坂野惇子(佐々木惇子)の年表

NHKの朝ドラ「べっぴんさん」の主人公となる坂野惇子(ばんの・あつこ)の生涯を年表です。

坂野惇子(ばんの・あつこ)の年表
年月日年齢出来事
大正7年(1918年)4月11日1歳坂野惇子(佐々木惇子)は、繊維卸売業「佐々木営業部(レナウン)」の創業者・佐々木八十八の3女(末娘)として、兵庫県神戸市で生まれる。
魚崎小学校を卒業
昭和6年(1931年)14歳坂野惇子(佐々木惇子)が甲南高等女学校(現在の甲南女子大学)に入学。田村枝津子(田村江つ子)とクラスメイトになる。
上京して東京女学館高等科の聴講生となる。
昭和14年22歳坂野通夫と婚約。
昭和15年(1940年)5月23歳坂野惇子(佐々木惇子)が坂野通夫と結婚する。
昭和16年(1941年)12月8日24歳日本が真珠湾攻撃を行う。
昭和17年(1942年)25歳坂野惇子(佐々木惇子)が長女・坂野光子(てるこ)を出産する。
25歳坂野惇子(佐々木惇子)は外国人専門のベビーナース大ヶ瀬久子から3ヶ月間にわたり、外国式の育児法を学ぶ。大ヶ瀬久子から学んだ育児法が、ベビーショップ・ファミリアの基礎となる。
昭和20年(1945年)、28歳神戸大空襲を受け、姉を頼って岡山県に疎開する。
昭和20年(1945年)8月15日28歳昭和天皇が玉音放送を行い、日本が終戦を迎える。
昭和21年(1946年)5月29歳出兵していた夫・坂野通夫が帰国し、坂野惇子と夫・坂野通夫は、兵庫県尼崎市の塚口へと移り住む。
昭和21年(1946年)秋29歳父・佐々木八十八が軽井沢の別荘を手放すことになり、坂野惇子(佐々木惇子)は別荘に貯めていた外国製の毛糸などを引き取る。
昭和22年(1947年)の春30歳坂野惇子(佐々木惇子)は、村井ミヨ子の頼みもあり週1回、自宅で手芸のお稽古教室を開催するようになる。
昭和23年(1948年)春31歳坂野惇子(佐々木惇子)は神戸三宮センター街にあるモトヤ靴店の店主・元田蓮から、手芸店の開店を勧められる。
昭和23年(1948年)12月31歳坂野惇子(佐々木惇子)・田村枝津子(田村江つ子)・田村光子・村井ミヨ子の4人が靴店「モトヤ靴店」の一角で、「ベビーショップ・モトヤ」をオープンする。
昭和24年(1949年)12月32歳靴店「モトヤ靴店」の西隣の万年筆店が移転したため、ベビーショップ・モトヤは万年筆店の後に入り、モトヤ靴店から独立する。
万年筆店の西隣のレナウン・サービス・ステーションが撤退することになり、坂野惇子(佐々木惇子)らは夫らの強い勧めにより、レナウン・サービス・ステーションへ移転を決める。
昭和25年(1950年)4月12日33歳坂野惇子(佐々木惇子)は移転に伴い、株式会社ファミリアを設立し、坂野惇子が社長に就任。レナウン・サービス・ステーションの跡地で「ベビーショップ・ファミリア」をオープンする。
昭和26年(1951年)4月34歳阪急百貨店に阪急ファミリアグループをオープンする。
昭和26年(1951年)34歳坂野惇子(佐々木惇子)が田村泰に小熊をモチーフとしたデザインを依頼し、「ファミちゃん」「リアちゃん」が誕生する。
昭和31年(1956年)5月夫・坂野通夫がファミリアの社長に就任。ファミリアが東京に進出して数寄屋橋阪急に直営店をオープンさせる。
昭和45年(1970年)4月ファミリアがスヌーピーの販売を開始する。
平成4年(1992年)夫・坂野通夫が死去
平成17年(2005年)9月24日88歳坂野惇子(佐々木惇子)は平成17年(2005年)9月24日午前4時10分、心不全のために死去する。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク