朝ドラ「なつぞら」の三村茜(渡辺麻友)のモデル

NHKの朝ドラ「なつぞら」に登場する三村茜(みむら・あかね)の実在のモデルを紹介します。

「なつぞら」の三村茜(渡辺麻友)

朝ドラ「なつぞら」に登場する三村茜(渡辺麻友)は、絵を描くのは大好きで、眼鏡をかけている。漫画映画(アニメーション)についてはよく知らず東洋動画に見習いとして就職した。

東洋動画に就職して、奥原なつ(広瀬すず)と出会い、漫画映画の面白さにひかれていき、奥原なつ(広瀬すず)と一緒に社内試験を受け、奥原なつ(広瀬すず)よりも先に合格してアニメーターとなった。

三村茜(渡辺麻友)のモデル

三村茜(渡辺麻友)のモデルは、東映動画のアニメーター大田朱美の可能性が大きいです。

当時の東映動画の女性アニメーターで、原画を担当できる実力があったのは、奥山玲子・中村和子・大田朱美の3人だけでした。

奥原なつ(広瀬すず)のモデルが奥山玲子で、大沢麻子(貫地谷しほり)のモデルが中村和子です。

このため、消去法で、三村茜(渡辺麻友)のモデルは大田朱美という可能性が大きいです。

さて、この大田朱美ですが、大田朱美は東映動画時代に後輩の宮崎駿と結婚した。

当時は結婚すると、女性は会社を辞めなければならないという風習があったが、奥山玲子は結婚しても会社に残っていたため、大田朱美も会社に残り、アニメーターを続けた。

しかし、夫・宮崎駿が東映動画を辞めてAプロダクションへ移籍すると、Aプロダクションは夜型の職場だったため、夫・宮崎駿に頼まれて不本意ながら東映動画を辞めて子育てに専念した。

このため、三村茜(渡辺麻友)は、宮崎駿に相当する神地航也(染谷将太)と結婚して共働きの後、引退するという感じになると思います。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク