わろてんか-第7週のあらすじとネタバレ

NHKの朝ドラ「わろてんか」の第7週「風鳥亭、羽ばたく」のあらすじとネタバレと実話の紹介です。

わろてんか-第7週のあらすじとネタバレ

亀井庄助(内場勝則)から三流の寄せ「鶴亀亭」を譲ってもらった北村藤吉(松坂桃李)は、「北村亭」と名付けようとした。

しかし、母・北村啄子(鈴木京香)から、薬問屋「藤岡屋」の借金を返済するまでは北村の名前を使うことを禁じられてしまう。

そこで、北村藤吉(松坂桃李)は藤岡てん(葵わかな)の鈴に付いていた鳥から、「風鳥亭」という名前を付けることにした。

さて、寄席の開店準備の方は、キース(大野拓朗)ら長屋の芸人に手伝ってくれたので、北村藤吉(松坂桃李)は番組編成に集中することができた。

落語家は「風鳥亭」のような端席(三流)の寄席に出演する事を嫌っていたが、北村藤吉(松坂桃李)は「寄席のトリ(最後の人)は、やはり落語だ」と言い、一流の落語家ではないが、落語家・和泉家玄白をトリ(最後の人)に出演してもらえることになった。

こうして、北村藤吉(松坂桃李)は藤岡てん(葵わかな)は、寄席「風鳥亭」の営業を開始するが、キース(大野拓朗)ら長屋の芸人たちは全く客を笑わせることができず、トリを取る落語家・和泉家玄白の落語も全く受けなかった。

そして、「風鳥亭」の営業開始から4日目に問題が発生した。なんと、落語家・和泉家玄白が、落語が全く受けないことに腹を立て、寄席に来なくなってしまったのである。

そこへ、「風鳥亭」という新しい寄席が出来たことを聞きつけた伊能栞(高橋一生)が、やってきた。

伊能栞(高橋一生)は、「風鳥亭」の席主が藤岡てん(葵わかな)と北村藤吉(松坂桃李)だと知らなかったので、藤岡てん(葵わかな)が寄席の経営を開始していたことに驚いた。

さて、北村藤吉(松坂桃李)は和泉家玄白の代わりにトリを務める落語家を探し始めたが、落語家は「風鳥亭」のような端席(三流の寄せ)に出演することを嫌っていたので、なかなか代わりの落語家は見つからなかった。

このころ、演芸会は伝統を重んじる「伝統派」と、面白ければなでも良いという「オチャラケ派」が対立していた。

落語家に断られた北村藤吉(松坂桃李)は、「オチャラケ派」の太夫元(興行主)・寺ギン(兵藤大輝)に頭を下げて芸人の派遣を頼むが、寺ギン(兵動大樹)は「落語家に断られたから来ただけだろ」と言い、相手にしなかった。

そのようななか、北村藤吉(松坂桃李)は、伊能栞(高橋一生)に誘われて一膳飯家「万々亭」で酒を酌み交わしながら寄席の経営について話し合った。

伊能栞(高橋一生)は薬の輸入業を人の任せて、外国の映画(活動写真)の買い付け事業を興しており、同じ興行主として、北村藤吉(松坂桃李)の経営方針を激しく批判した。

北村藤吉(松坂桃李)は怒って伊能栞(高橋一生)と殴り合いの喧嘩を始めるが、言いたいことを言い合ったので、2人の間に友情が芽生え、伊能栞(高橋一生)が落語家の喜楽亭文鳥(笹野高史)を紹介してくれた。

喜楽亭文鳥(笹野高史)は、伝統を重んじる「伝統派」の大看板で、北村藤吉(松坂桃李)が子供の頃から憧れている落語家だった。

北村藤吉(松坂桃李)は喜楽亭文鳥(笹野高史)に頼んで、「伝統派」の落語家に出演してもらおうとしたが、喜楽亭文鳥(笹野高史)からも「寄席の色が無い」と言われ、協力を断られてしまう。

しかし、藤岡てん(葵わかな)は、落語家を派遣してもらうのではなく、喜楽亭文鳥(笹野高史)に出演してもらうと言い、カレーうどんを餌に、再び喜楽亭文鳥(笹野高史)と会った。

北村藤吉(松坂桃李)は、喜楽亭文鳥(笹野高史)のような一流の落語家が出ている寄席は敷居が高いので、庶民は観たくても観られないのだと言い、一度でいいから、喜楽亭文鳥(笹野高史)の落語をみんなに見せたいと懇願する。

すると、喜楽亭文鳥(笹野高史)は落語普及のためならということで、1度だけ、三流の寄席「風鳥亭」に出演してくれ、落語「時うどん」を熱演した。

すると、伊能栞(高橋一生)はこのチャンスを最大限に活かすべきだと言い、マスコミに知らせて、三流の寄席「風鳥亭」に大看板の喜楽亭文鳥(笹野高史)が出演することを書いてもらった。

このとき、かつてのライバル杉田楓(岡本玲)は、記者となっており、杉田楓(岡本玲)が寄席「風鳥亭」のことを絶賛する記事を書いてくれたので、名も無き三流の寄席「風鳥亭」の知名度が一気に上がった。

すると、「伝統派」と対立している「オチャラケ派」の太夫元・寺ギン(兵動大樹)が、落語家が庶民の味方になっては敵わないと言い、北村藤吉(松坂桃李)と業務提携し、寄席「風鳥亭」に芸人の派遣することを決めたのだった。

わろてんか-第7週の実話のネタバレ

NHKの朝ドラ「わろてんか」の第7週で、北村藤吉(松坂桃李)は寄席「風鳥亭」の営業を開始し、「オチャラケ派」の太夫元・寺ギン(兵藤大輝)と業務提携する事になります。

史実でも、吉本興業の創業者・吉本泰三(吉本吉兵衛)は、三流の寄席「文芸館」の経営を開始して、「浪速落語反対派」の興行主の岡田政太郎から芸人を派遣してもらう事になります。

「わろてんか」の北村藤吉(松坂桃李)と寺ギン(兵動大樹)は対立しているところからスタートします。

しかし、史実では、吉本泰三と岡田政太郎は、吉本泰三が寄席の経営を始める前からの知り合いだったようです。早ければ、吉本泰三が荒物問屋「箸吉」の若旦那だったことから、岡田政太郎と知り合いだったという説もあります。

また通説では、落語の「桂派」や「三友派」から出演してもらえないため、吉本泰三は「浪速落語反対派」の岡田政太郎と業務提携して、「浪速落語反対派」の芸人を派遣してもらったということになっています。

しかし、実際は吉本泰三が寄席の経営を開始するのも、岡田政太郎の助言があったようで、吉本泰三は岡田政太郎と業務提携をすることを前提に、寄席「文芸館」の経営を開始したようです。

吉本泰三と岡田政太郎の結びつきは強く、寄席の経営を開始した吉本泰三は「吉本興行部(後の吉本興業)」を設立するのですが、その一方で、吉本泰三は岡田政太郎と共同で「芦辺商会(芦辺合名社)」を設立してます。

そして、吉本泰三は、「吉本興行部」を使用せず、「芦辺商会」を名乗り、「吉本興行部」の設立から4年後の大正6年ごろから、ようやく「吉本興行部」を正式に名乗るようになります。

なお、第8週のあらすじとネタバレや実話の紹介は「わろてんか-あらすじとネタバレ」からご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク