氷点下の日の夜に気をつけること:水道管について

温暖化で暖かくなってきたと言いますが、やはり冬は寒いものです。今年も防寒対策に手が抜けません。

ところで、私はいつも、氷点下になるような日は、水道管が凍らないように水道の水をチョロチョロと出しっ放しにしています。水は動いていると、凍りにくいからです。

水は凍ると体積が膨張し、水道管の破裂にも繋がるので、氷点下になりそうな日は、必ず水道の水を出しっ放しにする事をお薦めします。

私はだいたいの感覚で水道が凍りそうな日を予想しますが、分からない人は日本気象協会が発表している「水道凍結指数」を見ると良いでしょう。

さて、それで、私は水道が凍らないように台所の水を出しっ放しに為ているのですが、今年はなぜか、風呂場のシャワーのホース部分の水が凍ってしまいました。

では、戦国時代はどうだったかというと、戦国時代には水道はありません。井戸から水を組み上げていました。

地下熱暖房や地下水暖房があるくらいで、地下は一年を通して気温が一定で、夏は涼しく、冬は暖かいです。地下水は冬でも10度程度あるので、井戸水もそれなりに暖かかったと考えられます。

スポンサードリンク

ブログ内検索

スポンサードリンク