わろてんか-お夕(中村ゆり)の実在のモデル

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する「お夕(中村ゆり)」の実在のモデルを紹介します。

わろてんか-お夕(中村ゆり)のあらすじとネタバレ

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する「お夕(中村ゆり)」は、落語家の先代「月の井団吾」の娘である。

お夕(中村ゆり)は、父親の一番弟子だった団真(北村有起哉)と禁断の恋に落ち、駆け落ちして団真(北村有起哉)と結婚した。

ある日、お夕(中村ゆり)は、三流の寄席「風鳥亭」の前で倒れていたところを、藤岡てん(葵わかな)に助けられた。

お夕(中村ゆり)は三味線を弾けたので、藤岡てん(葵わかな)から寄席「風鳥亭」でお囃子を弾いて欲しいと頼まれ、寄席「風鳥亭」の仕事を手伝うことになった。

夫・団真(北村有起哉)は、弟弟子「月の井団吾(波岡一喜)」との跡目争いに敗れて自信を喪失していたが、お夕(中村ゆり)は夫の落語は一流だと言い、再起を願い続けるのであった。

お夕(中村ゆり)の実在のモデル

NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する「お夕(中村ゆり)」は、おそらく、「わろてんか」のオリジナルキャラクターです。

落語家・月の井団吾(波岡一喜)のモデルが初代・桂春団治(皮田藤吉)なのですが、落語家・団真(北村有起哉)とその妻・お夕(中村ゆり)にが異動しそうな人物は見つかりませんでした。

なお、朝ドラ「わろてんか」の登場人物のモデル一覧は「わろてんか-登場人物の実在モデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク