わろてんか-第1週のあらすじとネタバレ

葵わかなが主演するNHKの朝ドラ「わろてんか」の第1週「わろたらアカン」のあらすじとネタバレや実話を紹介します。

わろてんか-第1週のあらすじとネタバレ

明治35年(1902年)、京都の薬問屋「藤岡屋」に、9歳の藤岡てん(子役:新井美羽)という娘がいた。藤岡てん(新井美羽)は些細な事でもよく笑う明るい女の子だった。

しかし、父・藤岡儀兵衛(遠藤憲一)は、ドイツの薬会社の社長一家を招いたホームパーティーを計画していたことから、粗相があってはいけないと言い、藤岡てん(新井美羽)の笑い上戸を注意する。

ところが、藤岡てん(新井美羽)の笑い上戸が原因で、大事なホームパーティーを滅茶滅茶にしてしまう。

これに激怒した父・藤岡儀兵衛(遠藤憲一)は、藤岡てん(新井美羽)に笑うことを禁じたのであった。

ある日、藤岡てん(新井美羽)は、従兄・武井風太(子役:鈴木福)と一緒にお祭りに出店していた演芸の小屋を観に行った。

そこで、藤岡てん(新井美羽)は、キース(子役:前田旺志郎)北村藤吉(松坂桃李)の2人と出会う。

2人は旅芸人一座の芸人で、北村藤吉(松坂桃李)は、日本中を大笑いさせる日本一の芸人だと言い、藤岡てん(新井美羽)を感心させた。

このようななか、薬問屋「藤岡屋」では、台所の酒が減るという事件が起きていた。藤岡屋の人間は誰も酒を飲まないため、従兄・武井風太(鈴木福)が犯人ではないかと疑われた。

すると、祖母・藤岡ハツ(竹下景子)が「藤岡家には代々、化け猫が住み着いており、夜中に現れる」と言い、犯人は化け猫だと言った。

犯人と疑われた従兄・武井風太(鈴木福)は、化け猫を捕まえようと思い、藤岡てん(新井美羽)と一緒に台所を見張っていると、現れたのは父・藤岡儀兵衛(遠藤憲一)だった。

すると、母・藤岡しず(鈴木保奈美)が、父・藤岡儀兵衛(遠藤憲一)はドイツの製薬会社との商談を取り纏めたいが、上手くいかないため、酒を飲むようになったのだと教えてくれた。

それを聞いた藤岡てん(新井美羽)は、自分がホームパーティーを無茶苦茶にしてしまったせいだと自責し、ドイツ人が止まっているホテルに行き、取引してくれるように頼むが、言葉が通じなかった。

その後、自宅に戻った藤岡てん(新井美羽)は、父・藤岡儀兵衛(遠藤憲一)に泣きながら謝罪すると、父・藤岡儀兵衛(遠藤憲一)は台所の酒を捨て「これで化け猫は退治した」と言い、藤岡てん(新井美羽)の笑い上戸も解禁したのだった。

祭りの最終日、藤岡てん(新井美羽)は再び境内に出ている演芸の小屋を観に行くと、北村藤吉(松坂桃李)が出番を間違えて大失敗した。

藤岡てん(新井美羽)は、落ち込んでいる北村藤吉(松坂桃李)にチョコレートをあげて慰めると、北村藤吉(松坂桃李)は今日が初舞台だったことを明かし、日本一のお笑い芸人になるのはもう少し先のことだと言った。

そこで、北村藤吉(松坂桃李)は即興でコントをやり、藤岡てん(新井美羽)が笑ってくれた。

すると、北村藤吉(松坂桃李)は、藤岡てん(新井美羽)に「君は僕の芸を笑ってくれた最初のお客さんだ。その笑顔で、ずっと、わろてんか」と頼んだ。

そして、北村藤吉(松坂桃李)は「これからも旅芸人を続ける」と言い、旅先から手紙を書くことを約束し、チョコレートのお礼として藤岡てん(新井美羽)に鈴をプレゼントして、旅立っていったのだった。

わろてんか-第1週の感想と実話

NHKの朝ドラ「わろてんか」は、笑い上戸の藤岡てん(新井美羽)が「笑い」で失敗して大事なパーティーをダメにしてしまうというエピソードから始まって、化け猫騒動もあり、笑いあり、涙ありで、なかなかボリュームのある内容で面白かったです。

また、藤岡てん(新井美羽)の兄・藤岡新一(千葉雄大)が「笑いの色」は茶色だと教えてくれます。「茶らける」「茶化す」「お茶目」など笑いに関する言葉には「茶」が入っているので、笑いの色は茶色なのだそうです。

舞台となっている京都がお茶の名産地であり、「わろてんか」でキーアイテムとなる「チョコレート」も茶色なので、なかなか上手いこと、かけてあると感心しました。

さて、「茶」と言えば、寄席で客を席に案内したり、茶を運んだりする女性を「お茶子」と言います。

そして、吉本興業を代表する芸人・花菱アチャコは、もの凄い女好きで、いつも、寄席で働く「お茶子」のお尻ばかりを追いかけていたため、芸人仲間から「お茶子」と呼ばれていました。

花菱アチャコは、この「お茶子」が訛って「アチャコ」という芸名になったという説があります。

しかし、花菱アチャコ本人が「お茶子説」を否定しているので、この「お茶子説」はほとんど紹介されることはありません。

さて、「わろてんか」の実話の紹介ですが、第1週は全て「わろてんか」のオリジナルストーリーです。

藤岡てん(新井美羽)のモデルとなる吉本せい(林せい)は、明治22年(1889年)12月5日生まれで、藤岡てん(新井美羽)よりも7歳上。第1週目の時点で14歳です。

それに、吉本せい(林せい)の実家は、天神橋5丁目で米穀店・金融業を営んでいたので、ドイツから商品を輸入するような実話もありません。

今回の「わろてんか」はモデルの原型が残らないほど、設定を変えてあるので、紹介できる実話は少ないかも知れません。

わろてんか-第2週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク