朝ドラ「なつぞら」の露木重彦(木下ほうか)のモデル

NHKの朝ドラ「なつぞら」の露木重彦(つゆき・しげひこ)の実在のモデルは藪下泰司です。

「なつぞら」の露木重彦(木下ほうか)

朝ドラ「なつぞら」の露木重彦(木下ほうか)は、「東洋映画」のベテラン映画監督で、日本初の長編アニメ「白蛇娘」の監督を任された。

しかし、露木重彦(木下ほうか)は、実写映画しか経験が無く、初めてのアニメーションの制作に戸惑うばかりだった。

それでも、露木重彦(木下ほうか)は、下山克己(川島明)井戸原昇(小手伸也)とぶつかり合いながらも協力し合い、日本初の長編アニメ「白蛇娘」を完成させるのだった。

露木重彦(木下ほうか)のモデルは藪下泰司

露木重彦(木下ほうか)のモデルは、「東映動画」のアニメ監督・藪下泰司です。

露木重彦(木下ほうか)は、実写経験しかなく、アニメの経験は無いという設定だが、モデルの藪下泰司は教育アニメを手がけたベテランで、日本初の長編カラーアニメーション「白蛇伝」で監督・演出・脚本を務めた。

「白蛇伝」を制作したとき、アニメーターの大半は新人で、原画を担当したのは下山克己(川島明)のモデル大塚康生、井戸原昇(小手伸也)のモデル大工原章の2人だった。

そして、奥原なつ(広瀬すず)のモデル奥山玲子は、「白蛇伝」で「動画」を担当している。

この「白蛇伝」が国内外で高く評価され、藪下泰司は日本長編アニメの基礎を築き、後に有名となる宮崎駿らに大きな影響を与えた。

さて、奥原なつ(広瀬すず)のモデル奥山玲子との関係だが、藪下泰司が奥山玲子と一緒に手がけた作品は「白蛇伝」「少年猿飛佐助」「安寿と厨子王丸」「アラビアンナイト・シンドバッドの冒険」「わんわん忠臣蔵」しかない。

しかも、藪下泰司は問題作「太陽の王子・ホルスの大冒険」の前に「東映動画」を退社しているので、「太陽の王子・ホルスの大冒険」や「東映動画」の労働紛争には関係していない。

このため、史実通りに話が進めば、朝ドラ「なつぞら」の露木重彦(木下ほうか)は、東洋動画の労働紛争の前に会社を退職するという展開になるだろう。

なお、藪下泰司の生涯について知りたい方は「藪下泰司の立志伝」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク