おんな城主・直虎のキャストと登場人物

井伊直虎(柴咲コウ)を主人公とするNHKの大河ドラマ「おんな城主・直虎」のキャストと登場人物のまとめです。

井伊家のキャスト

おとわ/次郎法師/井伊直虎(柴咲コウ)

井伊直虎(柴咲コウ)は、井伊家の当主・井伊直盛の1人娘として生まれる。当主・井伊直盛が居なかったため、井伊一族の亀之丞と婚約したが、許嫁・亀之丞が今川家の家老・小野一族に命を狙われたため、信濃へと逃れ、消息不明となる。

井伊直虎(柴咲コウ)には、別の縁談が持ち上がったが、縁談を拒絶して出家を望む。菩提寺の和尚は一計を案じ、井伊直虎(柴咲コウ)に「次郎法師」と名付け、僧として出家させた。

虎松/井伊直政(菅田将暉)

井伊直政(菅田将暉)は、井伊家当主・井伊直親の嫡男で、父・井伊直親が亡き後は後見人・井伊直虎(柴咲コウ)によって育てられる。

その後、徳川家康(阿部サダヲ)に仕え、戦国最強の精鋭部隊「井伊の赤備え」を率いて数々の活躍を果たし、徳川四天王の1人として数えられるようになる。

小野玄蕃(おの・げんば/井上芳雄)

小野玄蕃(井上芳雄)は、井伊家の家老・小野政直の次男で、父・小野政直が唯一本音を漏らすことの出来る人物。小野玄蕃(井上芳雄)は井伊直盛に従って桶狭間の戦いに出陣し…

佐名(さな/花總まり)

佐名(花總まり)は、井伊家の当主・井伊直平の娘で、築山殿(菜々緒)の母である。

佐名(花總まり)は、井伊家が今川家に従属したとき、人質として今川家の駿府へ送られ、今川家臣・関口氏に嫁ぎ、築山殿(菜々緒)を出産する。

高瀬(たかせ/髙橋ひかる)

高瀬(髙橋ひかる)は、信濃から井伊谷へやってきた謎の美少女で、亀之丞の隠し子を名乗り、井伊家に大混乱を招く。

昊天(こうてん/小松和重)

昊天(小松和重)は、井伊家の菩提寺「龍潭寺」の僧侶で、南渓和尚の右腕的存在である。龍潭寺の運営を取り仕切り、出家した次郎法師(柴咲コウ)の教育係りも務める。

傑山(けつざん/市原隼人)

傑山(市原隼人)は、井伊家の菩提寺「龍潭寺」の僧侶で、出家した次郎法師(柴咲コウ)のの兄弟子にあたる。

傑山(市原隼人)は武芸に秀でており、次郎法師(柴咲コウ)の護衛を務めるほか、おんな城主となった井伊直虎(柴咲コウ)をかげて支える。

松下常慶(まつした・じょうけい/和田正人)

松下常慶(和田正人)は、秋葉山の札売りをする山伏で、諸国を行脚しながら、情報を集めており、井伊家の菩提寺「龍潭寺」に出入りし、井伊家に貴重な情報をもたらす。

今川家のキャスト

今川義元(春風亭昇太)

今川義元(春風亭昇太)は今川家の当主で、井伊家の主にあたる。今川義元(春風亭昇太)は、海道一の弓取りと名高い武将で、駿河・遠江から三河・尾張にまで勢力を広げるが、桶狭間の戦いで織田信長の奇襲攻撃を受けて討死する。

今川氏真(尾上松也)

今川氏真(尾上松也)は、今川義元(春風亭昇太)の子で、今川氏真(尾上松也)の死後、家督を継承する。井伊家の家老・小野氏と組んで井伊家の領土を狙うが、武田信玄と織田信長の侵攻を受け、大名としての今川家は滅ぶ。

寿桂尼(じゅけいに/浅丘ルリ子)

寿桂尼(浅丘ルリ子)は、今川義元の母で、今川義元や今川家の軍師・太原雪斎とともに今川家の最盛期を築き、「女戦国大名」と呼ばれ女傑である。

徳川家のキャスト

竹千代/徳川家康(阿部サダヲ)

徳川家康(阿部サダヲ)は、今川家へ人質として出され、今川家の駿府で幼少期を過ごした。桶狭間の戦いで、今川家の先鋒を務めるが、今川義元(春風亭昇太)が討死したため、今川家の混乱に情事て独立を果たす。

やがて、武田信玄と手を結んで、今川家へと侵攻し、井伊家の虎松を召し抱えることになる。

瀬名(せな)/築山殿(つきやまどの/菜々緒)

築山殿(菜々緒)は、徳川家康(阿部サダヲ)の正室。築山殿(菜々緒)は、今川氏真(尾上松也)の妻になる事を夢見ていたが、徳川家康(阿部サダヲ)の正室となる事を命じられてしまう。

築山殿(菜々緒)は、井伊直虎(柴咲コウ)の良き友達となり、共に乱世を戦う事に。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク