉本泰三(吉本吉兵衛)は、ようやく我が世の春が来たと喜んでいたが、大正13年(1924年)2月13日に脳溢血で死去してしまう。享年39だった。

妻・林せい(吉本せい)は高熱を出して入院したとき、医師から子供は産めなくなると言われたため、吉本泰三(吉本吉兵衛)に愛人(妾)を持つように勧めており、吉本泰三(吉本吉兵衛)は愛人(妾)の家で死去したと伝わる。

吉本家の家督は生まれたばかりの次男・吉本泰典(吉本穎右)が相続したが、次男・吉本泰典(吉本穎右)は病弱で、笠置シヅ子との恋愛騒動を起こした末に、昭和22年(1947年)5月19日に24歳という若さで死去してしまい、吉本家の男系は途絶えた。

吉本興行部(吉本興業)の経営は、妻・吉本せい(林せい)の実弟・林正之助が任されており、以降、吉本興行部(吉本興業)は林家によって運営された。

なお、朝ドラ「わろてんか」のモデルについては「わろてんか-登場人物の実在モデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク