まんぷく-立花萬平(長谷川博己)のモデルは安藤百福

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する立花萬平(長谷川博己)の実在のモデルとネタバレを紹介します。

立花萬平(長谷川博己)のあらすじとネタバレ

朝ドラ「まんぷく」の立花萬平(長谷川博己)は、両親を早くに亡くし、親戚に育てられた。子供の頃から、発想力と行動力に富み、若くして起業し、ホテルの電話交換手・今井福子(安藤サクラ)と結婚して幸せな家庭を築いた。

立花萬平(長谷川博己)は、青年実業家として製塩業・栄養食品・金融業など、様々な事業に手を出すが、脱税で逮捕されたり、数々の問題が発生し、成功と失敗を幾度となく繰り返した末、ついに破産んしてしまうのだった。

こうして、立花萬平(長谷川博己)は、無一文になってしまうが、47歳にて再び立ち上がり、インスタントラーメンの開発に取りかかるのだった。

立花萬平(長谷川博己)の実在のモデル

朝ドラ「まんぷく」に登場する立花萬平(長谷川博己)の実在のモデルは、日清食品の創業者・安藤百福(呉百福)です。安藤姓は、戦後に日本人に帰化してから名乗る名前で、本名は「呉百福」です。

安藤百福(呉百福)は、日本統治下の台湾に生まれ、幼くして両親を亡くし、祖父の元で育った。祖父が呉服屋を経営していたことから、安藤百福(呉百福)は「商売は面白い」と思うようになる。

その後、台湾で図書館の司書となるが、日本で発展の兆しを見せていたメリヤスに注目し、「東洋莫大小」を設立してメリヤスの輸入業を開始する。

メリヤスの輸入は大成功したことを受け、安藤百福(呉百福)は、正妻・呉黄梅と長男・安藤宏寿を台湾に残して、妾(正式な第2夫人)の呉金鶯を連れて大阪へと渡り、昭和8年に大阪の唐物町2丁目に問屋「日東商会」を設立した。

事業は順調に進み、蚕事業にも進出しようとしていたが、戦争の影響でメリヤス事業は低迷し、蚕事業も中止となった。

そこで、川西航空機の下請けで軍用エンジンの部品を製造する会社の共同経営を開始したほか、幻灯機(スライド映写機)の需要を見越して、幻灯機の製造を手がけた。

しかし、軍事物資横流のえん罪で逮捕され、1ヶ月半後に釈放されたが、激しく衰退しており、長期療養を余儀なくされた。

そして、安藤百福(呉百福)は、終戦間際の昭和20年に安藤仁子と結婚する。

戦後、日本国籍を所有していた安藤百福(呉百福)は、華僑(中国人)登録をすることにより、戦勝国民(連合国国民)として様々な特権を得た。

戦勝国民としての特権を得た在日台湾人は、ここぞとばかりに闇市で儲けており、新円の3分の1は在日台湾人が持っていたと言われるほど、繁栄した。

安藤百福(呉百福)は、空襲に遭った工場などの保険金として4000万円(現在の価値で数百億円)を得て「日本一のお金もち」となり、食べるためにタダ同然で売りに出されていた大阪の一等地を手に入れ、莫大な財産を築いた。

その後、安藤百福(呉百福)は、製塩業・中華交通技術専門学院・国民栄養化学研究所という事業を開始するのだが、既にお金には困っていなかったので、事業は利益度外視の慈善事業である。

中華交通技術専門学院は、学費もタダで寮と食事付きだったので、朝日新聞・社会部長の原清が「本当にそんなお金を持っているのか?」と言って、取材に来たが安藤百福が貯金通帳を見せると、原清は「これは失礼しました」と謝罪したというエピソードも残っている。

ただし、その一方で、安藤百福(呉百福)は、戦勝国民の特権「治外法権」を利用して数々の物を密輸して、莫大な利益を利益を上げていたとも言われ、大阪華僑の優として活躍していた。

しかし、GHQが日本の歳入不足から在日台湾人に対する課税を許可したため、安藤百福(呉百福)は当局に逮捕されて有罪判決を受け、東京の巣鴨プリズン(巣鴨拘置所)に収容された。

安藤百福(呉百福)はこれに納得がいかずに裁判を起こすと、当局は即時釈放を条件に訴えの取り下げを求めてきた。

妻の安藤仁子は面会に来る度に訴えを取り下げて欲しいと頼んだが、安藤百福(呉百福)は取引に応じず、裁判を続けていた。

しかし、2年ほどが経過したとき、面会時間を終えて帰っていく妻の安藤仁子や子供の背中を見て、訴えを取り下げ、釈放された。

安藤百福(呉百福)は服役中に事業を整理しており、ゼロからのスタートになるが、人から頼まれて華僑向けの信用組合「大阪華銀」の理事長に就任した。

赤線に目を付けて土地に投資していたが、売春禁止法ができたため、土地が大きく値下がりして損失が発生していた。

しかも、大阪華銀は貸し出しがルーズで、預金額よりも借金や貸出額が上回るという散漫経営で手形決済が遅れるようになったので、終いには三和銀行が手形決済を停止したため、大阪華銀は倒産してしまう。

このため、安藤百福は大阪華銀の理事長としての責任を問われ、全財産を失ってしまうのだった。

そして、なんとか大阪府池田市の借家を確保した安藤百福は、庭に小屋を建ててインスタントラーメンの開発に取りる。

インスタントラーメンの開発は困難を極めたが、妻・安藤仁子が台所で天ぷらを揚げている所を見て、麺を油で揚げて水分を飛ばす「瞬間油熱乾燥法」という方法を発見し、チキンラーメンの開発に成功したのだった。

しかし、うどん玉が6円、乾麺が25円、中華そばが40円という時代に、チキンラーメンは1袋35円と高額だったので、問屋は相手にしてくれず、安藤百福は「お金は売れたらで結構です」と言い、チキンラーメンを置いてくるという有様だった。

ところが、ある日突然、チキンラーメンは「2分で出来る魔法のラーメン」として人気に火が付き、爆発的に売れるようになり、問屋がお金を持って工場に取りに来て、工場に長蛇の列が出来るようになったのである。

しかし、安藤百福(呉百福)は品薄なのにもかかわらず宣伝を続けたため、市場に粗悪な類似品や模倣品が氾濫するようになってしまう。

安藤百福(呉百福)は莫大な広告宣伝費を投じて「チキンラーメン」の商標を取得したが、偽チキンラーメン業者が「チキンラーメンは、チキンライスと同じで普通名詞に過ぎない」と言い、安藤百福(呉百福)の商標に異議を申し立てた。

その後、安藤百福(呉百福)の「チキンラーメン」の商標が確定して、他の業者は「チキンラーメン」という名称を使用できなくなり、いろいろな名前のインスタントラーメンが誕生することになる。

ところで、チキンラーメンの商標争いに平行して、インスタントラーメン業界では、泥沼の特許論争が勃発していた。

安藤百福(呉百福)がインスタントラーメンを開発したとされているが、「チキンラーメン」よりも前に、大和通商の陳栄秦が「ヤマトの鶏糸麺」を発売しており、東明商行の張国文も「長寿麺」を発売していた。

このため、日清食品の安藤百福(呉百福)、大和通商の陳栄秦、東明商行の張国文が、それぞれにインスタントラーメンの元祖を主張して、インスタントラーメン業界を巻き込んで泥沼の特許争いを起こしたのである。

しかし、この間もインスタントラーメンの消費量は伸び続けており、国民食への発展を見せていたので食糧庁が業界の1本かを見据えて日清食品と大和通商に和解を勧告した。

その結果、張国文が「長寿麺」の特許を安藤百福(呉百福)に譲渡し、安藤百福(呉百福)と陳栄秦はそれぞれの特許を独立した特許として認め合うことで和解が成立した。

後発組のエースコック(エース食品)は独自の特許を主張して最後まで抵抗していたが、最後は日清食品に特許を譲渡して、無償で日清食品の特許を使用するという形で和解し、日清食品の安藤百福がインスタントラーメン業界を制した。

そして、安藤百福(呉百福)は、「日清食品が特許を独占して野中の一本杉として栄えるより、大きな森となって発展した方がいい」と言って特許の独占を止め、特許を開放して、業界の一本化に向けて尽力した。

そのようななか、チキンラーメンによる食中毒事件が発生するが、食中毒の原因はチキンラーメンの偽装品だった。

さらに、その直後、日清食品の「日清やきそば」で中毒事件が発生する。

これが切っ掛けで、安藤百福(呉百福)は日清食品の全製品に製造年月日を入れることを決め、昭和40年1月から製造年月日の刻印を開始。さらに、監督官庁の農林省にも働きかけ、昭和40年12月に「即席めん類の日本農林規格(JAS)」の試行に至った。

昭和41年に欧米視察に出たとき、ロサンゼルスのスーパーで何人かのバイヤーにチキンラーメンの試食を頼んだ。

欧米には丼で食べるという食文化が無いので、バイヤーは困って、チキンラーメンを2つに折ってコップに入れ、お湯を注いでフォークを使って食べはじめ、食べ終わるとコップを捨てた。

ちょうど、インスタントラーメンの消費量は頭打ちになっており、新商品の開発が必要な時期だったので、これをヒントに安藤百福(呉百福)は、「カップヌードル」の開発に取りかかり、昭和46年9月に「カップヌードル」を発売する。

しかし、「カップヌードル」は問屋の理解を得られなかったため、スーパーには並べられられず、営業部の苦労の末、遊園地・百貨店・警察・消防などの食品ルート以外の販路で販売されていた。

そのようななか、翌年の昭和47年2月に浅間山山荘事件が発生し、機動隊員がカップヌードルを食べている姿が報じられたことを切っ掛けに、「カップヌードル」は爆発的に売れるのであった。

すると、「カップヌードル」の類似品が出回ったので、日清食品の安藤百福(呉百福)は次々と類似品を訴えた末に和解し、日清食品の独占技術として、その後27社に使用実施を承諾した。

日清食品の安藤百福(呉百福)は、東洋水産とも激しい法廷戦争を繰り広げており、日清食品の特許争いは「インスタントラーメン界の日清戦争」とも呼ばれた。

「カップヌードル」の成功で日の出の勢いに乗った日清食品の安藤百福は、30億円を投じて生産ラインを作り、昭和50年に「カップライス」を発売するが、即席ラーメンと比べると高額だったので、全く売れず、社員の反対を押し切って早々に撤退した。

昭和56年、長男・安藤宏寿に社長を譲って会長に就任するが、昭和58年に長男・安藤宏寿が辞職し、安藤百福(呉百福)が社長を兼任して、昭和60年に次男・安藤宏基を社長に就任させた。

そうした一方で、非行少年の問題を危惧し、昭和57年に私財を投じて財団法人「日清スポーツ振興財団」を設立した。

また、ラーメンの起源を探るため、「麺ロード調査団」を結成し、中国で麺料理を食べ歩き、麺料理の起源は中国で、中国から世界へ麺料理が広まっていく経路を突き止めた。

阪神大震災が発生すると、安藤百福は社員7人とキッチンカーを派遣し、被災者に暖かいインスタントラーメンを提供した。

また、安藤百福(呉百福)はチキンラーメンを開発した経緯から、ベンチャーに理解があり、私財1億円を投じて、賞金1000万円を贈る「安藤百福記念賞」を制定し、ベンチャーを支援した。

また、平成15年にはインスタントラーメンの宇宙食の研究に着手し、世界初の宇宙食ラーメン「スペース・ラム」の開発に成功。平成17年にスペースシャトル「ディスカバリー」に搭載され、日本の宇宙飛行士・野口聡一が「スペース・ラム」を食べた。

安藤百福(呉百福)は、功績が認められて数々の賞を受賞しており、平成18年にはアメリカのタイム誌から、「アジアの英雄」の1人に選ばれた。

安藤百福(呉百福)は毎年、年に100回以上はゴルフをするというゴルフ好きで、昼は毎日、日清食品のインスタントラーメンを食べ、90歳を超えても意欲的に稼働していたが、2007年(平成19年)1月5日に急性心筋梗塞で死去した。享年97だった。

なお、朝ドラ「わろてんか」のキャストやモデルの一覧は「朝ドラ「まんぷく」のキヤストと実在のモデル一覧」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク