べっぴんさん-村田健太郎(古川雄輝)の実在のモデル

朝ドラ「べっぴんさん」に登場する村田健太郎(古川雄輝)の実在のモデルの紹介です。

「べっぴんさん」の村田健太郎(古川雄輝)

朝ドラ「べっぴんさん」に登場する村田健太郎(古川雄輝)は、子供服メーカー「キアリス」の創業メンバー・田村君枝(土村芳)と夫・村田昭一(平岡祐太)の間に生まれた長男である。

村田健太郎(古川雄輝)は、成績は優秀で、大人びた性格をしているが、密かに恋心を抱く幼馴染み坂東さくら(井頭愛海)に胸の内を打ち明けられず、悶々とした日々を過ごした。

しかし、坂東さくら(井頭愛海)は、ジャズ喫茶「ヨーソロー」のドラマー河合二郎(林遣都)に片思いをしていた。

ところが、ドラマー河合二郎(林遣都)は、ジャズ喫茶「ヨーソロー」のアルバイト店員・山本五月(久保田紗友)と同棲している事が判明し、坂東さくら(井頭愛海)は失恋してしまう。

そのようななか、突如として山本五月(久保田紗友)が失踪する。失踪の原因は山本五月(久保田紗友)が妊娠していたからだった。

山本五月(久保田紗友)は家出したものの、行く当てが無く、ファッションブランド「エイス」の岩佐栄輔(松下優也)を頼り、大急百貨店のエイスでアルバイトをしていた。

一方、ドラマー河合二郎(林遣都)は、失踪した山本五月(久保田紗友)を心配していたが、山本五月(久保田紗友)の妊娠を知らず、音楽の夢を叶えるため、東京へ行こうとしていた。

他方、山本五月(久保田紗友)の妊娠を知った坂東さくら(井頭愛海)は、2人の間を引き離すため、ドラマー河合二郎(林遣都)に東京行きを勧め、自分も一緒に東京へ行こうとした。

しかし、村田健太郎(古川雄輝)が告げ口したため、坂東さくら(井頭愛海)の東京行き計画は、母・板東すみれ(芳根京子)にバレてしまう。

母・坂東すみれ(芳根京子)は、大急百貨店で山本五月(久保田紗友)を見かけており、山本五月(久保田紗友)の妊娠も知っていた。

このため、山本五月(久保田紗友)の妊娠が、ドラマー河合二郎(林遣都)にも伝わった。

ドラマー河合二郎(林遣都)は苦悩した結果、東京へ行きを決断し、東京で成功して、山本五月(久保田紗友)と子供を迎えに来ることにした。

そのようななか、ドラマー河合二郎(林遣都)の父親が失踪。飲んだくれのダメな父親だったが、父親が失踪して以降、母親は泣いてばかりだった。

それを知ったドラマー河合二郎(林遣都)は、ダメな父親でも居なくなると家族は寂しがる事を知り、「音楽はどこでも出来る」と言い、東京行きを諦め、山本五月(久保田紗友)と結婚することにした。

すると、ジャズ喫茶「ヨーソロー」のママ・大村すず(江波杏子)は、もう引退すると言い、ジャズ喫茶「ヨーソロー」をドラマー河合二郎(林遣都)と山本五月(久保田紗友)に譲ったのだった。

さて、村田健太郎(古川雄輝)の告げ口により、再び失恋した坂東さくら(井頭愛海)は、子供服ブランド「キアリス」で夏休みのアルバイトをしていたとき、田村君枝(土村芳)に絵を褒められた。

元々、絵が好きだった坂東さくら(井頭愛海)は、田村君枝(土村芳)に褒められたことを切っ掛けに、美術大学を目指すことにした。

一方、村田健太郎(古川雄輝)は、東京大学へ行きたかったが、母・田村君枝(土村芳)も父・村田昭一(平岡祐太)も神戸から通える京都大学に進学することを望んでいた。

このため、村田健太郎(古川雄輝)は自分の希望を打ち明けることが出来なかったが、苦悩の末、東京大学へ進学したいと打ち明けると、母・田村君枝(土村芳)も父・村田昭一(平岡祐太)も喜んで応援してくれた。

それを知った坂東さくら(井頭愛海)が喜ぶと、村田健太郎(古川雄輝)は坂東さくら(井頭愛海)の笑顔を見て思わず「好きだ」と告白した。

坂東さくら(井頭愛海)も村田健太郎(古川雄輝)の事が好きだったが、村田健太郎(古川雄輝)をどういう意味で好きなのか、自分自身も理解できていなかった。

やがて、坂東さくら(井頭愛海)と村田健太郎(古川雄輝)は、東京の大学へ進学し、大学を卒業後は海外に留学した。

坂東さくら(井頭愛海)も村田健太郎(古川雄輝)も、帰国後は「キアリス」で働こうと考えていたが、板東すみれ(芳根京子)・坂東紀夫(永山絢斗)・田村君枝(土村芳)の3人は身内が入る事を嫌って反対した。

しかし、キアリスの人事が2人を高く評価しており、坂東さくら(井頭愛海)も村田健太郎(古川雄輝)は一般人に混じってキアリスの採用試験を受け、最高得点を取り、正々堂々と実力でキアリスに入社したのであった。

村田健太郎(古川雄輝)のモデル

村田健太郎(古川雄輝)の母・田村君枝(土村芳)の実在のモデルは、子供服ブランド「ファミリア」の創業メンバー・村井ミヨ子(中井ミヨ子)です。

しかし、村井ミヨ子(中井ミヨ子)は、病弱だったこともあり、子供は生まれてしません。

村田健太郎(古川雄輝)は坂東さくら(井頭愛海)と結婚するという点から考えると、村田健太郎(古川雄輝)のモデルは岡崎財閥の岡崎晴彦ということになります。

岡崎晴彦は、昭和16年(1941年)6月15日に、神戸銀行の頭取・岡崎忠の長男として生まれた。

岡崎晴彦は、甲南大学経済学部を卒業後、アメリカのアーモスト大学に留学し、昭和41年(1966年)にアーモスト大学を卒業した。

帰国後は三和銀行に入行し、三和銀行時代の昭和42年(1967年)3月4日に坂野惇子(佐々木惇子)の長女・坂野光子(岡崎光子)と結婚した。

おそらく、岡崎晴彦は銀行畑を進み、岡崎系の神戸銀行を継ぐ予定だったのだと思われる。

しかし、山陽特殊製鋼が、昭和40年(1965年)3月6日に会社更生法を申請して倒産するという事件が起きた。世に言う「山陽特殊製鋼倒産事件」である。

負債総額は477億円で、当時の戦後最大規模の倒産だったうえ、倒産後に粉飾決算が発覚したため、社会問題となり、メーンバンクの神戸銀行も責任を追及された。

その結果、神戸銀行の頭取・岡崎忠は会長に退き、大蔵省事務次官・石野信一を神戸銀行の頭取として迎え入れた。

このようななか、昭和45年(1970年)に作家・山崎豊子が小説「華麗なる一族」の連載を開始した。山陽特殊製鋼倒産事件と神戸銀行をモデルとした小説である。

山崎豊子の小説「華麗なる一族」には非人道的な人物が登場しており、モデルとされる岡崎家の名声は地に落ち、知り合いからも批判されるようになってしまった。

ところで、岡崎晴彦は三和銀行から、岡崎系の東京計器制作所へ移っていた。

そのようななか、東京計器制作所と提携しているアメリカのペリーランド社が、昭和46年(1971年)に東京計器制作所に対し、岡崎晴彦の出向を要請してきた。

しかし、父・岡崎忠は、岡崎晴彦が幼い子供を連れてアメリカへ渡る事に難色を示した。

すると、岡崎晴彦は「ペリーランド社の好意を断るのであれば、東京計器制作所を辞めてファミリアに移りたい」と言いだした。

岡崎晴彦は、インテリアデザインに興味を持っており、子供が出来てからは、ベビー用品に興味を持ち、密かに子供服ブランド「ファミリア」で働きたいと思っていたのだ。

しかし、ファミリアの社長・坂野通夫は、海軍上がりで非常に厳しいため、「身内は入れない」と公言しており、岡崎晴彦は冗談を言っていると思い、本気にしていなかった。

ところが、岡崎晴彦は、阪急百貨店の清水雅とレナウンの尾上清に根回しをしており、坂野通夫は清水雅と尾上清の2人から「有能な人材を身内だからという理由で入社させないのは背任行為だ」と叱られてしまった。

ファミリアが存在するのは、清水雅と尾上清のおかげであり、坂野通夫は恩師と慕う2人から注意されたので、「身内は入れない」という方針を曲げ、岡崎晴彦を入社させた。

こうして、岡崎晴彦は、昭和46年(1971年)7月にファミリアに入社し、ファミリアには課長として籍を置き、ファミリアの子会社「ベビークロー」の役員に就任したのである。

岡崎晴彦は、子会社「ベビークロー」で活躍し、昭和51年(1976年)にファミリアが東京の銀座に進出するとき、銀座ファミリアの取締役店長に抜擢された。

そして、岡崎晴彦は銀座ファミリアを成功させ、ファミリア設立35年にあたる昭和60年(1985年)にファミリアの社長に就任し、社長の坂野通夫は会長に退いた。

ところで、岡崎系の神戸銀行は、昭和48年(1973年)に太陽銀行と合併して「太陽神戸銀行」となった。その後、「さくら銀行」を経て「三井住友銀行」となっており、岡崎家から離れていった。

なお、朝ドラ「べっぴさん」では、坂東さくら(井頭愛海)も「キアリス」に入社しているが、坂東さくら(井頭愛海)のモデルとなった坂野光子(岡崎光子)はファミリアには就職していない。

ただ、坂野光子(岡崎光子)は、アメリカ留学中にスヌーピーを好きになっており、帰国後もスヌーピーの刺繍をしたテーブルクロスやクッションを自作し、ファミリアがスヌーピーの縫いぐるみを販売する切っ掛けを作った。

なお、その他の登場人物のモデルは「べっぴんさん-登場人物・キャスト・モデルまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク