べっぴんさん-田坂君枝(土村芳)のモデルは村井ミヨ子

土村芳が出演する朝ドラ「べっぴんさん」に登場する田坂君枝(たさか・きみえ)の実在のモデルの紹介です。

べっぴんさん-田坂君枝(たさか・きみえ)

田坂君枝(土村芳)は、坂東すみれ(芳根京子)の同級生で、生真面目で潔癖な性格だったが、学生時代は「軍国少女」として育った。

デザインやイラストの得意な田坂君枝(土村芳)は、同級生の坂東すみれ(芳根京子)・多田良子(百田夏菜子)と共に「手芸倶楽部」を結成し、その才能を発揮した。

田坂君枝(土村芳)は幼い頃から病弱で、長くは生きられないと思っており、結婚後も床に伏せっている事が多かった。

しかし、戦後、坂東すみれ(芳根京子)と再会し、病弱な自分を変えるため、一念発起して、坂東すみれ(芳根京子)が設立する会社の創業メンバーとなる。

田坂君枝(土村芳)のモデルは村井ミヨ子

実在のモデルとなる村井ミヨ子(中井ミヨ子)は、中井栄三郎の3女として、大正12年(1923年)3月4日に東京市麹町区3番地で生まれた。

村井ミヨ子(中井ミヨ子)は、早産だったうえ、へその緒が首に巻きついた状態で生まれた。仮死状態で生まれたので、医者もちゃんと成長するか心配する程だった。

村井ミヨ子(中井ミヨ子)は東京で生まれたが、生まれて直ぐ、父・中井栄三郎の仕事の関係で、ビルマ(ミャンマー)→インドへと渡り、幼少期をインドで過ごし、小学校へ入学するため、兵庫県へと帰国した。

村井ミヨ子(中井ミヨ子)は幼い頃から病弱で、学校の先生よりも、医者と仲良くなるような生活を続けていたが、病弱ながら、なんとか成長する。

戦後、坂野惇子(佐々木惇子)がベビーショップ・モトヤ(ファミリア)を創業することになり、村井ミヨ子(中井ミヨ子)も参加を呼びかけられる。

村井ミヨ子(中井ミヨ子)は、病弱な日々を何とかしたいと思っていたので、坂野惇子が創業するベビーショップ・モトヤに参加を決めた。

べっぴんさんと史実の違い

なお、朝ドラ「べっぴんさん」では、田坂君枝(土村芳)と坂東すみれ(芳根京子)は同級生となっているが、史実では村井ミヨ子(中井ミヨ子)は坂野惇子より5歳下で、ファミリア創業メンバーの中で最年少となる。

また、村井ミヨ子(中井ミヨ子)は村井完一と結婚したが、子供は居ない。

なお、朝ドラ「べっぴんさん」の登場人物の実在のモデル一覧は「べっぴんさん-登場人物・キャスト・モデルまとめ」をご覧ください。