まんぷく-世良勝夫(桐谷健太)のモデルのネタバレ

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する世良勝夫(桐谷健太)の実在のモデルについて紹介します。

世良勝夫(桐谷健太)のあらすじとネタバレ

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する世良勝夫(桐谷健太)は、個人商社「世良商事」の経営者である。

世良勝夫(桐谷健太)は、元々は技術屋で幻灯機を作っていたが、立花萬平(長谷川博己)が作る幻灯機を見て技術屋を諦めて、販売の方に転身して成功した。

世良勝夫(桐谷健太)は立花萬平(長谷川博己)の才能を認めており、立花萬平(長谷川博己)が軍事物資横領の容疑で逮捕されると、無実を訴える今井福子(安藤サクラ)の求めに応じ、調査を引き受け、釈放に貢献した。

戦後、世良勝夫(桐谷健太)は闇市で商売しており、家を探している立花萬平(長谷川博己)に大阪府泉大津市の倉庫を紹介した。

立花萬平(長谷川博己)が倉庫の鉄板を使って製塩事業を開始すると、世良勝夫(桐谷健太)は専売局への売却を引き受けるのだが、その一部を闇市に流して儲けた。

立花萬平(長谷川博己)が反乱容疑でMPに逮捕されると、世良勝夫(桐谷健太)は立花萬平(長谷川博己)を擁護する証言をして釈放に貢献した。

立花萬平(長谷川博己)が開発した栄養食品「ダネイホン」については、「儲けにならない」と言って相手にしなかったが、大阪商工会議所の会頭・三田村亮蔵(橋爪功)に諭されて、世良商事で栄養食品「ダネイホン」を販売することを引き受けた。

そして、世良勝夫(桐谷健太)は栄養食品「ダネイホン」を一般向けに販売するため、立花萬平(長谷川博己)に味の改良や宣伝方法を助言し、栄養食品「ダネイホン」の東京進出の成功に貢献した。

世良勝夫(桐谷健太)のモデル

朝ドラ「まんぷく」に登場する世良勝夫(桐谷健太)のモデルは現在、調査中です。

立花萬平(長谷川博己)のモデルとなる安藤百福(呉百福)は、戦時中に軍事工場を共同経営していた。

このころ、ベテランの工員は兵隊に取られていたので、素人の工員に作業工程を教えるために、安藤百福(呉百福)はスライドが必要になると考え、幻灯機の製造を開始しました。

しかし、このころの詳しいエピソードは残っていないため、世良勝夫(桐谷健太)のモデルになりそうな人物が見当たりません。

現時点で判明しているエピソードを見る限りでは朝ドラ「まんぷく」のオリジナルキャラクターだと考えられますが、立花萬平(長谷川博己)がインスタントラーメンを開発してからのエピソード次第ではモデルは存在すると思います。詳しいモデルが特定できしだい、このページで紹介します。

なお、朝ドラ「まんぷく」の登場人物と実在のモデル一覧は「まんぷく-キャストと実在のモデル一覧」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク