朝ドラ「なつぞら」大沢麻子(マコさん)のモデル

NHKの朝ドラ「なつぞら」に登場する大沢麻子(おおさわ・あさこ)のモデルを紹介します。

「なつぞら」の大沢麻子(貫地谷しほり)

大沢麻子(貫地谷しほり)は美術大学を卒業して東洋動画に入社したアニメーターで、画作監督の仲努(井浦新)のサポート役を務め、現場をまとめていく。

大沢麻子(貫地谷しほり)は同僚から「マコさん」と呼ばれる。冷淡な性格で、奥原なつ(広瀬すず)にとっては厳しい先輩となる。

大沢麻子(貫地谷しほり)のモデル

中村和子大沢麻子(貫地谷しほり)のモデルは、東映動画の美人アニメーター中村和子(なかむら・かずこ)です。

手塚治虫は中村和子の「和」を音読みにして「ワコさん」と呼んだ。「なつぞら」の大沢麻子(貫地谷しほり)も「麻」を音読みにして「マコさん」と呼んでいるので、モデルは中村和子で確定です。。

奥原なつ(広瀬すず)のモデルとなった奥山玲子が昭和32年(1957年)に東映動画に入社。中村和子も昭和32年ごろに東映動画に入社している。

中村和子は、女子美術大学の出身で、実力があり、日本初の長編カラーアニメーション「白蛇伝」で、原画・大工原章のセカンド(第2原画)を務めた。

しかし、中村和子は東映動画の動労紛争の前に東映動画を辞めて、手塚治虫の「虫プロダクション」の創立に参加し、以降は手塚治虫の右腕としてTVアニメ「鉄腕アトム」「リボンの騎士」などを手がけた。

なお、中村和子にいて詳しく知りたい方は「中村和子の立志伝」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク