まんぷく-小田島製作所と小田島健三のモデル

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する小田島製作所や小田島健三のモデルを紹介します。

まんぷくの小田島製作所と小田島健三

小田島製作所は、小田島健三と息子・小田島正が技術者で、息子の嫁・小田島久美子が経理を務めるという小さな町工場である。

小田島製作所は普通の刃物工場だったが、家電会社に勤めていた息子・小田島正が戻ってきて、刃物作りの技術を生かして新しい物を作ろうと言い、万能調理器の開発に取りかかった。

万能調理器は、立花萬平(長谷川博己)が開発した根菜切断機に、ミキサーやジューサーの機能を付け加えた画期的な調理器だった。

そこで問題となるのが開発費で、小田島製作所と知り合いだった鹿野敏子(松井玲奈)立花福子(安藤サクラ)を通じて、池田信用組合の理事長をしている立花萬平(長谷川博己)に支援を要請した。

すると、小田島製作所を視察した立花萬平(長谷川博己)は、万能調理器の説明を受けて、これは必ず成功すると確信し、小田島製作所への融資を決定した。

これが切っ掛けで、立花萬平(長谷川博己)は根菜切断機を作っていた時代の自分を思い出し、仕事が終わると小田島製作所へ行って万能調理器の開発を手伝うようになった。

やがて、小田島製作所は万能調理器を完成させ、設備を整えて、後は生産を開始するだけとなった。

しかし、景気の悪化から、池田信用組合の母店・梅田銀行が池田信用組合への方針を一転し、融資を撤回しうえ、融資の全額請求を突き付けたため、池田信用組合は小田島製作所への融資が出来なくなってしまう。

このままでは、小田島製作所だけではなく、池田の多くの中小企業が倒産してしまうため、立花萬平(長谷川博己)は、池田信用組合の理事長を辞任して、母店の梅田銀行に新しい理事長を送るように要請した。

梅田銀行が立花萬平(長谷川博己)の提案を受け入れて新しい理事長を送ったので、池田信用組合は倒産せずに済み、小田島製作所への融資は継続され、小田島製作所は万能調理器の生産することが出来たのだった。

一方、立花萬平(長谷川博己)は、担保に入れていた個人資産を差し押さえられて全財産を失ってしまい、家を出て小さな借家へと移るのだった。

小田島製作所と小田島健三のモデル

小田島製作所と小田島健三のモデルについては、分かりません。おそらく架空のエピソードだと思います。

実話では、立花萬平(長谷川博己)のモデル・安藤百福(呉百福)が理事長をしていたのは、華僑(中国人)向け信用組合「大阪華銀」なので、融資先は主に華僑(中国人)だと考えられます。

この大阪華銀は、貸出がルーズで、担保も取らずに融資をしており、貸出超過に陥りました。また、赤線地帯の土地へ投資していたのですが、赤線廃止によって、赤線地帯への投資が失敗して経営が傾きました。

もはや、どうにもならないというとき、理事長・呉百福(安藤百福)の元に経営不振を挽回するような投資話が持ち込まれ、呉百福(安藤百福)はその話に乗りました。

その投資話というのが、大豆相場で、呉百福(安藤百福)は役員会の認証を得ずに大阪華銀のお金を大豆相場へ投資して、失敗してしまいます。

結局、母店の三和銀行が大阪華銀の手形割引を停止すると、その噂が広まって預金者が大阪華銀へ雪崩れ込んで取り付け騒ぎを起こし、大阪華銀は倒産しました。

なお、朝ドラ「まんぷく」の実在のモデル一覧は「朝ドラ「まんぷく」のキヤストと実在のモデル一覧」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク