まんぷく-小野塚真一(大谷亮平)のモデル

日清食品の創業者・安藤百福(呉百福)の妻・安藤仁子をモデルとするNHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する小野塚真一(大谷亮平)の実在のモデルについて。

まんぷく-小野塚真一(大谷亮平)のあらすじ

小野塚真一(大谷亮平)は今井三姉妹の長女・今井咲(内田有紀)の婚約者である。

今井咲(内田有紀)が自分の幸せよりも周りの幸せを大切にするため、妹の今井福子(安藤サクラ)が就職のを待ってから、結婚することになっていた。

小野塚真一(大谷亮平)は大手企業に勤めており、収入も安定していたので、心配性の母・今井鈴(松坂慶子)は小野塚真一(大谷亮平)のことを気に入っていた。

小野塚真一(大谷亮平)は口数も少なく落ち着いた性格だが、度量があり、今井咲(内田有紀)から頼られていたが、太平洋戦争の終盤に招集を受け戦地へと旅立っていくのだった。

小野塚真一(大谷亮平)の実在のモデル

現時点で判明しているエピソードを見る限りでは、朝ドラ「まんぷく」に登場する小野塚真一(大谷亮平)のモデルに相当する実在の人物はいません。朝ドラ「まんぷく」のオリジナルキャラクターだと考えられます。

なお、朝ドラ「まんぷく」の登場人物の実在のモデル一覧は「まんぷく-キヤストと実在のモデル一覧」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク