まんぷく-世良商事のモデル

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する世良商事(せらしょうじ)の実在のモデルの紹介です。

まんぷくの世良商事

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する世良商事は、世良勝夫(桐谷健太)が経営する個人商社である。

世良勝夫(桐谷健太)は元々は幻灯機の技術者だったが、立花萬平(長谷川博己)が作る幻灯機を見て、絶対に勝てないと思い、技術者の道を諦め、売る方に転身し、世良商事を設立した。

世良勝夫(桐谷健太)は、調子の良い男で、立花萬平(長谷川博己)の才能を認めているが、儲からない時はアッサリと見放してしまうという役どころである。

世良商事のモデル

即席麺「チキンラーメン」を取り扱っていた商社は「三菱商事」「伊藤忠商事」「東京食品(東食)」の3社なので、世良商事のモデルは3社のどれかだと思うのですが、現在、判明している情報からは特定することが出来ません。新しい情報が出て、特定でき次第、お知らせします。

なお、朝ドラ「まんぷく」に登場する人物や企業の実在のモデルのネタバレは、「朝ドラ「まんぷく」のキヤストと実在のモデル一覧」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク