日清食品の社名の由来と日清製粉の関係

チキンラーメンやカップヌードルで有名な日清食品の社名の由来に関する通説や別説を紹介します。

日清食品の社名の由来(通説)

日清食品の創業者となる在日台湾人の安藤百福(呉百福)は、戦後、中国籍を得て戦勝国民となり、四千数百万円(平成の価値で数百億円)を得て「日本一の大金持ち」となった。

そこで、安藤百福は慈善事業として、街にあふれている若者を集め、製塩事業や漁業を開始したり、専門学校「中華交通技術専門学院」を設立したりした。

そして、安藤百福は、昭和23年(1954年)9月に大阪府泉大津市汐見町で海産物加工やなどを手がける「中交総社」を設立した。

そして、「中交総社」は、翌年の昭和24年9月に大阪市北区曾根崎へ移転し、「サンシー殖産」へと商号を変更した。

しかし、「サンシー殖産」は、安藤百福が脱税で逮捕され、財産を差し押さえられた関係で、休眠会社となった。

その後、安藤百福は華僑向けの信用組合「大阪華銀」の理事長になるが、信用組合「大阪華銀」は昭和31年(1956年)に取り付け騒ぎを起こして倒産し、安藤百福は理事長としての責任を問われ、全財産を差し押さえられてしまう。

しかし、安藤百福は全財産を失っても事業意欲が衰えておらず、借家の庭に小屋を建てて即席麺の開発に取り組み、昭和33年(1958年)8月25日に「チキンラーメン」の発売を開始した。

会社は、休眠会社となっていた「サンシー殖産」を復活させていたが、チキンラーメンの発売から4ヶ月後の昭和33年(1958年)12月20日に社名を「日清食品」へと変更した。

「日清食品」の社名には、「日々清らかに豊かな味をつくる」という思いが込められているという。

これが日清食品の社名の由来の通説なのだが、日清食品の社名の由来には別説があるので、別説も紹介する。

日清食品の社名の由来(別説)

日本の即席麺のルーツは台湾の麺料理「鶏糸麺(ケーシーメン)」で、日清食品の安藤百福がチキンラーメンを発売する数ヶ月前に、大和通商の陳栄泰という在日台湾人が東京で、即席麺「鶏糸麺(ケーシーメン)」を販売していた。

そして、信用組合「大阪華銀」で顧問をしていた在日台湾人の許災亭が、大和通商の役員をしていた。

信用組合「大阪華銀」を倒産させて無一文になっていた安藤百福は、昭和33年の夏に許災亭と再会し、許災亭の紹介で陳栄泰の即席麺「鶏糸麺」を知り、「鶏糸麺」に興味を示した。

そこで、許炎亭と安藤百福が、関西で大和通商の即席麺「鶏糸麺」を販売することになり、関西代理店「三倉物産」を設立した。許炎亭が社長を務め、安藤百福が株主だった。この「三倉物産」が日清食品の前身だという。

安藤百福は陳栄泰から即席麺「鶏糸麺」の製法を学んで改良を加え、許炎亭が「チキンラーメン」と命名して関西で発売を開始したが、即席麺の便利性が理解されず、「チキンラーメン」は売れなかった。

ちょうど、そのころ、民間人の正田美智子と皇太子・明仁親王(平成の今上天皇)の婚約が決まり、「ミッチーブーム」が起きた。

そして、正田美智子の実家は日清製粉の創業家で、正田美智子の父親は日清製粉の社長・正田英三郎だった。

そこで、許炎亭が、登場したばかりの即席麺は安全性に不安があるので、正田美智子の実家の日清製粉にあやかった名前を付ければ、消費者も安心して買うだろうと助言すると、安藤百福は納得して「日清食品」と名付けた。

「サッポロ一番」ブランドで有名なインスタントラーメン大手「サンヨー食品」という社名も、当時の一流企業「三洋電機」にあやかって名付けられており、大企業から名前を付けることは、よくあることだった。

さらに、安藤百福は「ミッチーラーメン」という商標を取得したが、「ミッチーラーメン」を使用しない代わりに、日清製粉から18金製の宝船の置物をもらい、日清製粉とも本格的に取引を開始した。

こうして社名を「日清食品」へと変更した安藤百福は、「日清食品」という社名をフル活用して、昭和34年のミッチーブームに便乗してチキンラーメンの売り上げを伸ばして現在の地位を築いた。

なお、日清製粉が昭和37年(1962年)に食品事業に進出したさい、「日清食品」が既に使われていたので「日清フーズ」とした。

すると、日清食品の安藤百福は昭和45年(1970年)にアメリカへ進出したとき、アメリカで現地法人「ニッシンフーズ」を設立した。「ニッシンフーズ」は日清製粉への配慮なのか、通称で「米国日清」と呼ばれることが多い。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク