わろてんか-万丈目吉蔵(藤井隆)の実在のモデル

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する万丈目吉蔵(まんじょうめ・きちぞう)の実在のモデルを紹介します。

万丈目吉蔵(藤井隆)のあらすじとネタバレ

万丈目吉蔵(藤井隆)は、大阪の天満の長屋に住む貧乏な芸人で、北村藤吉(松坂桃李)とは古くからの知り合いである。

万丈目吉蔵(藤井隆)は非常に面倒見の良い男で、北村藤吉(松坂桃李)と藤岡てん(葵わかな)が米屋「北村屋」を倒産させて長屋に引っ越してくると、色々と面倒を見て世話をやいた。

そして、北村藤吉(松坂桃李)が寄席「風鳥亭」の経営を始めると、キース(大野拓朗)ら長屋芸人とともに寄席「風鳥亭」に出演するようになる。

しかし、北村藤吉(松坂桃李)は寄席の経営が軌道に乗ると、高い契約金を払って一流の落語家「月の井団吾(波岡一喜)」と専属契約を結ぼうとした。

すると、万丈目吉蔵(藤井隆)やキース(大野拓朗)らは、「ワシらに払う給料は無くても、月の井団吾(波岡一喜)に払う金はあるのか」と激怒し、待遇改善を求めてストライキを起こした。

しかし、北村藤吉(松坂桃李)から「月の井団吾(波岡一喜)のように芸に励め」と説教されると、心を入れ替え、新しい芸の研究に励み、「後ろ面」を取得して、ストライキを解除して、再び寄席「風鳥亭」に戻って来たのだった。

それでも、万丈目吉蔵(藤井隆)は何をやっても全く受けない、つまらない芸人で、仕事が無く、妻・万丈目歌子(枝元萌)が営む一膳飯屋「万々亭」の収入で生活しており、毎日のように夫婦喧嘩していた。

ところが、万丈目吉蔵(藤井隆)は舞台でやる芸よりも、妻・万丈目歌子(枝元萌)との夫婦喧嘩の方が面白いと言われ、やがて、夫婦漫才のパイオニアになるかも…。

万丈目吉蔵(藤井隆)の実在のモデル

万丈目吉蔵(藤井隆)の実在のモデルは、数人に絞り込みは出来ているのですが、決定的なエピソードが無いため、特定は出来ていません。

ただ、夫婦漫才のパイオニアになるという設定から推測すれば、「まあ、みなさん聞いてください」「責任者出てこい」で有名な「ほやき漫才」の「人生幸朗・生恵幸子」がモデルになっている可能性が大きいです。

なお、「人生幸朗・生恵幸子」については「ぼやき漫才-人生幸朗・生恵幸子の立志伝」をご覧ください。

また、朝ドラ「わろてんか」の登場人物のモデル一覧については、「わろてんか-登場人物の実在モデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク