まんぷく-竹ノ原大作(宮田佳典)のモデル

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する竹ノ原大作(宮田佳典)の実在のモデルを紹介します。

まんぷくの竹ノ原大作(宮田佳典)

竹ノ原大作(宮田佳典)は立花萬平(長谷川博己)が経営する「たちばな工房」の社員で、幻灯機を作っていたが、社長の立花萬平(長谷川博己)が販売が下手なため、全く売れなかった。

そこで、立花萬平(長谷川博己)は、販売の上手な加地谷圭介(片岡愛之助)と「理創工作社」を共同経営することになると、竹ノ原大作(宮田佳典)も引き続き、「理創工作社」で働いた。立花萬平(長谷川博己)が憲兵に逮捕されても、無罪を信じた。

竹ノ原大作(宮田佳典)のモデル

現地点では、竹ノ原大作(宮田佳典)のモデルを特定することが出来ません。即席ラーメン事業に関わってくれば、ある程度、特定できると思うので、特定でき次第、お知らせします。

なお、朝ドラ「まんぷく」の登場人物や企業のモデルは「朝ドラ「まんぷく」のキヤストと実在のモデル一覧」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク