べっぴんさん-山本五月(久保田紗友)のモデルとネタバレ

朝ドラ「べっぴんさん」に登場するアルバイト店員・山本五月(久保田紗友)のモデルとネタバレです。

山本五月(久保田紗友)のネタバレ

山本五月(久保田紗友)は、家出をして高校に行かず、ジャズ喫茶「ヨーソロー」でアルバイト店員をしていた。坂東さくら(井頭愛海)よりも1歳上だが、大人びた雰囲気を持っていた。

山本五月(久保田紗友)は、音楽の夢を見てジャズ喫茶「ヨーソロー」で演奏してるドラマー河合二郎(林遣都)と交際しており、同棲していた。

しかし、山本五月(久保田紗友)は突然、書き置きを置いて失踪してした。

山本五月(久保田紗友)は、河合二郎(林遣都)の子供を妊娠したのだが、音楽の夢を追いかける河合二郎(林遣都)の邪魔になるのではないかと思い悩み、河合二郎(林遣都)の前から消える事を選んだのである。

しかし、家出をした山本五月(久保田紗友)は、友達も身よりも居ないので、行く当てが無く、エイス(AIS)の岩佐栄輔(松下優也)を頼った。

すると、エイスの岩佐栄輔(松下優也)は、山本五月(久保田紗友)をアルバイトとして雇い、店の事務所に寝泊まりする事を許可した。

こうして、山本五月(久保田紗友)は、エイスの事務所のソファーに寝泊まりしながら、大急百貨店のエイスでアルバイトを始めた。

ある日、キアリスの坂東すみれ(芳根京子)が、大急百貨店を訪れたとき、エイスで働いている山本五月(久保田紗友)を目撃した。

失踪中だと知った板東すみれ(芳根京子)は、山本五月(久保田紗友)に帰るように促すが、山本五月(久保田紗友)は頑なに拒否。さらに、お腹を押さえて苦しみだし、妊娠も発覚した。

心配した板東すみれ(芳根京子)は、山本五月(久保田紗友)を連れて帰り、面倒を見ることにした。

家出中の娘・坂東さくら(井頭愛海)は、実家に山本五月(久保田紗友)が住み着いているうえ、妊娠していたので、動揺する。

このころ、ドラマー河合二郎(林遣都)は、姿を消した山本五月(久保田紗友)を心配して探していたが、東京から来たレコード会社のスカウトの目に止り、東京行きの話しが持ち上がっていた。

そこで、ドラマー河合二郎(林遣都)に片思いをしている坂東さくら(井頭愛海)は、山本五月(久保田紗友)と破局させるため、ドラマー河合二郎(林遣都)に東京行きを勧め、自分もドラマー河合二郎(林遣都)と一緒に東京へ行こうと考えていた。

しかし、坂東さくら(井頭愛海)に片思いをしている優等生・村田健太郎(古川雄輝)が、板東すみれ(芳根京子)に告げ口をしたため、坂東さくら(井頭愛海)の計画は母・板東すみれ(芳根京子)に潰されてしまう。

この坂東家のお家騒動から、ドラマー河合二郎(林遣都)は山本五月(久保田紗友)の妊娠と居場所を知る。

ドラマー河合二郎(林遣都)は、直ぐに山本五月(久保田紗友)に会いに行こうとしたが、既に東京行きの話しが進んでおり、東京から来ているスカウトに止められてしまう。

しかし、坂東紀夫(永山絢斗)が間に入って「私が責任を持って連絡させる」と言い、スカウトを引き下がらせ、ドラマー河合二郎(林遣都)を行かせた。

さて、山本五月(久保田紗友)と再会したドラマー河合二郎(林遣都)は、音楽の夢を叶えるために東京へ行くか、神戸に残るかで苦悩する。

性格の悪い坂東さくら(井頭愛海)は、2人を破局させるため、ドラマー河合二郎(林遣都)に東京行きを勧めた。

ドラマー河合二郎(林遣都)は苦悩した末、東京へ行って音楽で成功してから、山本五月(久保田紗友)と娘を迎えに来ることにして、東京行きを決断した。

そのようななか、ドラマー河合二郎(林遣都)の弟がやってきて、実家の事を報告した。酒に溺れたクズな父親が失踪して居なくなったのだが、クズな父親が居なくなって以降、母親が泣き続けているのだという。

それを聞いたドラマー河合二郎(林遣都)は、どんなにクズ人間でも、居なくなれば家族は寂しがることを知り、東京へ行く夢を諦め、神戸で山本五月(久保田紗友)と暮らす事にした。

すると、ジャズ喫茶「ヨーソロー」のママ大村すず(江波杏子)は、山本五月(久保田紗友)と河合二郎(林遣都)の2人に店の権利を譲って引退したのであった。

山本五月(久保田紗友)の実在のモデル

山本五月(久保田紗友)に相当する人物は実在ません。おそらく、朝ドラ「べっぴんさん」のオリジナルキャラクターです。

なお、その他の登場人物のモデルは「べっぴんさん-登場人物・キャスト・モデルまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク