まんぷく-戸塚洋子(ぎぃ子)のモデル

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する戸塚洋子(ぎぃ子)のモデルを紹介します。

まんぷく-戸塚洋子(ぎぃ子)のあらすじ

NHKの朝ドラ「まんぷく」に登場する戸塚洋子(ぎぃ子)は、「まんぷく食品」の社員で、「まんぷくヌードル」の開発チームに選ばれ、久坂隼人(竹村晋太朗)と共に麺の開発を担当する。

「まんぷくヌードル」の麺は厚みが6cmもあり、麺の開発に難航するが、立花萬平(長谷川博己)の助言により、麺の開発に成功する。

麺が完成した戸塚洋子(ぎぃ子)と久坂隼人(竹村晋太朗)は、スープ担当の西野紀之(馬場徹)に合流してスープを完成させた。

戸塚洋子(ぎぃ子)のモデル

日清食品のチキンラーメンは発売当初は四角くて、真ん中に割れ目が入っており、2つに割って丼の中に入れて食べていたようです。

その四角いチキンラーメンを現在のように丸形にした人物が日清食品に居ます。

その人が戸塚洋子(ぎぃ子)のモデルに近いような気がするのですが、モデルと認定するには決めに欠けるので、現時点では保留とします。

なお、朝ドラ「まんぷく」の各モデルは「まんぷく-キャストと実在のモデル」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク