吉本せいの息子・吉本穎右(吉本泰典)の立志伝

吉本興業の創業者・吉本せい(林せい)の次男・吉本穎右(吉本泰典)の立志伝の立志伝です。

吉本穎右(吉本泰典)の立志伝

吉本穎右(よしもと・えいすけ/吉本泰典)は、大正12年(1923年)10月26日に大阪府で、吉本興業の創業者・吉本泰三(吉本吉兵衛)の次男として生まれた。母は吉本せい(林せい)である。

吉本穎右(吉本泰典)は次男として生まれたが、既に長男・吉本泰之助が夭折していることから、跡取り息子として生まれた。

初めは「吉本泰典」であったが、後に「吉本穎右(よしもと・えいすけ)」と改名した。

さて、父・吉本泰三(吉本吉兵衛)と母・吉本せい(林せい)は、家業の荒物問屋「箸吉」が廃業したことを切っ掛けに、明治45年(1912年)4月1日に寄席の経営を開始すると、瞬く間に力を拡大して大正11年(1922年)に大阪の演芸界を制覇し、吉本王国を築いた。

しかし、吉本穎右(吉本泰典)が生まれた直後の大正13年(1924年)2月13日に父・吉本泰三(吉本吉兵衛)が39歳という若さで死去してしまう。

長男・吉本泰之助は夭折しており、母・吉本せい(林せい)は生まれたばかりの吉本穎右(吉本泰典)に家督を相続させ戸主とした。

そして、母・吉本せい(林せい)は吉本穎右(吉本泰典)の親権を行使するかたちで吉本興行部(吉本興業)を運営し、実質的な経営は母・吉本せい(林せい)の弟・林正之助に任せた。

以降は、林正之助が吉本興行部(吉本興業)の実質的経営者になるが、林正之助は吉本穎右(吉本泰典)に吉本興行部を相続させることを確約しており、吉本穎右(吉本泰典)は吉本興業の後継者として育った。

吉本穎右(吉本泰典)は、北野中学から早稲田大学・仏文科へと進学。吉本興業を背負うべく、叔父・林正之助からも帝王学を学んでいった。

笠置シズ子との出会い

戦時中の昭和18年(1943年)6月28日、早稲田大学に在学中の吉本穎右(21歳/吉本泰典)は、大阪の実家・吉本家に帰る途中に、名古屋に立ち寄り、名古屋の御園座を訪れていた。

そして、名古屋の御園座の楽屋で、9歳上のジャズ歌手・笠置シヅ子(30歳/亀井静子)と出会い、お互いに一目惚れする。

笠置シヅ子(亀井静子)は「スイングの女王」として人気を博していた時期もあったが、戦争の影響で「敵性歌手」に指定されてしまい、戦地慰問興行には参加出来ず、国内の軍事工場などを慰問していた時期だった。

笠置シヅ子(亀井静子)は、名古屋の太陽館に出演するために名古屋を訪れており、御園座で知り合いの辰巳柳太郎が公演していたので、辰巳柳太郎の楽屋へ挨拶に来たのだ。

その時は、2人は何も言葉は交わさなかったが、吉本穎右(吉本泰典)は、その後、太陽館の笠置シヅ子(亀井静子)の楽屋を訪れて挨拶をした。

吉本穎右(吉本泰典)が明日、大阪の実家・吉本家に帰る事を教えると、笠置シヅ子(亀井静子)も明日、名古屋を発って神戸の相生座に出演する事になっていたので、笠置シヅ子(亀井静子)の方から「一緒に乗りましょうか」と誘った。

翌日、2人は同じ汽車に乗った。吉本穎右(吉本泰典)の目的地は大阪だったが、神戸まで行き、笠置シヅ子(亀井静子)を降ろしてから、大阪へと戻った。

束の間の同棲生活

出会った翌年の昭和19年(1944年)、吉本穎右(22歳/吉本泰典)は結核を患ったが、笠置シヅ子(31歳/亀井静子)と結ばれ、結婚を誓い合った。

昭和20年(1945年)5月の東京大空襲で、2人とも自宅を焼失したため、2人は吉本穎右(吉本泰典)の叔父で吉本興業の東京支社長・林弘高の紹介で、林家の隣家を借りて同棲を始めた。

戦況は悪化の一途をだ取っており、苦しい時期であったが、2人は幸せな時間を過ごした。

結核の悪化

昭和20年(1945年)8月15日に玉音放送が流れ、日本は敗戦を迎えた。

戦後、芸能界の復興は早く、笠置シヅ子(亀井静子)も、昭和20年(1945年)11月に東京・有楽町の日本劇場で戦後第1回公演「ハイライト」に出演して、戦後の活動を開始した。

吉本穎右(吉本泰典)も早稲田大学を中退して、昭和21年(1946年)から吉本興業東京支社で働く事になったので、笠置シヅ子(亀井静子)は昭和21年1月に林家の隣家を出て同棲を解消した。

昭和21年、笠置シヅ子(亀井静子)が信頼していたプロデューサー山内義富が吉本興業に入社していたので、吉本興業の東京支社で働き始めた吉本穎右(吉本泰典)は、山内義富を笠置シヅ子(亀井静子)のマネージャーに付けた。

その後も2人は仕事の合間を縫って交際を続けており、昭和21年(1946年)10月に笠置シヅ子(33歳/亀井静子)は妊娠に気付いた。

このようななか、吉本穎右(吉本泰典)は結核が悪化したため、笠置シヅ子(亀井静子)を東京に残して、昭和22年(1947年)1月に甲子園にある吉本邸へと戻って療養した。

結婚して芸能界から引退する笠置シヅ子(亀井静子)は、昭和22年(1947年)1月19日の主演舞台「ジャズカルメン」を最後に引退して、出産のため、東京・目黒の桜井病院に入院した。

吉本穎右の死

吉本興業を一代で築き上げた母・吉本せい(林せい)は、次男の吉本穎右(吉本泰典)を溺愛しており、笠置シヅ子(亀井静子)との結婚に反対していた。

母・吉本せい(林せい)が結婚を反対した理由については、「笠置シヅ子が9歳上」「吉本せい(林せい)は芸能界の裏も表も知っていたから」「吉本興業にとって芸能人は商品だから」など諸説があり、本当の理由は不明である。

しかし、笠置シヅ子(亀井静子)が妊娠してからは、2人の結婚は周囲から公認されるようになっており、猛反対していた母・吉本せい(林せい)も態度を軟化させていた。

ところが、吉本穎右(吉本泰典)は治療の甲斐も無く、悪化の一途をたどり、昭和22年(1947年)5月には憔悴し、危篤状態の一歩手前となった。

叔父・林正之助は、最後に一目でも笠置シヅ子(亀井静子)に会わせてやろうと考え、母・吉本せい(林せい)を説得し、船をチャーターして東京から妊婦の笠置シヅ子(亀井静子)を呼び寄せようとした。

しかし、吉本穎右(吉本泰典)は、身重の笠置シヅ子(亀井静子)を気づかって、叔父・林正之助の提案を断った。

このため、吉本穎右(吉本泰典)は、笠置シヅ子(34歳/亀井静子)と再開する来なく、昭和22年(1947年)5月19日に死去した。享年25だった。

同日、東京・目黒の桜井病院に入院していた笠置シヅ子(亀井静子)はマネージャー山内義富から吉本穎右(吉本泰典)の死を知らされた。

笠置シヅ子(亀井静子)は、悲しみと不安のドンぞきに突き落とされ、絶望のなかで吉本穎右(吉本泰典)の浴衣を握りしめながら、昭和22年(1947年)6月1日に長女・亀井エイ子を出産した。

その後、吉本興業の前田栄一が来て、「男の子なら『穎造』、女の子なら『エイ子』と名付けよ」という吉本穎右(吉本泰典)の伝言を伝え、吉本穎右(吉本泰典)が笠置シヅ子(亀井静子)の為に残した、3万円が入った通帳と印鑑を渡した。

(注釈:3万円は相当な額だったはずだが、急激なインフレで価値が下がっており、この頃の3万円は平成時代の価値で300万円程度にしかならない。)

母・吉本せい(林せい)は、葬儀のとき、吉本穎右(吉本泰典)の棺桶に笠置シヅ子(亀井静子)の写真を入れてやった。

吉本穎右(吉本泰典)の死後

吉本穎右(吉本泰典)の死後、母・吉本せい(林せい)は、孫に当たる亀井エイ子を引き取りたいと申し出た。

しかし、笠置シヅ子(亀井静子)は生まれて間もなく養子に出され、両親の顔を知らずに育っていたことから、娘・亀井エイ子にも同じ思いをさせたくないとして、吉本せい(林せい)の申し出を断った。

笠置シヅ子(亀井静子)は芸能界を引退していたが、娘・亀井エイ子を育てるため、作曲家・服部良一に「先生、たのんまっせ」と新曲を頼んだ。

こうして、作曲家・服部良一は「東京ブギウギ」を作曲し、笠置シヅ子(亀井静子)は出産から、わずか3ヶ月後の昭和22年(1947年)9月10日に「東京ブギウギ」のレコーディングを行って歌手に復帰した。

そして、笠置シヅ子(亀井静子)は娘・亀井エイ子を抱えて舞台に上がり、「ブギの女王」としてスターへの道を歩んでいくのだった。

こうして、吉本穎右(吉本泰典)の血筋は娘・亀井エイ子へと繋がるのだが、亀井エイ子は吉本の籍には入っていないので、吉本家の家系図としては吉本穎右(吉本泰典)の家系は断絶した。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク