わろてんか-万丈目歌子(枝元萌)の実在のモデル

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する万丈目歌子(まんじょうめ・うたこ)の実在のモデルを紹介します。

万丈目歌子(枝元萌)のあらすじとネタバレ

万丈目歌子(枝元萌)は、芸人・万丈目吉蔵(藤井隆)の妻で、一膳飯屋「万々亭」の女将である。

そして、貧乏長屋に藤岡てん(葵わかな)藤岡てん(葵わかな)が引っ越してくると、色々と面倒を見て世話をやいた。

さて、芸人をしている夫・万丈目吉蔵(藤井隆)は、なにをやっても全く受けないので、全く仕事が無く、万丈目歌子(枝元萌)は一膳飯屋「万々亭」が切り盛りして生計を立てていた。

夫・万丈目吉蔵(藤井隆)が役立たずなので、万丈目歌子(枝元萌)はいつも夫・万丈目吉蔵(藤井隆)を言って夫婦喧嘩をするのだが、本当は夫・万丈目吉蔵(藤井隆)のことを愛していた。

ところが、夫婦喧嘩の方が夫・万丈目吉蔵(藤井隆)の芸よりも面白いと評判になり、万丈目歌子(枝元萌)は夫・万丈目吉蔵(藤井隆)を助けて漫才の世界に入り、やがては夫婦漫才のパイオニアに…?

万丈目歌子(枝元萌)の実在のモデル

万丈目歌子(枝元萌)の実在のモデルは、数人まで絞り込んでいますが、あらすじが判明しないと、特定は難しいです。

昭和11年の時点で、吉本興業には73組の漫才コンビが在籍しているのですが、なかなかピッタリと条件に当てはまる漫才コンビが居ないのです。

モデルが居たとしても、かなり設定を崩しているようなので、特定は詳しいあらすじが出て来てからになると思います。特定は今しばらくお待ちください。

なお、朝ドラ「わろてんか」の登場人物のモデル一覧については、「わろてんか-登場人物の実在モデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク