浪花千栄子の立志伝-渋谷天外の妻になった苦労

NHKの朝ドラ「おちょやん」のモデルとなる女優・浪花千栄子の生涯を描く立志伝の第14話「浪花千栄子の立志伝-渋谷天外の妻として苦労する」です。

浪花千栄子の立志伝の目次は「おちょやん-浪花千栄子の立志伝の目次」です。

不遇の時代

昭和6年(1931年)9月に「松竹家庭劇」は突然、解散した。原因は2代目・渋谷天外曾我廼家十吾の喧嘩別れだと言われる。

しかし、松竹の主導で、曾我廼家十吾と2代目・渋谷天外が握手し、昭和7年5月に「松竹家庭演劇」が再発足した。

その後、「松竹家庭演劇」は人気が出てきて軌道に乗り、東京へも進出して東京でも活躍するようになるが、浪花千栄子は女優として不遇の時代を迎えた。

2代目・渋谷天外は脚本も書いていたのだが、キャスティングを決めるまでの権力は無く、浪花千栄子は、2代目・渋谷天外の妻というだけで、ことごとく役が付かず、誰も嫌がる役ばかり押しつけられていた。

2代目・渋谷天外が浪花千栄子のために書いた脚本でも、浪花千栄子は役を貰えなかった。

しかも、出演者が事故で出られない時には必ず代役を頼まれるので、全ての舞台を観て、全ての台詞を覚えていたという。

スポンサードリンク

結婚生活も苦労の連続

結婚生活も大変だった。夫の2代目・渋谷天外は女中が作った物は食べないので、浪花千栄子は食事には気を遣って苦労した。

さらに、2代目・渋谷天外は給料を全部、女遊びに使ってしまううえ、面倒見が良いので、家には13人が居候していたので、お金には苦労した。

しかも、戦時中に「赤(アカ)」と呼ばれた共産党員を連れて帰ってくるので、浪花千栄子は恐ろしい思いをしながら、「赤」の世話をした。

そのうえ、「赤」が「25円もあれば、満州へ逃げられる」と言うと、2代目・渋谷天外が「おい、千栄子!25円こさえたれ」と言うので、浪花千栄子はお金を工面するため、質屋にも走った。

2代目・渋谷天外が初めて給料袋を持って帰ってきたのは、戦争の影響で芸者たちが女子挺身隊に取られてしまい、遊ぶところが無くなってからだった。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク