レナウン-尾上設蔵と尾上清の名前の読み方

朝ドラ「べっぴんさん」のモデルを紹介する「べっぴんさんのモデル・坂野惇子の立志伝」の解説編「佐々木営業部(レナウン)の支配人・尾上設蔵と、戦後のレナウン初代社長を務めた尾上清の名前の読み方について」です。

尾上設蔵と尾上清の読み方

尾上設蔵は「おのえ・せつぞう」と読み、長男の尾上清は「おのえ・きよし」と読みます。

尾上という姓は「おがみ」「おのうえ」「おうえ」「おのえ」と複数の読みか方があり、読むが難しい名字なのですが、尾上設蔵は「おのえ・せつぞう」と読みます。

当然、父親が「おのえ」なので、長男の尾上清も、「おのえ・きよし」と読みます。

レナウンの尾上家の発祥

尾上設蔵は、兵庫県で尾上興三郎の次男として生まれ、銀行家を目指して大阪へ出たのですが、紹介人の仲介により、佐々木八十八が創業した「佐々木営業部(レナウン)」に就職しているので、兵庫県出身となります。

兵庫県には、兵庫県加古川市尾上町という住所があり、尾上町の読み方「おのえちょう」で、尾上設蔵の名字と同じ読み方です。

まだ詳しい調査していないのですが、名字と町名の読み方の一致から考えると、レナウンの尾上家は、兵庫県加古川市尾上町を発祥とする一族という可能性が大きいです。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク